経済指標flg_JPN.jpg 日本flg_US.jpg 米国flg_EU.jpg EUflg_UK.jpg 英国flg_AUS.jpg 豪州flg_NZ.jpg NZ
雇用統計10/31(火)11/3(金)11/1(水)
政策金利11/1(水)11/7(火)11/9(木)
GDP11/14(火)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年02月05日

主要国政策金利 2013年1月

header_21

こんにちは、ほくほくです。

2013年1月の主要国の政策金利発表が終わりましたので、その結果をまとめてご紹介しましょう。

1月の政策金利は、主要国の中では変化がありませんでした。

 ●日本 : 0.10%(←前月:0.10%)←前回2009年1月に利下げ:0.30%
 ●米国 : 0.25%(←前月:0.25%)←前回2008年12月に利下げ:1.00%
 ●EU : 0.75%(←前月:0.75%)←前回2012年7月に利下げ:1.00%
 ●英国 : 0.50%(←前月:0.50%)←前回2009年3月に利下げ:1.00%
 ●豪州 : 3.00%(←前月:3.00%)←前回2012年12月に利下げ:3.25%
 ●NZ : 2.50%(←前月:2.50%)←前回2011年3月に利下げ:3.00%

一番直近では、オーストラリアが昨年12月、そしてその2ヵ月前に利下げしていること、またEUが昨年7月に利下げしている状況です。
今後はさらに利下げするのか、それともどこかの国が利上げに転じるのかが注目です。

2000年1月からの政策金利の推移は以下の通りです。

20130202_interest.jpg

現在は6ヵ国すべてが史上最低金利に張り付いている状態ですね。
早く利上げに転じ、FXのスワップをふやしてほしいです。

2013年の主要国の政策金利発表予定はこちらの記事に記載しています。

  ◆2013年主要国政策金利発表予定

ちなみに本日は、オーストラリアの政策金利発表がありました。
その内容も、ここで見ておきましょう。

豪中銀、予想通り政策金利を3.0%に据え置き 必要なら追加利下げの方針

 オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は5日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低に並ぶ3.0%に据え置くことを決定した。
 据え置きは大方の予想通り。ただ、景気支援のために必要ならさらなる利下げを実施する方針を明確にした。
 緩和バイアスが明確に示されたことで、一部市場関係者の間では驚きが広がり、豪ドルは一時下落。12月に利下げが行われているだけに、市場では追加利下げの可能性は極めて限定的と考えられていた。

 実際スティーブンス総裁は今回の決定について、過去の利下げの効果がまだ表れておらず、金利を据え置くことが賢明と判断したと指摘。中国と米国の景気回復の兆候や、世界の市場の全般的な持ち直しの傾向にも言及した。
 ただその一方で、必要があれば追加緩和の余地があることを明確にした。
 「インフレ率は目標に沿った水準で推移し、成長は今後1年間トレンドをやや下回る公算が大きく、中銀は緩和スタンスが適切と考えている」との認識を示し、「需要を支えるために必要なら、インフレの状況により追加緩和の余地がある」とした。
2013/02/05 14:59 ロイター

最近はオーストラリアは様子を見て利上げに転じるのではないかという見方もありましたが、今回の発表は「必要なら更なる利下げを実施する方向」とのこと。
少し、先行きに含みを持たせる言い方ですが、この発表で相場が動いて利益をあげてくれたので良しとしましょう。

ゼロ金利との闘い―日銀の金融政策を総括するゼロ金利との闘い―日銀の金融政策を総括する
植田 和男

日銀はだれのものか デフレーション―“日本の慢性病 現代の金融政策―理論と実際 ポスト・マネタリズムの金融政策 デフレとの闘い

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、それでは本日のFX運用成績です。

20130205_fx.jpg

本日の収入は 2,553 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,353,906 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(4,483,554円)
+スワップ(2,352円)
+出金額合計(268,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(2,400,000円)

今日もまたまた大幅利益!
いいですね、最近の相場状況。
今日のRBAの政策金利発表も寄与してくれています。

そして、昨日の記事で書き忘れましたが、獲得利益135万円達成!
嬉しい節目です。

今日はこんな記事が日経新聞に出ていました。

売買高、リーマン後最高 1月東京 4年10カ月ぶり水準、世界3位浮上の勢い

 東京外国為替市場の売買高が回復してきた。1月の円とドルの売買高は2008年3月以来4年10カ月ぶりの水準となり、リーマン・ショック後で最大となった。円の急速な下落で、海外勢を含めて円を積極的に売買する投資家が増えている。外為市場の売買高で、シンガポールを抜いて世界3位に浮上する勢いだ。

 日銀によると、東京の銀行間市場で1月の円・ドルの直物(スポット)取引の1日当たり売買高平均は約165億ドルと前月に比べて約6割増えた。1月に円安が進み、円に関する取引が全体の約7割を占める東京市場の売買が盛り上がった。
 特に日銀が2%の物価上昇率目標導入を決めた1月22日の金融政策決定会合当日の売買高は300億ドルを超え、政府が大規模な円売り介入を実施した11年10月31日以来の規模になった。
2013/02/05 日本経済新聞 朝刊

いいですね〜。
このエネルギーを、是非有効に活用して、利益を積み重ねていきたいものです。

今は相場にチャンスが眠っている状況。
うまく運用していきましょう!

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 19:20 | Comment(0) | 経済指標◆政策金利の推移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。