経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計8/30(金)9/6(金)
政策金利9/3(火)
GDP9/9(月)9/4(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2015年01月15日

オーストラリアの12月失業率は6.1%。大幅改善

header_28

こんにちは、ほくほくです。

本日発表されたオーストラリアの12月雇用統計。
かなり良かった模様です。

豪就業者数、12月は予想大幅に上回る増加 失業率は6.1%に低下

オーストラリア連邦統計局が発表した12月の雇用統計によると、就業者数は前月比3万7400人増加した。失業率は6.1%で、4カ月ぶり低水準となった。

ロイターがまとめた市場予想は、就業者数が3800人増、失業率は6.3%だった。

就業者の内訳は、フルタイムが4万1600人増、パートタイムが4100人減。

労働参加率は64.8%。


昨年は雇用統計をめぐる複数の問題が浮上しており、単月の統計の強弱を深読みし過ぎないよう、投資家の間で慎重姿勢が広がった。

コモンウェルス銀行のチーフエコノミスト、マイケル・ブライス氏は「増加度合いを考えると、信頼性に再び疑問符が付くだろう」と述べる一方、「フルタイムが増加したことが就業者数増につながった。労働参加率が上昇し、失業率は低下した。前向きな材料だと捉えずにはいられない」と述べた。

オーストラリア準備銀行(RBA)は2013年8月に政策金利を2.5%に引き下げた後、据え置いている。低金利環境で住宅市場が過熱するとの懸念もあり、追加利下げに傾くことはあまりなかった。

雇用需要が上向いていることが先行指標でも示されており、新聞・インターネット媒体に掲載された12月の求人広告数は、7カ月連続で増加し、2年余りで最も高い水準となった。


一方、賃金の伸びは10年強ぶりの低水準近辺で、ガソリン価格の急落とともに、インフレ鈍化の見通しを裏付けるものとなっている。

来週発表される指標では、第4・四半期のインフレ率が、RBAの目標とする2─3%のレンジを下回る水準に低下する可能性がある。
2015/01/15 11:59 ロイター

これはまた・・・すごい!
やっぱり、オーストラリア経済は回復基調ですね。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、本日のFX運用成績です。

20150115_fx.jpg

本日の収入は 3,483 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 2,092,104 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(5,937,799円)
+スワップ(28,305円)
+出金額合計(416,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(3,290,000円)

遂に獲得利益が209万円を突破しました。
今月中に210万円を達成できるか、ちょっと頑張ってみます。

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:00 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。