経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計11/29(金)
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2010年05月26日

主要国政策金利 2010年5月

header_44

こんにちは、ほくほくです。

今月の主要国の政策金利発表が出そろったので、まとめたいと思います。

2010年5月までの主要国の政策金利の推移は、ご覧の通りとなっています。

20100526_interest.JPG

2008年10月のリーマンショックを受けて、各国とも2009年上旬までに史上最低金利に引き下げてから1年。
未だにその低い金利が維持されている状態となっています。

アメリカは現在、FOMCによる「長期間にわたって低金利を維持する」状態の最中。
そろそろその出口戦略について語られ始めていますが、多くの予想は、早くても2010年後半の金利引き上げを見込んでいます。

一方、EUやイギリスは、新たに発生したギリシャ問題対応のため、当面の利上げ見込みはなくなりました。
まずは足下の火を消すことが最優先です。

日本は・・・
グラフを見ればわかる通り、ずっと低金利状態。
もはや、どこが最適水準なのかよくわかりません。

唯一、既に利上げを開始しているオーストラリアは、今後も継続した利上げを行うかが焦点となっています。
現在の政策金利は4.5%。
これを、5.25%まで連続して引き上げるという予想があります。
次回の政策金利決定会合は6月1日。
そこでさらに引き上げられるかどうか、注目しましょう。

それから、ニュージーランドはそろそろ利上げ観測が浮上しています。
こちらの記事にある通り、好調な雇用統計がその背景。
次回の政策金利決定会合は6月10日。
ここで金利が引き上げられるか、非常に気になるところです。

オーストラリアに続いてニュージーランドも利上げを行えば、またオセアニア通貨に資金が集まるかもしれません。
その後は、徐々に米ドルですかね。

いずれにせよ、金利面から見れば、円を売って外貨を買う姿勢で基本良いと思います。
金利差でスワップがつくというFXの特性を、十分に活用しましょう。

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)
資産運用の参考にどうぞexclamation にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪
ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

★★★ 続きを読む ★★★
posted by o(^0^)o ほくほく at 21:54 | Comment(0) | 経済指標◆政策金利の推移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする