経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計11/1(金)11/1(金)11/6(水)
政策金利11/5(火)11/13(水)
GDP11/11(月)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年01月07日

【御朱印】 向島百花園 @東京都

向島百花園 御朱印 福禄寿
隅田川七福神 福禄寿

向島百花園
〒131-0033
東京都墨田区向島5-1-14
TEL:03-3611-8705
HP:ウィキペディア
入園料:150円

IMG_1554.JPG

【関連霊場等】
  ◆【御朱印マップ】 隅田川七福神 @東京都

御朱印マップ御朱印集めが楽しくなるiPhoneアプリ御朱印マップを公開しています。
ダウンロードはこちらからどうぞ。


新春、隅田川七福神めぐり!

次の札所は、普通の寺社巡りではあまり行かないところです。

IMG_1543.JPG

向島百花園。
なんと隅田川七福神の福禄寿は、庭園の中のお堂に祀られているのです。

IMG_1556.JPG

向島百花園の沿革
 本園は、江戸時代文化二年(1805)頃、佐原鞠塢(さはらきくう)という粋人が、向島の寺島村で元旗本、多賀氏の屋敷跡約3000坪を購入し、当時鞠塢と親交の深かった一流文人墨客の協力を得、梅を多く植えたことから、「新梅屋敷」として創設したのが始まりとされています。
 往時は、江戸中に百花園の名が知れ渡り、多くの庶民の行楽地として賑わいました。なかでも、弘化二年には、十二代将軍家慶の梅見の御成りがあり、明治になると皇室関係をはじめ、多くの著名人が来遊した記録が残っています。
 その後、時代の変遷と共に、小倉家に所有権が移り昭和八年二月、国の「名勝」に指定され、時至って小倉氏の意志(名勝永久保存のため)により、昭和十三年十月に東京市に寄付されました。百花園を受領した東京市は、衰退著しかった庭園を復旧し、昭和十四年七月八日制限公開にしています。
 この後、戦災で石碑以外は全て焼失しましたが、多くの方々の努力のもと同二十四年に再び復元。その後、荒廃を余儀なくされましたが初代鞠塢の「群芳暦(ぐんぽうれき)」を基本に植栽し、同五十三年十月文化財保護法により「名勝及史跡」の指定を受け、今日に至っています。
 この庭園の特徴は、芭蕉の句碑をはじめ二十数基の石碑と園全体の雰囲気が、江戸文人趣味豊かに作庭され、大名庭園とは趣を異にした草庭にあります。また、初代鞠塢の頃から「詩経」や「万葉集」に因む歴史的草花を植栽し、春や秋の七草をはじめ、四季それぞれの植物が植えこまれ、野趣豊かな庭園となっています。
 江戸の文人墨客をはじめ庶民に愛され、今日まで受け継がれてきた、貴重な財産がこの「向島百花園」と言えます。

意外と庭園も好きなほくほくなのですが、この庭園があることは知りませんでした・・・

【パンフレット】
20130107_mukoujima-01.jpg

20130107_mukoujima-02.jpg

お目当ての福禄寿は、庭園の奥のお堂におられました。

IMG_1549.JPG

また、御朱印はそのそばのお茶屋さんのようなテントで頂けました。

0271.jpg

面白い墨書で、字よりは絵に近いですね。
漢字って、もともとが表意文字というか絵から出来上がっているので、こんな感じに崩された字体にはかなり興味を惹かれます。

20130107_mukoujima-03.jpg

さて、せっかくなので庭園を散策・・・といきたいところですが、やはり冬の庭園は草木も枯れてどうしても侘しいもの。
唯一、ほんの少し咲き始めていた蝋梅に華やかさを感じました。

IMG_1551.JPG

蝋梅は、次週に宝登山にも見に行きます。

さて、次はいよいよ最後の札所、多聞寺です。


より大きな地図で 【御朱印マップ】隅田川七福神(関東地方>東京都) を表示

【関連記事】
  ◆【御朱印マップ】 隅田川七福神 @東京都
  ◆【御朱印帳】 東寺 @京都府
  ◆【登山】 宝登山 @埼玉県

記事が良かったら、クリック投票をお願いします
ブログランキングならblogram

  ◆御朱印とは
  ◆御朱印一覧
  ◆御朱印帳一覧
  ◆御朱印マップ一覧

東京庭園ガイド―歴史と文化を愉しむ東京庭園ガイド―歴史と文化を愉しむ
東京名園鑑賞会

江戸東京の庭園散歩 (楽学ブックス) (楽学ブックス―文学歴史) 鎌倉の庭園―鎌倉・横浜の名園をめぐる 歴史と文化を愉しむ 京都 庭園ガイド

posted by o(^0^)o ほくほく at 11:30 | Comment(0) | 御朱印◆御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。