経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計11/1(金)11/1(金)11/6(水)
政策金利11/5(火)11/13(水)
GDP11/11(月)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年04月29日

【御朱印】 元興寺 @奈良県

元興寺 御朱印
元興寺
〒630-8392
奈良県奈良市中院町11
TEL:0742-23-1377
HP:元興寺HPウィキペディア
拝観料:400円
元興寺 御朱印 西国薬師
西国四十九薬師 第5番札所

0290-103.jpg

【関連霊場等】
  ◆【御朱印マップ】 西国薬師四十九霊場 @近畿地方
  ◆【御朱印マップ】 南都七大寺 @奈良県
  ◆【世界遺産】 日本の世界遺産

御朱印マップ御朱印集めが楽しくなるiPhoneアプリ御朱印マップを公開しています。
ダウンロードはこちらからどうぞ。


興福寺の北円堂特別公開を拝観した後は、のどかな奈良まちを南へお散歩。
見えてくるのは、世界遺産の元興寺です。

0290-102.jpg

境内の入り口に、世界遺産の石碑がたてられています。

さてこの元興寺、飛鳥寺を起源とするようで、昔はものすごい広さの境内だったようです。
余談ですが、ここから南にも五重塔跡があります。

この本堂の方も、国宝重文のオンパレードでした。

0290-101.jpg

0290-201.jpg

重文 東門
この門は、鎌倉時代の建物として、雄大な気風と、すぐれた意匠をもつ四脚門である。もと東大寺西南院にあった門を、元興寺の極楽坊正門として応永十八年(1411)この場所に移築されたものである。東門の設置により極楽坊本堂を中心とする一画が元興寺旧伽藍から独立した中世寺院として再生したことをしめしている。

いきなり入り口が重文です。

そしてその奥に見えるのが、極楽坊本堂。

0290-103.jpg

0290-203.jpg

国宝 極楽坊本堂
(極楽堂または曼荼羅堂)
この堂は元興寺東室南階大坊(僧坊)の一部であり、本邦浄土六祖の第一祖である智光法師が感得した浄土曼荼羅を本尊として寄棟造に大改築された極楽坊本堂である。極楽堂、曼荼羅堂とも呼ばれ、智光の住房が前身という。古来浄土発祥の聖堂として名高く、内部柱に念仏講の寄進文がある。堂の外観は寛元二年(1244)改修時の姿であるが、内陣に奈良時代僧房の身舎部を残し、西流れの屋根に見る行基葺古瓦は当寺の前身飛鳥寺から移築の際に運ばれたものである。

さすが奈良!
国宝が野ざらしで建っています。
しかも中に入れるので、ほくほくはこの中で一休みしながら、ノートにメモを書いたりしていました。

のんびりできるのが奈良のいいところ。

先ほどの立て看板にある、行基葺古瓦というのはこれです。

0290-104.jpg

この瓦が、飛鳥寺から移築されたもの、すなわち飛鳥時代のものなのだとか。
日本最古なのだそうです。

ちなみに上の写真の左側に移っているのは、これまた国宝の建物。

0290-204.jpg

国宝 極楽坊禅室
(僧坊)
この堂は、元興寺東室南階大坊の四房分が残った僧坊で、禅室とも呼ばれ、念仏道場として著名であった。鎌倉時代に改築され大仏様式の手法を軒廻りによく残している。主要な構造部材及び礎石は奈良時代の創建当初のものが残り今も用いられている。
奈良時代の官大寺僧坊遺構を伝え、内部の間取りに奈良―鎌倉時代僧坊のおもかげをよく残す貴重なものである。本堂と同様に南流れの屋根の一部に行基葺古瓦が残る。古瓦には最古の丸瓦、平瓦を含め飛鳥時代から奈良時代のものも伝世している。

うん、難しいけど、なんかすごそう。
詳しくはパンフレットにも書いてあります。

【パンフレット】

0290-301.jpg

0290-302.jpg

0290-303.jpg

0290-304.jpg

0290-305.jpg

0290-306.jpg

さて、肝心の御朱印は、東門横の拝観受付で頂くことができます。
拝観前に御朱印帳を預けて、帰りに受け取る形。

見本が2種類あったので、2種類とも頂くことにしました。

0290.jpg

こちらが、元興寺の御朱印。

それからこちらは、西国薬師の御朱印です。

0291.jpg

ちなみに御朱印代は、普通より高めの500円です。
世界遺産だからかな〜

また、拝観受付には元興寺オリジナルの御朱印帳もありました。

0290-105.jpg

大きさは12.5cm × 18.5cm の大きいサイズ。
お値段は1,000円でした。

今回再び興福寺を参拝し、また新たに元興寺を訪れ、南都七大寺もだいぶ巡拝が進みました。
この後は、ちょっと電車で移動して、西大寺に行きたいと思います。


より大きな地図で ●【御朱印マップ】南都七大寺(近畿地方>奈良県) を表示

関連記事

  ◆【御朱印マップ】 西国薬師四十九霊場 @近畿地方
  ◆【御朱印マップ】 南都七大寺 @奈良県
  ◆【御朱印帳】 東山 慈照寺 (銀閣寺) @京都府
  ◆【世界遺産】 日本の世界遺産

記事が良かったら、クリック投票をお願いします
ブログランキングならblogram

  ◆御朱印とは
  ◆御朱印一覧
  ◆御朱印帳一覧
  ◆御朱印マップ一覧

大和の古寺〈3〉元興寺・元興寺極楽坊・般若寺・十輪院大和の古寺〈3〉元興寺・元興寺極楽坊・般若寺・十輪院
岡本 茂男 米田 太三郎 渡辺 義雄 矢沢 邑一 鈴木 嘉吉

大和の古寺〈7〉浄瑠璃寺・岩船寺・海住山寺 大和の古寺〈4〉新薬師寺・白毫寺・円成寺・大安寺 大和の古寺〈6〉室生寺 大和の古寺〈1〉中宮寺・法輪寺・法起寺 大和の古寺〈5〉秋篠寺・法華寺・海龍王寺・不退寺

posted by o(^0^)o ほくほく at 15:00 | Comment(0) | 御朱印◆御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。