経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計6/28(金)7/5(金)
政策金利7/2(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2014年02月19日

イギリスの雇用統計は・・・おしい!!

header_40

【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆ITIL V3 Foundation 試験に合格しました!

再び、この記事に注目が集まりました。
参考問題を載せているからでしょうかね?
ご覧頂いている皆様、合格されると良いですね。

こんにちは、ほくほくです。

ちょっと、何かに憑かれているのかな?
最近、問題が良く生じます。

お祓いしようかな・・・

それはさておき、今日発表されたイギリスの雇用統計なのですが・・・惜しい!!

英失業率、10月─12月は7.2% 予想上回る

 英国立統計局(ONS)によると、国際労働機関(ILO)ベースでみた2013年10─12月の3カ月間の失業率は7.2%となり、予想の7.1%を上回ったほか、9―11月の7.1%も上回った。利上げを急ぐ必要はないというイングランド銀行(英中銀、BOE)のメッセージを裏付ける形となった。

 BOEは12日、昨年8月に採用した金融政策の先行き指針を示すフォワード・ガイダンスの修正を発表。これまで失業率が7%に下がるまで低金利政策を続ける方針を示していたが、今後は経済の余剰生産能力に関する幅広い指標を注視すると表明した。
 失業率の上昇は、景気刺激策を中止する前に、景気回復が定着しているかどうかを確認できるまで、BOEが政策金利を現在の歴史的低水準に据え置くとの期待につながる可能性がある。

 ONSによると、1月の失業者数は2万7600人減少。減少幅は予想の2万人を上回った。
 2013年10─12月のボーナスを除く週間平均賃金は前年同期比1.0%増加し、上昇率は1月のインフレ率の1.9%を下回ったほか、4年間で初めてBOEの目標値を下回った。
2014/02/19 19:36 ロイター

最近好調なイギリス経済ですが、今回発表の雇用統計は、少し減速を表す内容になりました。

このまま好調な数字が出続けてどーん!と利上げ、みたいな、そんな動きも楽しみにしていましたが、やっぱりそうはいきませんね。
ある意味、健全な休止とも言えるでしょう。

そうは言っても、イギリス経済が好調なことに変わりはなさそうです。
今年の動きが楽しみですね。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、それでは本日のFX運用成績です。

20140219_fx.jpg

本日の収入は 404 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,822,808 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(5,932,478円)
+スワップ(30,330円)
+出金額合計(360,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(3,500,000円)

今日は少な目の利益でした。

さてさてさて〜、忙しくて眠くもあるのですが、一方で読みたい本もあって・・・
これからお風呂入って、その後にゆっくり読むことにします。

明日の朝、起きられるかな?

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:51 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。