経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計4/26(木)5/6(金)5/4(水)
政策金利5/5(木)5/5(木)5/3(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2009年07月21日

米国の景気回復は先延ばしの可能性

header_18

こんにちは、ほくほくです。

住宅価格の上昇など、回復傾向が見える米国経済。
ですが今日は、気になる記事を見つけてしまいました。

賃金デフレの可能性、米国の景気回復に影

 米連邦準備理事会(FRB)当局者はこのところ、経済について明るい見方を強めているが、依然として弱い労働市場と、賃金デフレの可能性が、景気回復に影を落としている。
 景気回復に雇用が伴わず、賃金も低下すれば、経済をめぐる暗いムードがあらためて広がる可能性がある。少なくとも、実質賃金が低下すれば、消費主導による景気回復はより厳しい情勢となるとみられている。
 政策当局者は、FRBの積極的な金融政策と大規模な景気刺激策は効果が上がっており、景気が転換する日も近いとの見方を維持している。
 しかし景気の回復は、消費支出が増加するかどうかにかかっている。
 フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は、2010年半ば以降も、ゼロ─0.25%に据え置かれる可能性がある、とみられている。
 サンフランシスコ地区連銀のイエレン総裁は、最近行った講演のなかで「賃金の伸びはかなり鈍化し、賃下げも一般的に行われている」と指摘。
「失業率がすでに高く、今後も上昇するとみられるなか、賃金と物価の下振れ圧力は続き、強まる可能性がある」との見方を示している。
 賃金および給与は、米国民の個人所得全体の半分以上を占めている。
 ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジャン・ハチュース氏はリサーチノートで、賃金が低下すれば「米家計は、支出の伸びに下押し圧力をかけずに、貯蓄を増やすことが難しくなる」と指摘している。
 消費が減退すれば、リセッション(景気後退)からの脱却につながる望ましい在庫サイクルが反転するという、最悪のシナリオもありうる。
2009/07/21 18:11 ロイター

米国の政策金利、2010年半ば以降も0.25%という話です。

困りますね。
ドルキャリートレードの流れを止めてもらわないと。

米ドルへの投資は、今は控えた方がいいかもしれません。

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)
資産運用の参考にどうぞexclamation にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪
ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

★★★ 続きを読む ★★★
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:46 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする