経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計11/1(金)11/1(金)11/6(水)
政策金利11/5(火)11/13(水)
GDP11/11(月)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年03月12日

ECBは追加利下げ見送り

header_06

こんにちは、ほくほくです。

先週発表されたECBの政策金利を見てみましょう。

ECBは利下げ見送り、イタリア不安への対応急がず

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は7日の理事会後の記者会見で、不透明な結果に終わったイタリアの総選挙後、市場は短期間で落ち着きを取り戻し、波及のリスクは抑制されたとの認識を示し、ECBとして対応を急がない姿勢を示唆した。

理事会では利下げについて議論したものの、前向きな経済指標を踏まえ据え置きを決定。景気が再び悪化しなければ、リファイナンス金利を0.75%に据え置く構えである可能性を示唆する格好となった。

前週のイタリア総選挙ではいずれの勢力も安定政権樹立に必要な支持を得られず、経済改革や財政赤字削減への取り組み後退への懸念を高める結果となった。

ドラギ総裁は、総選挙直後に市場はやや動揺したものの、現在ではほぼ選挙前の状態に戻ったと指摘し、「1年半前であれば何が起きていたか分からないが、それとは対照的に今回は他国への波及は抑制された。これもまた1つの前向きな兆候だ」と述べた。

ECBは昨年、加盟国政府が欧州救済基金に支援を要請し、緊縮措置に同意することを条件に当該国の国債を買い入れる計画(OMT)を発表した。OMTはいずれの国に対してもまだ発動されておらず、イタリアは発動条件を満たす政権を樹立できなければ、適用対象外となる可能性もある。

ドラギ総裁は会見で「OMTはなお有効だ。非常に効果的な安全装置であり、(必要が生じた時に備えて)存在している」と強調した。その上で、適用ルールは明確だと指摘した。

この日の理事会では、主要政策金利であるリファイナンス金利を0.75%に据え置くとともに、下限金利の中銀預金金利もゼロに、上限金利の限界貸出金利も1.50%にそれぞれ据え置くことを決めた。

据え置きは市場の予想通りだったが、前週のロイター調査ではECBがいずれリファイナンス金利を0.5%に引き下げると予想したエコノミストが76人中22人と、少数ながらも1月の調査から増加した。
2013/03/08 06:51 ロイター

イタリア総選挙の結果、動向が気になっていたEU圏でしたが、とりあえず今回の利下げは見送られた模様です。

そうですね、少し落ち着いてほしいです、EU圏。

ユーロの方は、結構上昇してくれています。
こちらの方は、引き続き頑張れ、と。

今日の相場は、またまた高騰してくれました。

20130312_fx.jpg

本日の収入は 4,288 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,414,539 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(4,664,470円)
+スワップ(2,069円)
+出金額合計(278,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(2,530,000円)

今日もばっちり利益。
最近は、ホクホクというよりはウハウハです。
ありがたいことです。

早く経済的自由を手に入れられるように、将来の種銭となる日々の利益が重要です。
頑張ります。

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 22:49 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする