経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計1/31(金)2/7(金)2/5(水)
政策金利2/4(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2020年01月20日

アメリカの雇用統計は若干鈍化しました

#旧斎藤家別邸 #新潟県 #庭園 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 北野天満宮 @京都府

京都の北野天満宮の御朱印です。
受験シーズンですね!
参拝される方も多いのでしょう。

こんにちは、ほくほくです。

今回のアメリカの雇用統計は・・・

米雇用統計、12月は14.5万人増に鈍化:識者はこうみる

米労働省が10日発表した2019年12月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月から14万5000人増と、11月から鈍化し、市場予想の16万4000人増を下回った。ただ、貿易摩擦で製造業が一段と落ち込む中でも雇用の伸びは依然として労働年齢人口の伸びを維持するのに必要な約10万人を上回っている。

失業率は11月と同様、約50年ぶりの低水準である3.5%を維持した。現在は職を探していないが働く用意のある人(縁辺労働者)や正社員になりたいがパートタイム就業しかできない人を含む広義の失業率(U6)は6.7%と、1994年の統計開始以来の最低水準になった。11月は6.9%だった。

市場関係者の見方は以下の通り。

<プルデンシャル・フィナンシャル(ニュージャージー州)の主任市場ストラテジスト、クインシー・クロズビー氏>

雇用統計を受け、連邦準備理事会(FRB)は間違いなく金融緩和を維持するだろう。物価の高進は見られず、賃金の伸びが低いことからも、今後急上昇していく恐れは全くない。賃金の観点から言えば、今回の統計はほぼ予想通りだが、個人消費の活性化が経済成長に不可欠であることを考えれば、賃金の低い伸びは残念な兆候といえる。統計を受け、相場が上下とも一方的に振れる展開にはならないだろう。
2020/01/11 01:58 ロイター

「鈍化」と記載されていますが、失業率は50年ぶりの低水準だそうです。
引き続き好調ですね。

20200120_fx.jpg

本日の収入は 180 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 3,593,722 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(10,097,803円)
+スワップ(329,919円)
+出金額合計(716,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(6,550,000円)

週明けの今日は、少しの利益でした。

今週も始まりましたね。
頑張りましょう!

posted by o(^0^)o ほくほく at 19:27 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする