経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計8/30(金)9/6(金)
政策金利9/18(水)9/3(火)
GDP9/9(月)9/4(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年03月23日

【登山】 景信山 @東京都

DSCF0721.JPG

東京では、統計史上最速に近い早さで桜が満開になったこの春。
暖かい気候で山行も楽しそうなので、今回は景信山から高尾山までの縦走ルートを歩いてみることにしました。

今回歩いたルートのGPS-Trkで取得したGPSログはこちらです。


より大きな地図で 【登山】景信山〜高尾山 @東京都 20130323 を表示

画面中央上側の小仏バス停から出発し、左上の景信山山頂に到達。
そこから南、次いで南東方向に下っていき、城山経由で高尾山まで歩きました。
途中、様々な花を見ながらのお散歩トレッキングです。

【コースタイム】
 ●10:00 小仏バス停
   (途中、おにぎりタイム)
 ●11:24 景信山山頂
   (コーヒータイム)
 ●12:15 小仏峠
 ●12:37 城山山頂
 ●13:04 一丁平
   (ランチタイム)
 ●14:04 もみじ台
 ●14:12 高尾山山頂
   (下山にリフト使用)
 ●15:38 高尾山山麓

IMG_2037.JPG

各ポイントの詳細はこちらです。



1. 小仏バス停(10:00)

IMG_1990.JPG

京王線に乗って高尾駅まで行き、高尾駅北口のバス停から京王バスに乗って約15分。終点の小仏バス停から登山は始まります。
写真左奥に進んでいきます。

高尾駅北口では、2番バス乗り場で「高01」のバスに乗って小仏まで行きます。170円。

小仏バス停にはトイレがありました。

小仏バス停からは、景信山登山口まで道路を歩いていきます。

IMG_1991.JPG

左手に小川。
その上には、サンシュユの黄色い花が咲いていました。



2. 景信山登山口(10:18)

IMG_1992.JPG

小仏バス停からの道路を歩き、つづら折りを2回曲がるとすぐに登山口が見えてきます。

近くには、中央高速道小仏トンネルの入り口。
かなり車の走る音がします。

IMG_1993.JPG

登山口を入ると、すぐにこのような山道に。

日陰には、スミレが咲き誇っています。

DSCF0710.JPG

また、周りには赤い実を付けたアオキもたくさん。

DSCF0711.JPG

しばらく歩くと尾根に出て、見晴がよくなります。

IMG_1995.JPG



3. 小下沢分岐(10:58)

IMG_1996.JPG

しばらく尾根を歩くと、小下沢からの登山道と合流するポイントに到達します。
写真の左側が、目指す景信山。
小腹がすいたので、ここでおにぎりを食べました。

少し休憩して景信山山頂へ向かう途中・・・
実は、道を間違えてしまいました。

ルートは景信山山頂に向かう道から少し南へ逸れ、景信山の山腹を西に抜けてしまう道に。
少し迷ったのですが、前のグループがそちらに行ったので、つられて行ってしまいました。
普通に歩いていると問題ないと思います。

IMG_1997.JPG

間違いルートを歩いている途中に見かけたミツマタ。
ご覧のように、景信山南側斜面を歩いています。

IMG_1999.JPG

こちらは、同じく間違いルート中に見かけたミミガタテンナンショウ!
珍しい花に出会えました。

結局、景信山の南腹を西に抜け、城山から景信山への登山道に出て、そこから戻る形で山頂に至りました。



4. 景信山山頂(11:30)

IMG_2004.JPG

標高727mの景信山山頂です。

IMG_2001.JPG

山頂には茶屋があり、またベンチやテーブルがたくさんありました。
休憩したり、食事をするにはとても便利です。

山頂からは、東側の展望がすばらしいです。
遠く新宿のビル群まで見ることができました。

また、南西側を見ると、相模湖が見えます。

DSCF0726.JPG

景信山山頂からの展望は、いろいろな本やサイトで良いと聞いており、実際に見てみると本当にそうだと思いました。

DSCF0725.JPG

山頂にもミツマタの花が咲いていました。
とても良い香りです。

IMG_2003.JPG

こちらは、同じく山頂で見かけた花。
黄色い花で、名前はわかりませんでした。



5. 小仏峠(12:16)

IMG_2007.JPG

標高560mの小仏峠。
標識のそばには狸の置物が。

景信山山頂からここまで、一気に下ってくる感じです。

IMG_2005.JPG

ここから城山へは、また登りになります。



6. 城山山頂(12:37)

IMG_2014.JPG

標高670mの城山山頂。
写真は東向きの景色です。

IMG_2015.JPG

城山の山頂にも、ご覧の通り茶屋とテーブル・ベンチがたくさん。
施設が充実しています、高尾山周辺。

DSCF0729.JPG

もう一つ、城山山頂には水仙の花壇がありました。
様々な種類の水仙が植えられており、ちょうど満開を迎えていました。

DSCF0731.JPG

ニホンズイセンより花が大振りの種類。
これはこれで綺麗です。



7. 一丁平(13:04)

