経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計6/7(木)
政策金利6/6(木)6/4(火)
GDP6/5(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2014年03月11日

日銀は引き続き現状維持

header_14

【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印マップ】 別表神社 (関東地方)

関東地方にある別表神社のGoogleマップです。
別表神社というのは、一言でいうと、社格の高い神社のこと。
結構大きな神社も多いので、御朱印はもらいやすいです。

こんにちは、ほくほくです。

今日は日銀の金融政策決定会合がありました。
その結果は、ご覧の通りです。

日銀、輸出判断下方修正も過剰な追加緩和期待をけん制


日銀は10、11日に金融政策決定会合を開いた。4月の消費税率引き上げ前では最後の会合のため一部市場関係者の間では景気の腰折れを予防する追加緩和への期待もくすぶっていたが、政策は現状維持とした。

景気判断は輸出を下方修正し追加緩和期待を温存する一方、設備投資や生産については判断を引き上げ、過剰な期待をけん制した。

<輸出の弱さ、一時的要因>

景気の現状判断は「緩やかに増加を続けており、このところ消費税率引き上げ前の駆け込み需要もみられている」との見解を据え置いた。

その中で輸出は、これまでの「持ち直し傾向にある」から「横ばい圏内の動き」に下方修正。一方、設備投資は「持ち直している」から「持ち直しが明確」に、生産は「緩やかに増加している」から「伸びがいく分高まっている」とそれぞれ上方修正した。

黒田東彦総裁は会見で、輸出が弱い理由について「製造業の海外生産シフトなど構造的要因があるものの、ASEANなど新興国経済がもたついている影響が大きい」とした。「米国の寒波、中国の旧正月(春節)、駆け込み需要で国内出荷を優先する動きなど一時的な要因も作用」と指摘。輸出が弱い「主たる理由は一時的なもの」とした。
2014/03/11 19:46 ロイター

最近の日銀を見ていると、どうも動きが取れなくなっているように感じます。

「異次元の金融緩和」からしばらくたち、そろそろその効果のほどが検証され始める時期。
今後、日銀がどう動いていくかが注目です。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

それではさくっと本日のFX運用成績のご報告です。

20140311_fx.jpg

本日の収入は 118 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,840,738 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(5,994,272円)
+スワップ(31,466円)
+出金額合計(365,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(3,550,000円)

今日は少しの利益でした。

さてさて、寝ないと〜
今週はハードなので、短い時間でしっかり回復します!!

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:55 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする