経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計7/30(火)8/2(金)8/6(火)
政策金利8/1(木)8/6(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2008年06月22日

FX業者比較、更新しました


こんにちは、ほくほくです。

少し更新をサボっていましたが、サイドバーのFX業者比較を更新しました。
ほくほくはNZドルを中心に取引をしているので、比較のベースもNZドルになっています。

もはや、手数料0円が当たり前の時代。
他のサービス比較結果を、ここで簡単に紹介しておきましょう。
続きを読む・・・前にRANKING


まずは、やはり気になるスワップの高さ。
FXのいいところは、ポジションをholdしてもスワップが入ってくるところですもんね。

今回の比較結果では、フォーランドFXのNZドルスワップが、172円でNo.1になりました。
他通貨でも、ここのスワップが一番高い傾向にあります。
スワップで稼ぎたいなら、ここがおススメ。



一方、短期トレードには、スプレッドが狭い方が向いています。
相場が多少上下するだけで、すぐにポジションを決済できるからです。

最近、ドル/円では、ついに1銭を切るスプレッドが登場してきていますが、NZドルの最狭スプレッドは3銭でした。


短期トレードをする方は、こういったFX業者の方が向いていると思います。


ところで、中・長期でスワップを稼いでも、そのスワップはポジションを決済しないと手にできないのが一般的。
そんな中、ポジションはそのままで、スワップだけを決済・出金できるというFX業者も出てきました。

スワップが目的の場合は、こういったスワップのみ出金可能なFX業者だと有利ですね。
その中でも、セントラル短資は、スワップ自体も高めになっています。



最後に、取引単位。

FXは通常、10,000単位の取引が一般的ですが、最近は5,000単位、あるいは1,000単位で取引可能な業者が増えつつあります。

安くで投資が可能になるので、小額投資、あるいは多数のポジションを張る投資家には、取引単位が小さい方が向いているでしょう。

かく言うほくほくも、今の投資スタンスには小額多ポジションが向いており、それでヒロセ通商 LIONFXを使っています。
1,000単位で取引できる業者はいくつかありますが、手数料0円はここだけ。

 

ちなみにこのLIONFXは、取引ツールも非常に使いやすくておススメです。


ほくほくとしては、当面は資産を殖やすために取引単位が小さい業者を使い、ある程度の資産を形成したらスワップ派に転向。
スワップが高く、スワップのみ出金可能な業者に切り替えようかと思っています。

まだまだ、全然先の話ですけど。

とりあえず今は、目先の利益確定を頑張ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ banner2.gif FXランキング 相場師ブログランキング

posted by o(^0^)o ほくほく at 18:32 | Comment(2) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
自分は記事の更新でいっぱいいっぱいです。
サイドバーはだいぶ更新してないです。
今週の株もブログも頑張っていきましょうね。
応援ぽちっと!
Posted by anko at 2008年06月23日 02:28
o(^0^)o――――――――――――――――
ankoさん、こんにちは。
記事の更新、重要ですよね。
ほくほくも平日は、酔っ払ったりもして、記事の更新にあっぷあっぷしています。
でも、日々の取引状況を毎日公開すると豪語してしまったので、頑張らないと・・・
Posted by ★ ほくほく o(^0^)o at 2008年06月23日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。