経済指標flg_JPN.jpg日本flg_US.jpg米国flg_EU.jpgEUflg_UK.jpg英国flg_AUS.jpg豪州flg_NZ.jpgNZ
雇用統計7/31(火)7/31(火)8/1(水)
政策金利8/1(水)8/2(木)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2018年08月11日

【今週の利益】('18/08/11)2,223円

#石清水八幡宮 - Spherical Image - RICOH THETA
RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 薬師寺 @奈良県

世界遺産薬師寺の御朱印です。
一番お気に入りの御朱印!

こんにちは、ほくほくです。

土曜日の今日は、今週のFX運用成績をご報告します。

今週のo(^0^)o ほくほくポートフォリオは2,223円の利益でした。

  【先週末】
20180803_fx.jpg

down.JPG
  【今週末】
20180810_fx.jpg

その結果、現在までの利益は以下のようになっています。

◆ 現在の獲得利益 = 3,242,899 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(8,993,365円)
+スワップ(201,534円)
+出金額合計(648,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(5,600,000円)

今週は、ちょっと利益少な目でした。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、EUの失業率がだいぶ改善しているようです。

米国と欧州大半で失業率が改善 EUはリーマンショック前に接近

米国経済は依然として好調を維持しており、雇用者数は6月も増加した。統計開始以来最長となる93カ月連続の増加を記録したことになる。

ドナルド・トランプ米大統領はたびたび自国の失業率の改善に注目を集めようとするが、大西洋の反対側、欧州の雇用状況はどのようになっているのだろうか。

米調査機関ピュー・リサーチ・センターがEU統計局(ユーロスタット)のデータを分析した結果によると、欧州連合(EU)加盟28カ国の経済は全般的に好調だ。失業率は過去10年近くで最も低い水準にあり、金融危機(リーマンショック)発生前に近い7.1%にまで改善している。

リーマンショックが起きる前の2008年第1四半期のEUの失業率は、6.8%だった。だが、その後は悪化が続き、最悪の水準となった2013年第1〜2四半期には、およそ11%にまで上昇した。

欧州では米国と同様に多くの人が、今後の経済に明るい展望を持っている。例えばドイツでは2017年後半に行った調査で、自国の経済情勢について国民の85%が、「非常に良い」または「ある程度良い」と答えた。

ただ、EU加盟国を個別に見ると、南欧諸国の失業率は依然として高くなっている。こうした国では経済に関する世論の見方も否定的だ。特にスペインでは、自国経済について「非常に」または「ある程度」良いと回答した人は、わずか28%となった。
2018/08/01 11:30 Forbes

まあ、改善しているとはいえ、今の水準は他の主要国に比べて圧倒的に高いですね。
改善余地が多いということで。

来週はお盆休みという方も多いのではないでしょうか。
どうぞ良い休暇をお過ごし下さい。

◆このブログの資産はFXシステムトレードo(^0^)o ほくほくFXで運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 00:00 | Comment(0) | 資産運用◆週間運用成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする