経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計7/30(火)8/2(金)8/6(火)
政策金利8/1(木)8/6(火)8/7(水)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2008年02月02日

おススメ!『右脳でわかる!株式投資力トレーニング』

いつも応援ありがとうございます⇒にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

右脳でわかる!株式投資力トレーニング
右脳でわかる!株式投資力トレーニング窪田 真之

日本経済新聞出版社 2008-01
売り上げランキング : 236


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こんにちは、ほくほくです。

今日は、めずらしく本のご紹介。

ほくほくは結構いろんな投資の本を読むのですが、この本はとても分かりやすくてお勧めなのでご紹介します。


題して『右脳で分かる!株式投資トレーニング』


チャートや財務諸表の説明がありつつも、とりあえずクイズ形式で読み進んでいく形式の本です。

“右脳で分かる”と書いているだけあって、図がわかりやすく、カラフルで非常に読みやすい本でした。

先週月曜日に日経新聞の広告で見つけ、そのままamazonで即買い。
で、その後通勤電車の中で何度か読み返していました。

例えば「配当利回り2.5% 買うならどっち?」というクイズで、簡略化されたバランスシートの図が2つ並んでいます。
理屈が分かっている人は当然解けるとして、知らない人でも直感的に判断がつくようなクイズになっています。
で、次のページに解説が書かれていると。

投資の本は、まず説明があってから事例が示されるのが一般的ですが、この本は逆
まず事例を分かりやすいクイズ形式で示してから、その解説で勉強になっていくという形です。

クイズを解きながら勉強が進む、昨今のニンテンドーDS的な本でした。


あ、「DS投資力トレーニング」などというタイトルで、この手のソフト出ないかな。
出たら買います、本体ごと。


内容的には、ファンダメンタルとテクニカルの双方の基本部分を抑えています。
酒田五法とか、そういったレベルには踏み込んでいません。


著者は、現役のファンドマネージャーさん。
日本株投信のファンドマネージャーなので、どちらかというと長期でファンダメンタル重視です。
あと、出来高を重視している傾向など、著者本人の注目ポイントも見て取れます。
経常利益率が8%以上とか、ROEが10%以上とか、著者本人の基準数値も示されている点も親切ですね。


安くて薄くて軽い本ですが、その分何度も読めて楽しめます。
おススメ!


以上、今日は本のご紹介でした。


◆ブログランキング、クリック&応援お願いします!
にほんブログ村

タグ:日記
posted by o(^0^)o ほくほく at 10:00 | Comment(6) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする