経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計10/1(火)
政策金利10/1(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2019年10月08日

EUは金融緩和策拡大

#木曾駒ヶ岳 #登山 #長野県 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 生田神社 @兵庫県

神戸の生田神社の御朱印です。
綺麗な御朱印帳がありました。

こんにちは、ほくほくです。

EUは史上最低金利を維持していますが、金融政策そのものは緩和させたようです。

欧州中央銀行、量的緩和再開へ マイナス金利拡大も決定

 欧州中央銀行(ECB)は12日の理事会で、昨年12月に終えた量的緩和政策の再開を決めた。11月から国債などを毎月200億ユーロ(約2兆3800億円)規模で新たに買い入れて市場にお金を流し、企業などが借りやすくする。米中貿易摩擦などでユーロ圏経済は減速感が強まっており、景気を刺激するねらいだ。

 ユーロ圏19カ国の民間銀行が余ったお金をECBに預ける際にかける金利を、今のマイナス0・40%からマイナス0・50%に拡大することも決めた。マイナス幅拡大は2016年3月以来、3年半ぶり。拡大すれば、民間銀行はECBにお金を預けるほど、より多くの手数料を取られる。損をすることになるため、より積極的に企業へお金を貸し出す動機づけとなる。

 政策金利の「先行きの指針(フォワードガイダンス)」も見直した。現行の緩和状態が続く期間を「少なくとも20年前半まで」から「インフレ率が目安の2%弱に達するまで」に変え、長期化する可能性を示唆。ドラギ総裁は会見で「ユーロ圏が景気後退に入る可能性はまだ小さいが、高まっている」と述べた。
2019/09/12 23:32 朝日新聞

それでも、まだ景気後退には至っていないようです。
よかった。

20191008_fx.jpg

本日の収入は 1,271 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 3,538,405 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(9,812,839円)
+スワップ(318,566円)
+出金額合計(707,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(6,300,000円)

週明けの今日は、しっかり利益が出てくれています。
ありがたいありがたい。

それでは、今週も頑張りましょう!

posted by o(^0^)o ほくほく at 22:43 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。