経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計6/7(木)6/13(木)
政策金利6/19(水)6/6(木)6/4(火)
GDP6/10(月)6/5(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2016年06月20日

イギリスの失業率はまた低下したようです

header_29

【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 八幡山 東寺 (金光明四天王教王護国寺) @京都府

世界遺産『古都京都の文化財』のランドマーク、東寺の御朱印記事です。
何種類もあって、参拝する都度少しずつもらっています。

こんにちは、ほくほくです。

今週木曜日に、注目の国民投票があるイギリス。

イギリスは今、自国の好調な経済情勢を背景に、EUからの離脱を問う動きを見せています。

そのイギリスの雇用統計、やっぱりいいですね。

2-4月の英失業率、2005年以来の低水準 賃金は予想上回る伸び

 英国立統計局(ONS)が発表した統計によると、2―4月の失業率(ILO方式)は5.0%で、2005年以来、最低を記録した。ロイターが集計した市場予想(5.1%)を下回った。

 失業者は2万人減少し167万1000人となった。一方就業者は5万5000人増加し、就業率は過去最高の74.2%に並んだ。

 英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる懸念で国内経済は第1・四半期に減速したが、労働市場はおおむね底堅さを保っている。

 2─4月はボーナスを除いた賃金が前年比2.3%上昇し、エコノミスト予想の2.1%を上回った。1─3月の伸び率は2.2%だった。

 ボーナスを含むベースでは伸び率が前年比2.0%で3月と同水準。市場予想は1.7%だった。

 4月単月ではボーナスを除く賃金が前年比2.5%上昇し3月の1.9%から加速。伸び率は昨年8月以来の大きさとなった。

 統計局は4月に新たな最低賃金を導入したことが一因と分析した。特に小売り部門への影響が大きかったと説明した。
2016/06/15 18:34 ロイター

これだけ好調だと、重しになるEUの経済は切り捨てたくなりますかね。
でも、相場に予想外の動きが出そうなので、あまり離脱してほしくはないな〜

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

それでは、本日のFX運用成績です。

20160620_fx.jpg

本日の収入は 1,397 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 2,627,906 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(7,171,969円)
+スワップ(82,937円)
+出金額合計(523,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(4,150,000円)

週明けの今日は、しっかりと利益が出てくれました。

さて、今週は木曜日の相場に注目していきましょう!

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 21:48 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。