経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計7/30(火)8/2(金)8/6(火)
政策金利8/1(木)8/6(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2016年07月22日

イギリスは相変わらず好調ですね

header_10

【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 金龍山 伝法院 浅草寺 (浅草観音) @東京都

浅草の名所、浅草寺の御朱印記事です。
関東ではかなり達筆の部類に入る素晴らしい御朱印!
全部欲しくなりますね。

こんにちは、ほくほくです。

EU離脱を決めたイギリス。
その背景は、自国の好調な経済情勢です。

今回の雇用統計も、その好調さを裏付ける結果となりました。

3−5月の失業率が低下−2005年以来初の5%割れ

 欧州連合 (EU)残留・離脱を問う国民投票を実施する前の英国では、雇用市場の堅調が続いていた。3−5月の失業率は低下し、就業者数は過去最多を記録した。

 英政府統計局(ONS)が20日発表した雇用統計によると、3−5月の失業率は4.9%と、2005年7−9月以来の低水準。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では2−4月と同じ5%が見込まれていた。就業者数は17万6000人増の3170万人で過去最多となり、増加数は年初来で最大に上った。

 だが、賃金上昇圧力に関しては異なる様相を示し、賃金(ボーナスを除く) の上昇率は2.2%と、エコノミスト予想に反して2−4月の2.3%を下回った。賞与を含めた賃金は2.3%上昇と、伸び率は2−4月の2%から加速した。

 今回の統計データは6月23日の国民投票前に集計されたことから、英EU離脱選択の影響を反映していない。投票結果を受けて消費者信頼感と企業景況感は悪化しており、イングランド銀行(英中央銀行)当局者らは追加刺激策が必要かどうかを協議している。

 6月の失業保険申請件数は400件増加で、これに基づく失業率は2.2%となった。5月は1万2200件増と、これまでの400件減から改定された。
2016/07/20 18:40 Bloomberg

いいですね〜、イギリス経済。
この好調さを、EUにも波及させてほしかったな。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

それでは、本日のFX運用成績です。

20160722_fx.jpg

本日の収入は 777 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 2,695,249 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(7,278,016円)
+スワップ(86,233円)
+出金額合計(531,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(4,200,000円)

今日の利益はトリプルセブン!
なんかいいことありそうです。

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:11 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。