経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計8/30(金)9/6(金)
政策金利9/18(水)9/3(火)
GDP9/9(月)9/4(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年01月18日

【本】 国芳一門浮世絵草紙(5) 命毛

国芳一門浮世絵草紙 5 命毛 (小学館文庫)国芳一門浮世絵草紙 5 命毛 (小学館文庫)
河治 和香

小学館 2011-08-05

 世間が開国で揺れる中、登鯉(とり)の父、人気浮世絵師の歌川国芳は一門の弟子たちと、相変わらずの江戸っ子の稚気と覇気で後生楽に暮らしている。
 国芳の描いた浅草寺の<一ツ家>の奉納額は将軍の上覧にも与り、江戸中の大評判に。
 しかしそこに安政大地震が発生、その混乱の中で倒れる国芳、氾濫する鯰絵、一ツ家の祟りの不気味な噂も・・・。
 金さんの死、絵筆を握れなくなった国芳、一門を背負う登鯉、そして弟子たちは懸命に生きる道を模索する。さらにはもどかしい恋の行方は?
 悲しいのに明るくて、笑えるのにせつない、書評家も絶賛のシリーズ、ついに完結!

※作成中

【目次・メモ】
  1. 帰雲(きうん)
    • 見出しの浮世絵は、歌川国芳の「大山石尊良弁瀧之図」。
  2. 写真(ほとがら)
    • 見出しは、歌川芳鳥(登鯉)の「金比羅利生伝記」国芳女登里画。
  3. 地震(なゐ)
    • 見出しは、仮名垣魯文の「安政見聞誌」。浅草寺の五重塔の先端だけが曲がっている絵。
  4. 御間(おあいだ)
    • 見出しは、「鯰絵」。
  5. 盆々(ぼんぼん)
    • 見出しは、浅草寺に奉納し、将軍も上覧したという歌川国芳の傑作「一ツ家」を、弟子の月岡芳年が摸写した「千社札・芳桐連(一ツ家」。
  6. 思い出すことども あとがきにかえて 
  7. 解説 悳俊彦

【関連記事】
記事が良かったら、クリック投票をお願いします
ブログランキングならblogram

  ◆書籍一覧
posted by o(^0^)o ほくほく at 17:29 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。