経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計7/30(火)8/2(金)8/6(火)
政策金利8/1(木)8/6(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2011年11月16日

日銀の金融政策はやはり“現状維持”

header_14

こんにちは、ほくほくです。

昨日からの日銀の金融政策決定会合が終わりました。

日銀が景気判断を下方修正:識者はこうみる

 日銀は15─16日に開いた金融政策決定会合で、景気の現状について「持ち直しの動きが続いているが、そのペースは緩やかになっている」とし、海外経済の減速などを背景に判断を下方修正した。

 また、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標は0─0.1%程度に据え置くことを、全員一致で決定した。

 有識者の見方は次の通り。

●欧州ソブリンリスクに警戒感、景気判断を下方修正

 <第一生命経済研究所 主席エコノミスト 熊野英生氏> 

 金融政策は現状維持となったが、現状判断がずれ込むなかで、景気判断を今回下方修正した。景気のリスク要因の冒頭には欧州ソブリン問題を挙げており、為替リスクも含めて警戒感が極めて強いことが読み取れる。
 持続的成長経路に復帰するよう中央銀行として貢献を粘り強く続けていくとの方針を示しており、金融緩和を通じて回復経路へのシナリオを支えていくスタンスであり、追加緩和には否定的ではないニュアンスが伺える。

●市場の声の認識不足、緩和への意識乏しい

 <マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木隆氏> 

 金融政策の現状維持は予想通りだ。前回会合で買い入れ基金の増額を決めており、さすがに2回連続での増額は難しいのだろう。ただ日銀はETF(指数連動型上場投資信託受益権)の買い入れなどを進めているものの、マーケットにはさほど効果が表れておらず、市場の声を十分認識しているとは言いづらい。欧米当局による追加緩和の可能性があるなかで、日銀は金融緩和への意識に乏しく、後手に回らざるを得ないとみている。

●金融政策、当面は現状維持か

 <SMBC日興証券 チーフストラテジスト 末澤豪謙氏> 

 全員一致で金融政策の現状維持を決めた。前回会合で資産買入基金の規模を5兆円増額する追加金融緩和を決めたばかりなことに加え、為替介入効果もある程度残っていることから、現時点では様子見となったようだ。これは市場予想通り。金融政策に関しては、欧州問題が完全に収まらない中、追加緩和の可能性は否定できないが、米国がすぐに追加緩和をやる状況ではないため、当面は現状維持となるのではないか。
 景気の見方は、国内は震災以降のサプライチェーンの回復、復興需要が顕在することが想定できるため、国内は緩やかな回復基調が続き、欧州財政問題など海外の下振れリスク要因を指摘している。この点も従来の日銀の見通しと変化はなく、違和感がない。
 想定内の内容なので円債相場への影響はほとんどないだろう。マクロ要因と需給要因で相場の方向性は決まってくるとみている。
2011/11/16 14:03 ロイター

景気判断は下方修正しましたが、金融政策自体は現状維持。確かに現状からは、これ以上緩和策を打ち出しにくいですよね、きっと。今の日本の金融政策はもう目一杯緩和状態にあるので、これをテコに景気が回復してくれればよいと思うのですが・・・なかなか難しいようですね。
それでも一昨日発表された日本の第3四半期GDPは久々の大幅プラス。短期的ではあるかもしれませんが、それでも少し明るい兆しが出ていて良かったです。

大切なのは、この状況でも利益を出すこと、ですね。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、本日のFX運用成績です。

20111116_fx.jpg

本日の収入は 1,267 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,003,253 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,474,258円)
+スワップ(32,995円)
+出金額合計(196,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,700,000円)

10月末の大規模為替介入以降、相場はかなり停滞色を強めており、その中でもユーロと豪ドルはここ数日かなり下落基調にあります。あまり上下動がなく、方向は下げ一方向。あんまり好ましい相場ではないので、早く方向転換してほしいところです。

今週月曜日まではスティーブ・ジョブズの伝記を読んでいました。
分厚い本でしたが、かなりスリリングな文章となっており、特に2巻目の新製品をどんどん出していくところはもう一気読みですね。革命的な商品群に対する文章記述が素晴らしい。そして、最後の方は結構泣けそうなところもありましたし。ただ、ジョブズと一緒には絶対働きたくないと思っちゃいましたけどね。かなりしんどそう、そして精神的にやられちゃいそうです。すごい人だとは思いましたけれど。

ジョブズの伝記を読み終わって、今度はウォーレン・バフェットの伝記をもう一度読みたくなってしまい、今また読み始めています。ちょっと今はこういう本を読んでモチベーションを高める必要があるので。

世の中にはすごい人がたくさんいて、そういう人のいいところをほんの少しでも自分のものにできたらなーと思います。


◆このブログの資産はFXシステムトレードo(^0^)o ほくほくFXで運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 

posted by o(^0^)o ほくほく at 22:12 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。