経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計8/30(金)9/6(金)
政策金利9/3(火)
GDP9/9(月)9/4(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2011年03月15日

日経平均が一時1,300円以上の下げ!ブラックマンデー並み

header_26

こんにちは、ほくほくです。

今日はブログを更新することにしました。

地震は、2次的な影響を広げつつありますね。

福島第1原発で一時400ミリシーベルト、30キロ以内は屋内退避

 東京電力福島第1原子力発電所3号機付近で15日午前、400ミリシーベルトの放射線濃度を検出した。4号機あたりでも100ミリシーベルトを検出、これまでとは単位の違う濃度で、人体に影響のある放射線量が流出する深刻な事態となった。
 菅直人首相は同日午前、記者会見し、福島第1原発周辺で漏えいしている放射能の濃度が高まっており、さらなる漏えいの可能性が高まっていると指摘、すでに退避を要請している半径20キロメートル以内の住民だけではなく、20キロから30キロメートル内の住民に屋内退避を求めた。

 枝野官房長官によると、東日本大震災の発生時は休止中だった第1原発4号機で火災が発生、放射性濃度の急上昇の主要因となった。4号機は炉内に使用済み核燃料があり、水素爆発したと推察されるという。火災は午前11時ごろ、鎮火した。

 夕方に再度会見した枝野官房長官は、ミリシーベルト単位の放射線量検出について、爆発による建屋の崩壊でできた、がれきが原因との見方があると話した。また、4号機からの放射線の濃度は低下しており、高濃度放射線が継続的に出ているわけではないとの分析があることも明らかにした。

 同原発では2号機でも、15日午前6時14分ごろ、圧力抑制室付近で爆発音が発生した。その後、午前8時30分過ぎには、同原発の正門付近で8217マイクロシーベルトの放射線量が検出された。

 共同通信などによると、福島第1原発から南に110キロ離れた茨城県東海村の研究施設で15日午前7時46分ごろ、5マイクロシーベルトの放射線量を検出した。これは、同場所で通常検出される値の約100倍。横須賀、川崎の両市でも15日早朝、最大でそれぞれ通常の約9倍と6倍の放射線量が検出された。東京でも微量の放射性物質が観測されたという。通常を上回る放射線量は千葉、前橋などでも確認された。

 政府は、東京電力と現地の情報を同時に一体に受けとめ、対応を一体的に判断していくために、統合連絡本部を設置した。
2011/03/15 18:08 ロイター

これが海外にも非常に深刻な事態と受け止められ、本日、日経平均は一時1,300円の下げとなりました。

リーマン・ショック以上、ブラックマンデー並みだそうです。

日経平均が一時1300円を超える下落:識者はこうみる

 15日の東京株式市場は、福島第1原子力発電所で発生した重大事故への恐怖感から投げ売りが加速、日経平均は一時1300円を超える下落となった。市場関係者の見方は以下の通り。
●売りが売りを呼ぶ展開、原発事故の状況解明がカギ

 <証券ジャパン 調査情報部長 大谷正之氏>

 日経平均は下げ幅1300円超と売り圧力が強まった。福島原発の深刻な状況を受けて、ややパニック的な状態となり、売りが売りを呼ぶ展開となっている。先物主導で売りが先行しており、現物が追い付かない状況だ。日銀は先ほど、先日付で計10兆円の資金を供給すると発表したが、原発事故の状況解明がない限り、下値不安はなくならない。最悪の場合、国内経済がマヒする可能性もあるのではないか。下値には節目らしい節目がなく、下げ止まる水準が見えない。

●見えないリスクを嫌気、パニック的売り

 <大和証券キャピタルマーケッツ金融証券研究所 投資戦略部部長 高橋和宏氏>

 午前11時の菅首相の会見であったように、原発問題に関し関東圏内で通常レベルを上回る放射能物質が確認されるなど、見えないリスクが嫌気されている。原発問題解決のメドは立たず、パニック的な売りで日経平均先物6月限は8000円割れまでいった。1日の下落幅としてはブラックマンデー並みのものとなり、かなり織り込んだといえるが、経済被害のほかに健康被害も懸念されるところだ。信用取引の追い証がらみでの個人投資家の投げやリスクヘッジの動きも出ている。

●輸出企業などに割安感、買い場を探す

 <ちばぎんアセットマネジメント顧問 安藤富士男氏>

 わずか2営業日で日経平均は約2000円も下落した。原発事故により不安心理はピークに達しているが、来週以降は冷静に買い場を探す局面が来るとみている。4月からは新年度資金が入り需給も改善が予想される。自動車を中心とする輸出産業は、もともと国内需要に依存していない。生産設備に大きな打撃がなければ、買える株価水準だ。PBR1倍割れや配当利回りなどからも銘柄を選別したい。

●海外勢が日本株のウエート落とす動きを加速

 <三菱UFJモルガン・スタンレー証券 投資情報部長 藤戸 則弘氏>

 外国人投資家が日本株ポジションを落とす動きを加速している。彼らは昨年9月から今年2月まで約3.1兆円で日本株を買い上がった。ポジションが膨れ上がっているところに、今回の大地震が起きたので、リスクヘッジのために一気にウエートを落としているという構図だ。きょうの菅直人首相の会見で、さらなる放射能漏えいの可能性が高まっていることが明らかになり、売りが加速した。

 海外勢は、昨年も1─4月に約3兆円買って、その後1.6兆円売ったが約2カ月間かかった。2日程度で売りきれる量ではない。

 PBR(株価純資産倍率)やPER(株価収益率)はノーマルな経済状況で有効な投資指標だ。緊急時のいまは使えない。ボラティリティが低下するまで下値めどは立てられないだろう。

●海外勢のスタンスを注視、下値めどは見えず

 <野村証券 プロダクト・マーケティング部 マーケット情報課長 佐藤雅彦氏>

 コメントしようがない。東京電力の福島原子力発電所のような事故を、まさに海外勢は恐れていた。これを受けて、あすの取引も売りが続く可能性がある。下値めどは日経平均株価7000円手前などと言えるが、下値めどは見えないと言った方がいいかもしれない。海外勢がどう出てくるのかを注視する。
2011/03/15 14:25 ロイター

マーケット的にも、かなりのインパクトとなっています。

一方で、為替の方はかなり円高気味に。

円資産が売られるこの状況で円高になるのは、よくわかりません。

どうやらパニック的な動きになっている模様です。

個人的には、マーケットの動きよりも毎日電車の運行状況と計画停電の予定がきになっている毎日ですが、確かに通勤も含めて首都圏は混乱しています。
通勤に3時間かかったり、1時間以上あるいたり・・・
今日はスーパーに買い物に行きましたが、入場制限あり、レジ前に長蛇の列、お米と水と電池は早々に売り切れ等、災害はその後の生活に尾を引くということを初めて実感しています。

棚の最後のレタスは、割り込んできたオバチャンに取られました。
・・・そりゃ、そういう気分になるのかもしれませんが(涙)

そんな感じで、地震や津波で直接被災しなかった首都圏でも、今後も予断を許さない状況が続きそうで、改めて気分を引き締めています。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、本日の運用成績です。

20110315_fx.JPG

本日の収入は 2,272 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 726,170 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,032,410円)
+スワップ(52,760円)
+出金額合計(141,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,500,000円)

昨日に引き続き本日も為替が乱高下した結果、運用成績としては良くなっています。

さて、明日も5時に起きて停電情報と電車の運行状況をチェックして会社に向かいます。


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

posted by o(^0^)o ほくほく at 20:48 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。