IMG_2017.JPG

ヤマザクラが咲き誇ると見事、という噂の一丁平。
残念ながら訪れた時は、まだまったく花を咲かせていませんでした。

ここにもベンチとテーブルがあるので、お昼を食べました。

IMG_2018.JPG

一丁平のそばに生えていたコブシ。
花を咲かせると、こんな感じになります。

DSCF0739.JPG

それから、下の写真はキブシ。

DSCF0741.JPG

小さな花が連なって下がっていて、木全体で見ると毛虫がいるみたい。

DSCF0742.JPG

一丁平から見えた近隣の山。
左奥は大山で、右奥の2つ連なっている山は左が丹沢二ノ塔、右が三ノ塔。
共に登ったことがある山なので、ちょっとうれしくなりました。



8. もみじ台(14:04)

IMG_2022.JPG

一丁平からしばらく歩くと、茶屋のあるもみじ台。
ここまでくると、高尾山は目の前です。



9. 高尾山山頂(14:12)

IMG_2025.JPG

昨年の4月に引き続き、再び訪れた高尾山。
標高599m。
変わらない景色があるというのも良いものですね。

IMG_2024.JPG

高尾山の山頂はまた、施設が充実しています。
また、1号路経由なら舗装された道を登れるということもあり、かなり軽装の人も多いです。

DSCF0743.JPG

こちらは、山頂に咲いていたアセビの大木。

現在、1号路の山頂付近は閉鎖されており、迂回路を使って下山する必要があります。
ほくほくは、薬王院に寄りたいのと、リフトを使って下山したいので、3号路経由のルートをとりました。

DSCF0748.JPG

登山道のわきに群生していたスミレ。
今の時期、本当にきれいですね。



10. 薬王院(14:43)

DSCF0750.JPG

高尾山の有名な寺院、薬王院
昨年訪れた時に御朱印も頂きました。

DSCF0751.JPG

お堂の彫刻はかなり精細で立派です。

薬王院を抜けて下山を続けると、ついにお目当てのリフト乗り場へ。
一度、下山の時にこのリフトに乗ってみたかったんですよね。
山麓まで12分ほどで、お値段は470円。

DSCF0752.JPG

景色は、想像していた通り雄大できれいでした!
山登りで下山するときに、リフトやロープウェーなどを使うのは結構好きです。



11. 高尾山山麓(15:38)

IMG_2031.JPG

旅の終りの高尾山山麓駅。
ここから京王電鉄高尾山口駅までは歩いてすぐです。

DSCF0759.JPG

桜が咲いていました。



【感想】

春になり、暖かくなってくるとなんだか山に行きたくなります。
雪を踏み分けたり、寒いのは苦手なので、気軽に行ける低山へ。
去年と同じように、今年もまた高尾山を訪れることになりました。

去年は高尾山のみをピストンしたので、今年はちょっとひねって他の山からの縦走ルート。
陣馬山からの縦走も魅力的でしたが、ゆっくりと散策しながら花も見たかったので、もう少し近い景信山からの縦走にしました。
かなり楽しめました。

山の中はまだまだ寒いようですが、それでも春の息吹が感じられる植物も増えてきており、登山道の両側に目を凝らすといろんな花が見つかります。
きょろきょろしながら山道を歩いていました。

それにしても高尾山というのはすごいですね。
トイレは綺麗だし水洗だし。
高尾山山頂すぐ下の大きなトイレなど、入った瞬間に「ウソだろ」と思うぐらいきれいでした。
助かりますね、いろいろと。

2年連続、春に訪れているので、次は季節を変えてまた登りに来ようと思います。



【花】

景信山から高尾山で見かけた植物です。

DSCF0710.JPG

スミレ

DSCF0711.JPG

アオキ

DSCF0725.JPG

ミツマタ

DSCF0739.JPG

コブシ

DSCF0741.JPG

キブシ

DSCF0743.JPG

アセビ

【関連記事】
  ◆【御朱印】 高尾山 薬王院 有喜寺 @東京都

記事が良かったら、クリック投票をお願いします
ブログランキングならblogram

  ◆【登山】 登山記録一覧
  ◆登山記事一覧

高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図
守屋益男(日本勤労者山岳連盟顧問)

奥多摩東部登山詳細図 御岳山・大岳山・御前山・浅間嶺全58コース 東丹沢登山詳細図 山と高原地図 23.奥多摩 2013 山と高原地図 28.丹沢 2013 山と高原地図 27.高尾・陣馬 2013



山登りのログ記録には、iPhoneのGPS-Trkというアプリを使っています。

20101019_app.JPGこちらからダウンロードできます。
GPS-Trk 2 - hc-eng

電波が届かない所でもGPSでしっかりログを取ってくれますし、この記事で掲載したように写真とポイントを連動できたり、高度グラフを表示できたりもします。
また、GPSログをエクスポートしてGoogleマップに取り込むと、冒頭のようにGoogleマップでルートを表示できたりとかなり高機能!

さらにログを取り込んだGoogleマップをGoogle Earthに切り替えると・・・

20120519_nantaisan_earth.jpg

こんなふうに、自分の登山ルートを3Dで見ることもできます!
自分の山行を記録し、あとから見て楽しむにはとてもお薦めのアプリです。
posted by o(^0^)o ほくほく at 17:07 | Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。