経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計6/28(金)7/5(金)
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2007年12月08日

ポートフォリオとは B

クリック&応援、お願いします!⇒にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

さて、今回は、ポートフォリオの効果について。


資産はポートフォリオを組みましょう

よく言われる言葉です。

あるいは、

卵を一つのバスケットに入れるな

なんていうのもありますね。


本当にそうでしょうか

これが今回のトピックです。


よくある説明、あれが微妙に理解できないのです。

例えば、こんな説明。
Aという株に100%投資している時、その株が50%下落すると50%の損失になってしまいます。
でも、Aという株と逆の値動きをする銘柄Bにも半分投資すると、Aが50%下落してもBが25%上昇するので、ポートフォリオとしては25%の損失に抑えられます。

だからポートフォリオを組む意味があるということなのですが、ちょっと待った!

じゃあ逆に、Aが50%値上がりした時はBが25%値下がりしてしまうので、儲けは25%にしかならないのでは?

単純に考えると、これはリスクを分散した分、リターンを下げる投資方法でしかないわけです。
リスク半分のかわりにリターンも半分。
それが上記説明の例です。

株式と債券の組み合わせの説明も似たようなもの。
株式と債券の値動きは逆相関(要するに逆の動き)なので、分散投資することによりリスクが抑えられます。

でもそれって、リターンも抑えられるということなんですよね。
つまり、分散投資とは、リターンを抑える投資方法とも言えるわけです。

では、ポートフォリオを組む意味はないのか

散々話をふって申し訳ないのですが、

ポートフォリオを組む意味はあります。


厳密に言うと、ポートフォリオを組むと、リターンは減少するが、リスクはより減少する ということが理論的に証明されています。
これがポートフォリオ理論とよばれるものです。
ポートフォリオ理論(Portfolio theory)

一般的に、モダンポートフォリオ理論のことをポートフォリオ理論と呼んでいる。最適なリスク管理を数学的に分析する為の考え方。

リスクとリターンのトレードオフのなかで、「どのような選択をおこなうべきか」、「どのようにリスク管理をおこなうのか」、「そのコストをどのように評価するのか」ということなどを示すものである。
野村證券 証券用語解説集

このポートフォリオ理論。
内容は別の機会に譲るとして、一時かなり学会ではやりました。
なんせ、お金を儲けるための理論ですから。

かなりはやり、そして理論が進歩し、ノーベル経済学賞を受賞する研究者も出ました。
以前破綻した、LTCMのロバート・マートン博士とマイロン・ショールズ博士もそうでしたね。

参考までに、この記事の末尾に、近年のノーベル経済学賞受賞者を載せておきます。


◆過去の関連記事

 ●ポートフォリオとは @
  http://hokuhoku-portfolio.seesaa.net/article/62784175.html

 ●ポートフォリオとは A
  http://hokuhoku-portfolio.seesaa.net/article/62789499.html

参考になりましたら応援お願いします ⇒ にほんブログ村


ノーベル経済学賞受賞者一覧
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:59 | Comment(6) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする