経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計4/30(金)5/5(水)
政策金利5/6(木)5/4(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2011年08月19日

ブログアクセス34万HIT!相場は膠着。政策催促?

header_22

こんにちは、ほくほくです。

今、本業のプロジェクトが佳境を迎えており、昨日は仕事がかなり忙しかったのでブログ更新をサボってしまいました。(^_^;)

ということで、今日は2日分の更新になるわけですが・・・

しまった!
いつの間にか過ぎていました。

20110819_HIT.jpg

ブログアクセスがついに34万HITを突破しました!

やった〜

って、本当は昨日達成していたんですね。
確認できませんでした。

いつもブログにお越し頂いている皆様、ありがとうございます。


このブログは、私のFXの運用成績を日々公開しているブログです。

また、その私の運用方法をo(^0^)o ほくほくFXという情報商材として販売しているため、その商材の検証・実証も兼ねています。

さらに、そのo(^0^)o ほくほくFXのユーザーさんからも運用成績を頂いたりしているので、ユーザーさんの運用成績も一部公開したりしています。

その他、私が気になる経済ニュースや経済指標も紹介しています。

要するに、ほくほくのやりたい放題なブログな訳ですが、資産運用もブログ運用もまだまだ頑張っていきますので、今後もどうぞよろしくお願いします。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、8月も下旬になりつつありますが、ユーザーさんの7月までの運用成績が続々と集まってきていますので、ここでひとつ紹介しましょう。

今日ご紹介するのは、o(^0^)o ほくほくFXの運用が2年を超えた東京都品川区のEdgeさんです。

ユーザーさんには購入特典としてこのEdgeさんのポジショニングなどを詳細に記載した追加マニュアルを無料でお配りしているので、ある意味有名なEdgeさん。

ご自分のブログでも運用成績を公開されています。

  ◆10万円からはじめるFXシステムトレード

そのEdgeさんの運用成績はこちら。

20110819_pf_edge_table.jpg

10万円からはじめるということなのですが、資産規模はすでに110万円を突破しているんですよね〜
すごいです。

運用を長く続ければ、資産はどんどん殖えていくという証左ですね。

20110819_pf_edge_graph.jpg

こちらが、今までのEdgeさんの運用成績をグラフ化したもの。

確定損益を表す赤いグラフの伸びが素晴らしい!

そしてEdgeさんの運用の特徴は、毎月3万円ずつ追加入金しているということ。
そうすることによって、元手が少なくても、毎月無理なく少しずつ資金を追加し、10万円が2年で110万円に。

この運用方法、ほくほくも見習って今月から毎月追加入金することにしてみました。

Edgeさんのようにほくほくも頑張ります。

Edgeさん、今月も頑張って下さいね!

にほんブログ村 為替ブログへ ランキングクリック&応援、よろしくお願いします にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

それでは最後に、本日の運用成績です。

20110819_fx.jpg

本日の収入は 1,653 円でした〜!

・・・ではなくて、これは昨日と今日の2日分の収入です。
この2日間、相場がかなり膠着してほとんど利益が出ませんでした。

◆ 現在の獲得利益 = 906,031 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,267,791円)
+スワップ(16,240円)
+出金額合計(172,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,550,000円)

そういえば水曜日の記事に「今週も、もう十分というくらい利益を稼げています。」と書いたのですが、本当にその後利益が出なくなってしまいました(汗)

余計なこと、言ってしまいましたかね?

ちなみに、今日はこんな記事を見つけました。

市場心理崩れ再び世界同時株安、政策催促相場の様相強める

 軟弱な市場センチメントがさらに悪化、相次いだネガティブ材料に再び世界同時株安となった。米経済や金融システムへの不安が強く、バリュエーションの低下にも押し目買いがほとんど入らないという。

 投資家はリスク回避を加速させ、日米の金利はさらに低下。金価格は最高値を更新し、原油価格は急落した。悲観に大きく傾いた市場心理を反転させるような政策対応を求める催促相場の様相が強まりつつある。

  <入らない押し目買い>

 「押し目買いがほとんど入らない」とある大手証券トレーダーは嘆く。

 株価が急落すれば、予想株価収益率(PER)などのバリュエーションは割安になる。景気悪化や企業収益の減少を織り込む水準まで物価が下落すれば、その後の回復を期待した買いが少しずつ入ってくるのが通常のパターンだ。しかし、今回はまだ「国内年金や生損保など、いつもなら下値を買う主体がほとんど動かない」という。海外経済への不安がバイサイドの手を止めている。

 ダウが一時500ドル以上の下落となった18日の米株市場でも「これだけ急落すれば、経済の年後半急回復ストーリーなど押し目買いのチャンスを模索する動きが出るものだが、今回はほとんどない」(外資系証券トレーダー)との声が出ていた。

 米ウォールストリート・ジャーナルが、欧州債務危機が米金融システムに波及する可能性への懸念から、米連邦準備理事会(FRB)が欧州の銀行の米国部門に対する監視を強めていると報じたことをきっかけに欧州株が下落。さらに8月米フィラデルフィア地区連銀製造業業況指数がマイナス30.7と、2009年3月以来の水準に落ち込んだことで米株下落に拍車がかかった。もともと軟弱だった市場センチメントが米経済と金融システムへの不安を加速させ、一巡していたリスク回避の動きを再び強めている。金価格は過去最高値の1オンス1800ドル台に上昇。世界的な景気減速への懸念は原油価格を押し下げた。

 外需鈍化への懸念から日経平均は3日続落。一時200円を超える下げとなり、8月9日以来となる8800円割れとなった。徐々に下げ渋ったが「買い戻しが入ったわけではなく、売りが一巡しただけ」(大手証券)という。前場の東証1部騰落数は、値上がり168銘柄に対し値下がり1407銘柄とほぼ全面安。輸出株だけでなく、グリー<3632.T>やディー・エヌ・エー<2432.T>など比較的堅調だった内需株まで売りが波及している。

 市場心理の悪化が止まらないことから、政策対応を求める声も出始めている。

 三井住友海上きらめき生命保険・経理財務部部長の堀川真一氏は、先進各国とも政府の財政政策に手詰まり感があるなか、追加金融緩和に向けた催促相場の様相を強めていると指摘。「日銀も急激に円高・株安が進行すれば、追加緩和を迫られる可能性も否定できない」と述べている。

  <リスクオフ局面でのドルと円の「力関係」に変化も> 

 リスク回避の避難通貨としてドルと円がともに買われたことで、ドル/円としては狭いレンジでの推移となったが、ドルと円の「力関係」に微妙な変化が表れているとの指摘もある。これまでは株安でリスク回避ムード高まると、ドルと円が同時に買われるという流れが定着していたが、ドルの強さに陰りが見えるという。

 JPモルガン・チェース銀行のチーフFXストラテジスト棚瀬順哉氏は「このところの米株の下落幅との比較で、ドルの実効レートでの上昇は小幅にとどまっており、ドルの地合いは強くないと言える。投資家のリスク回避姿勢が強まる状況下では、円がドルより強くなる結果、ドル/円が下落する余地が広がっている」との見方を示している。

 政策対応への期待感から米国債市場では思惑的な動きも出た。きょうニューヨーク時間午後5時からFRBが緊急会合を実施するとの憶測が広がったという。市場では「うわさが出てからじわじわと米国債が買われている。うわさの真偽は分からないが、株安でQE3(量的緩和第3弾)催促相場になっている」(証券会社)との指摘があった。

 <日米で金利が急低下>

 リスク回避の一方で「質への逃避」が加速しており、日米で金利はさらに低下。米10年債利回りは一時2%を割り込んだ。円債市場では10年債利回りは0.970%、5年債利回りは0.305%と、いずれも約9カ月ぶりの水準まで低下している。

 昨年はジャクソンホールでのバーナンキFRB議長の追加金融緩和示唆などで9月の米株は記録的な上昇となったが、今年は「景気浮揚につながる政策を打ち出すことは難しい」(JPモルガン証券チーフ債券ストラテジストの山脇貴史氏)との見方が多い。

 7月の米卸売物価指数(PPI)に続き7月米消費者物価指数(CPI)も上昇が続き、デフレリスクが懸念されていた昨年とは状況が異なる。米政府債務引き上げ問題がこじれ、財政政策も容易ではない。

 山脇氏は「欧州も混乱が続いており、市場センチメントが回復するまでには相応の時間がかかるのではないか。 円債利回りの推移は欧米金利に対して出遅れているが、市場の動きは想定よりもはるかに速く、リスク性資産のさらなるアンワインドにつながる可能性が高まった。長期金利は0.8%台での推移が視野に入った」と述べている。

 <下期の景気回復期待見通しは崩れずとの声も>

 ただ、前週からの株価の乱高下には多少の違和感を覚える市場関係者も少なくない。「アルゴリズム取引やヘッジファンドのアンワインドが、相場の変動を増幅させている可能性がある」(国内投信ストラテジスト)という。「速度は鈍化する見通しだが、下期以降の景気回復シナリオが崩れたわけではない」(外資系証券エコノミスト)。

 円債市場でも、きょうは高値警戒感から長期ゾーンでは利益確定売りの動きも目立った。市場では「米債市場は明らかにオーバーシュート。10年2%割れは一時的なものにとどまるだろう」(国内証券)との声も出ている。「株安が進めば、円債の利益確定売りが出てくることもあり得る。長期金利は0.9%台後半で上値が重くなる可能性がある」(SMBC日興証券マーケットアナリストの土井俊祐氏)として、金利低下余地は限られるとの指摘もあった。

 みずほ証券マーケットエコノミストの土山直樹氏は米経済がそれほど悪化しているとはみていない。「確かに経済指標は悪化しているが、基本的にはサーベイデータだけが悪化していて、ハード系データ、例えば鉱工業生産は良かったし、7月の米CPIも前月比0.5%上昇と、従来のインフレ傾向が転換しているわけでもない」という。

 原油価格の低下にともなうガソリン価格下落は、今年前半に米消費を圧迫していた要因を1つ取り除くことになるほか、金利低下は経済にとって総じてプラスだ。株安による逆資産効果は懸念されるものの、景気循環をもたらす他の要因は強まっている。
2011/08/19 15:06 ロイター

長いですが、要は市場の方向性が見えないということのようです。

でも、ずっと停滞する相場ってないと思うんですよ。
今は固まっていても、いずれ溶けて動き出す。

なので、目先のことはあまり気にせず、長期的に運用を続けていきたいと思います。

・・・長期的に運用するので、運用作業自体はあまり手間をかけずに。
これ、大事です。


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

2011年08月17日

英経済も減速。円最高値更新は必至!?

header_21

こんにちは、ほくほくです。

今日はまず、イギリスの雇用統計発表の内容を見てみましょう。

7月英失業者数は前月比+3.71万人、失業率は4.9%に上昇=国立統計局

 英国立統計局(ONS)が17日発表した7月の失業者数は前月比3万7100人と急増した。増加幅は市場予想(2万人)を上回った。
2011/08/17 18:25 ロイター

短い記事ですが、失業者数は2009年5月以来の大幅増加。
失業率は2010年2月以来の高水準だそうです。

今、イギリスでは暴動がおこったりしていますもんね。
その原因の一つが、高い失業率。
特に若年層の失業率が高いそうです。

そんな状況だと、若者は将来に希望を見出すのが難しくなってしまいますね。
鬱憤が溜まるのも分かるような気がします。

翻って我が日本は・・・

・・・

将来の希望は、自分で見出すことにしましょう!

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

その日本。

こんな記事がありました。

円、最高値突破は必至 エコノミストアンケート

 円高の進行が日本経済に重くのしかかっている。
 フジサンケイビジネスアイがエコノミスト14人に実施したアンケートでは、ほぼ全員が戦後最高値の1ドル=76円25銭突破を必至とみており、過半数の8人が2011年の日本の国内総生産(GDP)成長率がマイナスになると予測した。円高は、欧米の財政懸念が続く限り反転する期待が薄く、震災の最悪期から緩やかな回復軌道に乗りつつある日本経済の足を引っ張るとの見方が強まっている。
2011/08/17 08:15 フジサンケイ ビジネスアイ

うーん、確かに今の76円台後半から77円台で停滞する米ドル円相場を見ていると、過去最高値突破はかなりありそう。

最高値を突破したとして、そのあとどうなるでしょうか?

ずっとその水準で推移するとは、ちょっと考えにくいです。

そうすると、おそらくまた値をもどすのかなーと。
そうした時に儲かるようなポジショニングをとればよいのだと思っています。

ということで、暗いニュースが多いですが頑張りましょ。

にほんブログ村 為替ブログへ ランキングクリック&応援、よろしくお願いします にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

それでは最後に、本日の運用成績。

20110817_fx.jpg

本日の収入は 1,793 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 904,378 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,267,291円)
+スワップ(15,087円)
+出金額合計(172,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,550,000円)

今週も、もう十分というくらい利益を稼げています。

まだ週の半ばなんですけどね。
ありがたいことです。

只今、米ドルは76円40銭台。

最高値更新、あるでしょうか?


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

posted by o(^0^)o ほくほく at 22:59 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

EU圏の第2四半期は減速

header_20

こんにちは、ほくほくです。

今日はEU圏の第2四半期GDPの速報値が発表されましたので、その内容を見てみましょう。

第2四半期のユーロ圏GDP伸び率は前期比+0.2%に減速、主要国が低迷

 欧州連合(EU)統計局が16日発表した第2・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)伸び率速報値は、前期比0.2%、前年比1.7%となった。ドイツの景気低迷やフランスのゼロ成長を反映して伸び率は第1・四半期(前期比0.8%、前年比2.5%)から大きく減速し、ロイターがまとめた予想(前期比0.3%、前年比1.8%)も下回った。

 ドイツ経済が、貿易収支の悪化や消費の落ち込み、建設投資の不振を受けて低迷したことが最大の押し下げ要因だった。
 ドイツ連邦統計庁が同日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)伸び率速報値は、季節調整済み前期比で0.1%。第1・四半期の1.3%(改定値)から急低下し、2009年第1・四半期以来の低成長となった。
 フランス国立統計経済研究所(INSEE)が先週12日に発表した第2・四半期のGDP伸び率速報値は、前期比0.0%となり、市場予想(0.3%)に届かなかった。
 ドイツは、金融危機の終息以来、ユーロ圏経済のけん引役を務めてきたが、ここにきて成長に急ブレーキがかかったことで、他のユーロ圏諸国にも影響が波及する可能性がある。

 高水準の債務を抱えるギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガル、アイルランドも状況は同じ。成長が鈍いことは、財政赤字削減目標の達成が一段と困難だということを示唆している。

 16日には、スペイン、ポルトガルの第2・四半期GDPも発表された。
 スペイン統計局(INE)が発表した第2・四半期GDP速報値は、前期比0.2%。第1・四半期の0.3%から鈍化した。
 ポルトガルの第2・四半期GDP速報値は、前期比ゼロ成長、前年比は0.9%のマイナス成長となった。

 エコノミストは、世界貿易が今後数カ月にわたり減速すると予想。先行指標も先行きが思わしくないことを示している。
 EADS(EAD.PA: 株価, 企業情報, レポート)傘下のエアバス幹部は16日、世界経済の見通しについて「景気が若干悪化しても驚きはない。2008年のような状況になるかどうかはわからないが、二番底の可能性があることは確かだと思う」と述べた。
2011/08/16 19:50 ロイター

EU圏の景気が減速する傾向だとして、驚きなのはドイツ景気の減速です。

現在、ドイツはEU圏の景気けん引役。
ギリシャ、ポルトガルが財政危機を抱える中、その支援の第一候補と目されている国。

その国の景気が減速するということは、EU圏の危機が再び再燃する可能性につながります。

これは、EUはちょっと要注意ですね。
ユーロの動きにも気をつけましょう。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、今日は夕食を作っている間をぬってブログを更新しているので、ここでさくっと今日の運用成績を報告してしまいましょう。

20110816_fx.jpg

本日の収入は 1,798 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 902,585 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,265,700円)
+スワップ(14,885円)
+出金額合計(172,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,550,000円)

今日も順調でしたね〜。

8月は、月初からずっと調子が良く、だんだん今のペースに慣れてきました。

今週はまだ火曜日ですが、もう十分利益が出ているんですよね。
無理せず、じっくり運用を続けていきたいと思います。


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

posted by o(^0^)o ほくほく at 21:22 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

運用益90万円突破!!今日は日本のGDP発表。気になるあの国と比べてみる

header_19

こんにちは、ほくほくです。

来ました!

今日で、運用益がついに90万円を突破しました!!

よっしゃ〜\(^o^)/

20110815_fx.jpg

本日の収入は 2,375 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 900,787 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,264,120円)
+スワップ(14,667円)
+出金額合計(172,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,550,000円)

先月半ばに運用益85万円を達成してから、大体1ヶ月ですね。
かなり良いペース。

それもこれも、この2週間弱の相場乱高下のお陰です。

ピンチの中にチャンスあり。
そう感じる相場でした。

・・・まだ続いていますけどね。

運用の方も、まだまだ続けていきます。
2008年10月13日の運用開始時に比べ、米ドルが異常に下がっているのが痛いですけどね。
運用を始めた頃は、米ドルは100円以上ありました。

まったく、相場というのはどうなるか分からないものです。

それは、今後についても言えますね。

これからもリスクをおさえてしっかりと運用を続け、利益をどんどん積み上げていきたいと思います。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、今日は日本の第2四半期GDP速報値が発表されました。

GDP4〜6月実質1.3%減 輸出減に加えデフレ根強く 3期連続マイナス

 内閣府が15日発表した2011年4〜6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%減年率換算で1.3%減となった。マイナス成長は3期連続。東日本大震災によるサプライチェーン(供給網)の寸断で、自動車などの輸出が大幅に落ち込んだのが響いた。生活実感に近い名目GDPは1.4%減、年率で5.7%減と大きく落ち込み、デフレ圧力がなお根強いことも浮き彫りになった。

 日本経済が3期連続のマイナス成長に陥ったのは、08年4〜6月期以降の4期連続のマイナス成長以来。与謝野馨経済財政担当相は「月ごとの動きを見れば、足元では景気は持ち直している」と強調。景気は後退局面に入っていないとの認識を示した。

 前期比年率でみた4〜6月期の実質成長率は、日経グループのQUICKがまとめた民間予測中央値(マイナス2.5%)を上回った。マイナス幅も1〜3月期の3.6%から大幅に縮小し、成長率は水面下ながら持ち直し傾向にある。
2011/08/15 15:30 日本経済新聞

日本のGDPは、3四半期連続マイナス。
でも、予想よりは悪くなかったという言い回しですね。

ところで日本のGDP、一体どういう推移になっているのでしょうか。
気になったので、ちょっと調べてみました。

[世] 日本の実質GDPの推移(1980〜2011年)

こちらは、1980年から2011年(予)の日本のGDPの推移。

一見すると右肩上がりに見えますが、実は今の水準って、2000年過ぎごろと一緒なんですよね。
あまり成長していないと。

それで、同じ期間のアメリカと比べてみたのですが・・・

[世] アメリカの名目GDPの推移(1980〜2011年)

アメリカの方は、ご覧の通りかなり上昇基調。

大学生の頃、日本のGDPは大体500兆円と習いました。
アメリカは、大体750兆円。

それから15年ぐらい月日が流れ、日本は現在547兆円。
一方でアメリカは、1,000兆円を超えています。

失われた10年(20年?)、こうして数値で見ると明らかですね。

チャンスがあること。
それが国としての活力にもつながるのだと思いますが、日本はどちらかというと「やってはいけない」ことを規定する規制社会。
FXのレバレッジ規制なんかがまさにそれですね。
個人の自己責任能力以前に、制度として上限を設けてしまう思考回路が、総じて活力を失わせしめる結果になっているのだと思います。

ということで、もし社会がそんな感じだったとしても、自分が活力を失わなければ良いだけなので、これからも頑張ることにします!


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

2011年08月14日

主要国政策金利 2011年8月

header_18

こんにちは、ほくほくです。

今月は、早くも主要国の政策金利が出揃いました。

早速、2000年1月からの推移で見てみましょう。

20110814_interest.jpg

ご覧の通り、今月は各国とも変動なしです。

●日本 : 0.10%(←前月:0.10%)←前回2009年1月に利下げ:0.30%
●米国 : 0.25%(←前月:0.25%)←前回2008年12月に利下げ:1.00%
●EU : 1.50%(←前月:1.50%)←前回2011年7月に利上げ:1.25%
●英国 : 0.50%(←前月:0.50%)←前回2009年3月に利下げ:1.00%
●豪州 : 4.75%(←前月:4.75%)←前回2010年11月に利上げ:4.50%
●NZ : 2.50%(←前月:2.50%)←前回2011年3月に利下げ:3.00%

オーストラリア、ニュージーランド、EUが利上げに転じる一方で、日本、アメリカ、イギリスはもう2年以上過去最低の金利で推移しています。

さらに今月、日銀は為替介入時に更なる金融緩和姿勢を打ち出しました。

また、国債が格下げされたアメリカは、FRBが異例の2013年頃までの実質ゼロ金利維持を表明。

異例の金融緩和状態からの出口が見いだせなくなりつつあります。

利息だけに注目するのであれば、金利が低い通貨を売り、金利が高い通貨を買うのが常道。
そういう意味では、円・米ドル・ポンドは売りなんですね。

ほくほくは基本的に円売りポジション。
ポンドには手を出していません。
そして米ドルは・・・買いポジションなんですよね。

どうしましょうね。
政府と市場の攻防が続いていますが、米ドル過去最安値も更新しそうな勢いがありますし。
米ドルは、これ以上新しいポジションを構築しない方が無難ですかね。

今後、政策金利が動く時、また大きな相場変動が起きそうな気がします。

引き続き政策金利発表は注目ですね。


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

posted by o(^0^)o ほくほく at 19:19 | Comment(0) | 経済指標◆政策金利の推移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

【今週の利益】('11/08/13)13,634円

header_17

こんにちは、ほくほくです。

土曜日の今日は、今週の運用成績をご報告します。

今週のo(^0^)o ほくほくポートフォリオ13,634円の利益をあげることができました!

かなり多めの利益です。

  【先週末】
20110805_fx.jpg

down.JPG
  【今週末】
20110812_fx.jpg

その結果、現在までの獲得利益の内訳はご覧の通りとなっています。

◆ 現在の獲得利益 = 898,412 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,262,021円)
+スワップ(14,391円)
+出金額合計(172,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,550,000円)

ついに、獲得利益90万円達成が目前になってきました。
来週中には達成できそうですね。

今週も相場変動が激しく、かなり多めの利益を稼ぐことができました。

来週もこんな相場になってくれるといいですね。


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

posted by o(^0^)o ほくほく at 23:39 | Comment(0) | 資産運用◆週間運用成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

ダウがまたしても大反発。乱高下ですね

header_16

こんにちは、ほくほくです。

ダウが面白いですね〜
毎日毎日、上下に動いています。

NY株終値騰落幅、4日連続400ドル超 急反発、423ドル高

 11日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が大幅に反発した。終値は前日比423ドル37セント(3.9%)高の1万1143ドル31セント。前日の株価急落による反動に加え、米雇用指標の改善などを好感して買いが優勢になった。ダウ平均はこの日まで4営業日連続で終値の騰落幅が400ドルを超えた。今年で115周年を迎えたダウ平均算出の歴史の中で初めてという。

 取引時間中にフランスなどで空売り規制が導入されるとの報道を受け、欧州株が上昇。米市場でも前日急落していた金融株を中心に買いが入った。

 投資家のリスク回避がやや和らぎ、ニューヨーク金先物相場は反落した。取引の中心である12月物は前日比32.8ドル安の1トロイオンス1751.5ドル。

 米国債も売りに押され、指標となる米10年物国債利回りは前日比0.24%上昇(価格は下落)の2.34%で終えた。
2011/08/12 日経新聞 夕刊 1面

チャートはこんな感じです。

20110812_DJ.jpg

1日単位で上下が切り替わって大きな動き。

見ていて面白いです。

このあとどうなるかがポイントですが、それは来週になってみないと分かりませんね。

世界同時株安と言われていますが、はてさて、来週はどうなるでしょうか。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、本日の運用成績をご報告します。

20110812_fx.jpg

本日の収入は 1,298 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 898,412 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,262,021円)
+スワップ(14,391円)
+出金額合計(172,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,550,000円)

今日も順調に利益が出ました。

今週は、とにかく相場にエネルギーが満ち溢れていたので、その波に乗って利益を稼ぐことができました。
少ない労力でも、相場のエネルギーを使うと結構稼げますね。

来週もうまく波に乗りたいと思います。


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

posted by o(^0^)o ほくほく at 22:13 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

ダウが乱高下!豪経済に減速懸念?為替相場に異常が・・・

header_15

こんにちは、ほくほくです。

一昨日に過去6番目の下落を経験し、昨日は一転して大幅上昇したダウですが、今日はまた大きく下げてしまいました。
かなり乱高下の様相を呈しています。

米欧株再び大幅下落、NY519ドル安、独は5%下げ――財政懸念消えず。

 世界同時株安の動きが止まらない。財政問題の余波がフランスに及ぶとの懸念から、10日に欧州や米ニューヨーク株式相場が下落したのを受け、11日の東京株式市場でも日経平均株価が反落。2日ぶりに9000円を下回った。機関投資家は相対的に安全とされる資産への資金シフトを進めており、金先物価格はニューヨーク市場に続き、東京でも上場来の最高値を更新した。(関連記事2、3面に)
 10日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が急反落し、2010年9月23日以来ほぼ11カ月ぶりの安値で終えた。終値は前日比519ドル83セント(4・6%)安の1万0719ドル94セント。欧州の財政不安から投資心理が再び悪化し、前日の上げ幅(429ドル)をわずか1日で帳消しにした。
 オバマ米大統領は同日朝、キャメロン英首相と緊急電話協議。世界的な景気減速について意見を交わしたもようだ。オバマ大統領は米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長らとも会談した。
 この日の株安の震源は欧州。フランス国債の格付け引き下げ観測に関する報道や、ギリシャ支援に伴う銀行負担の拡大懸念から銀行株が下げを主導した。仏大手銀行株はソシエテ・ジェネラル(15%安)、クレディ・アグリコル(12%安)が急落。ドイツ株式指数DAXや仏株価指数CAC40が前日比5%を超す下げとなった。この流れを引き継ぎ、米国株にもまとまった売りが膨らんだ。
 欧州の債務問題が深刻になれば、米金融機関に影響が及ぶとの見方から米銀行株も急落。米景気減速に伴う収益への懸念も強く、バンク・オブ・アメリカ(11%安)やシティグループ(10%安)が大きく値を下げた。
 前日にはFRBが異例の超低金利を「13年半ばまで続ける」と表明、ダウ平均は大幅に反発。一本調子の株安に歯止めがかかるとの期待もあったが、この日の下げで市場の不安心理が改めて浮き彫りになった。ダウ平均は直近高値を付けた7月21日からの下げ幅が約2000ドル(約16%)に達している。
 投資家がリスク資産を敬遠する中で、金は急伸した。ニューヨーク金先物相場の終値は前日比41・3ドル高の1トロイオンス1784・3ドル。一時は1801・0ドルと初めて1800ドル台に乗せ、3日連続で過去最高値を更新した。
 米国債も買われ、指標となる米10年物国債利回りは前日比0・15%低い(価格は高い)2・10%。米景気の減速懸念で、リスク回避を目的とした買いが膨らんだ。
2011/08/11 日本経済新聞 夕刊 1面

この結果、ダウの値動きはこんな感じになっています。

20110811_DJ.jpg

上がったり下がったりです。

「世界同時株安」など、マスコミは相変わらずセンセーショナルな用語を使いたがりますが、そうはいってもこの値動きはかなりのもの。
上手くこの流れに乗りたいものですね。

その影響もあってか、米ドルの方は相変わらずの低迷具合。

ただ、今日は16時過ぎに動きがありました。

20110811_USD.jpg

今日の後半に、上に大きなヒゲが出ているローソク足が見て取れます。

この時、介入かと思ったんですけどね。
でも、一瞬かなりあげて、その後は一気にその前の水準まで下落。
結局、市場に押し戻された形となってしまいました。

介入なのかどうなのかわかりませんが、そういえば先週の介入の前に2回ほど、同じような値動きがありました。

こういう、ヒゲになる程急な値動きは、実はほくほくにとってはありがたいです。
利益を稼ぐチャンスが生まれるので。

米ドルの水準が低いのは気になりますが、とりあえずは目先の利益を稼ぎます。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、今日はオーストラリアの雇用統計発表がありました。

あまり良くない結果のようです。

7月豪失業率は8カ月ぶり高水準の5.1%、利下げ圧力増大との見方も

 オーストラリア連邦統計局が発表した7月の雇用統計は、季節調整済みの就業者数が小幅減少した。失業率は予想外に8カ月ぶり高水準の5.1%に上昇し、豪ドルは下落。市場では、利下げ圧力の増大が指摘されている。
 雇用統計発表後、豪ドルは一時0.5米セント下落した。7月の就業者数は100人減で、ロイター調査の予想1万人増を大幅に下回った。
 フルタイムの雇用は2万2200人減少し、6月の増加分の半分が失われた。

 雇用統計を受け、世界の金融市場の混乱で景気見通しが悪化し、オーストラリア準備銀行(中央銀行)は金融政策を転換して利下げを余儀なくされるとの声も聞かれた。
 マッコーリーのエコノミスト、ベンジャミン・ディント氏は「失業率は中銀も注目しており、年末までに5.5%に上昇する可能性がある。われわれは今年の利下げは考えていないが、金利リスクは引き下げに向かうことになる」と述べた。
 中銀は先週の政策決定会合で、インフレへの懸念で利上げを検討したことを明らかにしている。
2011/08/11 12:25 ロイター

今回の発表を受け、市場では利下げ観測も出てきました。
RBA自体はむしろ利上げを検討しているようなのですが・・・

どうなるんでしょうね。

今日も豪ドルは大きな動きが一部ありました。
この波にうまく乗ることができれば、相場変動を利益に繋げることができます。

頑張ります。

にほんブログ村 為替ブログへ ランキングクリック&応援、よろしくお願いします にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

それでは最後に、本日の運用成績です。

20110811_fx.jpg

本日の収入は 3,510 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 897,114 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,261,031円)
+スワップ(14,083円)
+出金額合計(172,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,550,000円)

今週は、もう文句ないぐらい儲かっています。

ありがたい限りです。
今のところ、うまく相場の流れに乗れています。

今週もあと1日ですが、その1日でも結構動きそうな気がしますね。
期待しましょう。


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

posted by o(^0^)o ほくほく at 23:24 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

菅首相が月内退陣!?世界同時株安は一服。アメリカはゼロ金利継続

header_14

こんにちは、ほくほくです。

ようやく、という感じですね。

首相、退陣の意向明言、赤字国債・再生エネ「2法案成立時」――民主、代表選へ準備

 菅直人首相は10日、自らの退陣条件に掲げていた赤字国債発行法案と再生エネルギー特別措置法案が今月下旬に成立するのにあわせて退陣する意向を固めた。同日午前の衆院決算行政監視委員会で「2法案が成立したときには私の言葉をきちんと実行に移したい」と明言した。民主、自民両党は10日の参院国会対策委員長会談で2法案を26日までに成立させる方針で一致。民主党は後任を選ぶ代表選を28日にも実施する方向で準備を進めた。
 首相は午前の決算行政委で「やるべきことはやっているという意味で残念とか悔しいという思いはない」と述べた。首相(総理)と民主党代表を別の人が担う「総代分離論」は「こちらは譲るがこちらは譲らないということはない」と否定。民主党代表選や首相指名選挙の日取りは「私の方から日程的なことを申し上げるのはあまり適切ではない」と言及を避けた。
2011/08/10 日本経済新聞 夕刊 1面

相変わらず、はっきりしたことは仰らない方ですが・・・
どうやら、今国会の会期末である今月末で退陣するようです。

昨日友達と話していて気づいたのですが、そもそも「退陣条件」ってなんか不思議ですよね。
国民の側から、継続条件が示されるのならわかるのですが。

自分が退陣するための条件を自分で決めるのって、とっても不思議。
社長は取締役会、取締役会は株主総会、一般企業ではトップを監視・選定する仕組みがあるものですが、政治にはそれがないんですねぇ。
その辺からして、すでに乖離しています。

まあでも、もし上記記事の通りになったら、今よりも新聞やテレビで政治ニュースに触れる機会が多くなりそうです。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さてさて、昨日は634ドル、史上6番目に大きな下げを見せたダウですが、今日は逆に大きく上げたようです。

世界連鎖株安が一服、NY株429ドル高、日経平均一時9100円台

 9日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が急反発した。終値は前日より429ドル92セント(4・0%)高い1万1239ドル77セント上げ幅は2009年3月以来約2年5カ月ぶりの大きさとなった。前日までの株価急落を受けて値ごろ感が強まった。午後の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明を巡り相場は大きく乱高下したが、取引終了にかけ金融緩和の長期化を見込む買いが膨らみ、世界的な株安の連鎖にひとまず歯止めがかかった。
 米連邦準備理事会(FRB)がFOMC後の声明で量的緩和第3弾(QE3)に言及せず、ダウ平均は一時前日比で200ドル超下落。その後は異例の超低金利政策を「13年半ばまで継続する」という声明の内容に注目が集まり買いが優勢になった。ダウ平均は上げ幅を600ドル以上拡大し、この日の高値圏で引けた。
 FRBが景気認識を下方修正したことを受け、米国債も買われた。指標となる米10年物国債利回りは前日比0・07%低い(価格は高い)2・25%。ニューヨーク金先物相場も一時1トロイオンス1782・5ドルまで上昇し、連日で最高値を更新した。
 米金融緩和の長期化で日米金利差が縮小するとの観測で、ニューヨーク市場の円相場は前日比80銭円高・ドル安の1ドル=76円90銭〜77円ちょうどで終えた。
2011/08/10 日本経済新聞 夕刊 1面

チャートで見ると、こんな感じです。

20110810_DJ.jpg

今日は大きく上げました。
ただ、7月下旬に12,500ドルあたりから下落し始めたことを考えると、まだまだ戻りが弱いですけどね。

ちなみに、上記記事で理由の一つとされているFRBの内容は以下の通りでした。

米FRBが少なくとも2年間低金利維持へ、追加措置も示唆

 米連邦準備理事会(FRB)は9日発表した連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、ぜい弱な景気や金融市場支援に向け、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を今後少なくとも2年間はゼロ付近に維持する方針を表明するとともに、さらなる措置を検討していることを明らかにした。
 これを受け、米国債格下げで打撃を受けていた米株市場は終盤に切り返し、急反発した。
2011/08/10 09:59 ロイター

なんと、将来2年間を見通した政策金利発表となってしまいました。

これは・・・
スワップ狙いでは、しばらく米ドルは取引できなさそうですね。

今回のような相場変動は、「2年ぶり」とか「史上6番目の大きな下落」などと報道され、その希少性が強調されたりしますが、なんだかんだいって1年に1回はあるような相場だと思っています。

なので、その理由を一生懸命探ったり、相場に悲観的になったりするよりは、そのような相場でもどうやって利益を得ることができるか、それを考えるようにしています。

なので、ダウの動きもFRBの発表も、それを受けた相場の動きを考えながら、ポジション組みを楽しむことにします。

頑張ります。

にほんブログ村 為替ブログへ ランキングクリック&応援、よろしくお願いします にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

それでは最後に、本日の運用成績です。

20110810_fx.jpg

本日の収入は 2,384 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 893,604 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,258,597円)
+スワップ(13,007円)
+出金額合計(172,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,550,000円

今日はまず、5万円の追加入金を行いました。

o(^0^)o ほくほくFXユーザーのEdgeさん(Edgeさんのブログはこちら)が毎月一定額資金を追加するような運用をしていて、それを真似してほくほくも追加入金することにしました。

とりあえず、額は毎月5万円。
無理そうだったら変えますけど、まずはこれでいってみようと思います。

現在、ほくほくは毎月の獲得利益の20%を口座から出金するようにしています。
そして今月から、毎月5万円の入金。

目標は、まずは毎月純出金になること。
すなわち、獲得利益の20%が5万円を超えることですね。

少し先の話になりそうですが、それはそれで面白い目標なので、頑張ってみます。

相場の乱高下により、今日も多めの利益。
8月はかなり順調です。

このペース、維持したいものです。


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

posted by o(^0^)o ほくほく at 23:04 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

ダウが634ドルの大安!豪ドルは3円を超える下げ

header_13

こんにちは、ほくほくです。

今日はまず、この記事を見て下さい。

<NY株>過去6番目下げ幅 634ドル安 国債格下げ影響

 8日のニューヨーク株式市場は、米国債格下げに伴う米景気への悪影響の懸念などを受けて急落、ダウ工業株30種平均は、前週末終値比634.76ドル安の1万809.85ドルと、10年10月4日(1万751.27ドル)以来、約10カ月ぶりの安値で取引を終えた。1日の下げ幅としては過去6番目の下げ幅。ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数も急落、終値は同174.72ポイント安の2357.69となった。

 米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、米国債の格下げを反映させるため、米政府系住宅金融会社2社や米国債を多く保有する保険会社5社などの格付けを相次いで引き下げた。市場では、米国債の格下げが広範な米企業の格付けに影響を与えるとの観測が広がり、午後に入ると売りが加速。大手金融株を中心にほぼ総崩れの状況になり、バンク・オブ・アメリカが20%超下落したほか、シティグループが15%安、モルガン・スタンレーも13%安と急落した。

 オバマ米大統領が声明を発表したが、景気対策への具体的な言及がなかったことなどから売り材料の一つとされた。

 投資家がリスク回避のため、格下げされたばかりの米国債を安全資産として買う動きが強まっている。長期金利の指標となる10年物米国債の利回りは前週末終値比0.22ポイント低下の2.33%(価格は上昇)と、09年1月以来、約2年7カ月ぶりの低水準。金先物価格も急上昇し、指標となる12月物は前週末終値比61.40ドル高の1オンス=1713.20ドルと、過去最高値を更新。史上初めて1700ドル台で取引を終えた。
2011/08/09 11:11 毎日新聞

ダウが、なんと634ドル安です!
久々の大下げ。
先週まで懸念されていた債務不履行が回避できたと安心したのもつかの間。
またしても大きな動きとなってしまいました。

最大の原因と目されているのが、AAA格だった米国債の格下げ。
アメリカの政府債務は、もはや日本をも超えていますからね。
格下げされてもやむをえないところではありますね。

ただ、こうした大きな下げの後にはチャンスが来るもの。
今後のダウの動きには注目ですね。


一方、ほくほくは今日は、こちらが気になっていました。

20110809_AUD.jpg

豪ドルです。

これは豪ドルの15分足2日間分のチャートなのですが、ご覧の通り非常に大きな動きになっています。

今日は80円ちょっとから始まって、一時は76円台半ばまで下げました。
その差、3円以上!

1日で3円動くのって、かなり珍しいです。

なぜこれほどまで上下するのか、良くわかりません。
一部の報道では「市場の一部に利下げ観測があるため」といった説明もされていますが、もしかしたらそうなのかもしれないし、そうでないのかもしれないし。

ほくほくは、ファンダメンタルをベースに長期的な動向を考えるのは好きですが、短期的な値動きの理由を探るのは好きではありません。
そんなヒマがあったら、その時の相場に適したポジションを組んだ方が儲かるので。

ということで、今日の豪ドルの動きは不可解ですが、今後はそれに適したポジションを組みたいと思います。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、そんな豪ドルの値動きが激しかった今日の運用成績。

20110809_fx.jpg

本日の収入は 4,023 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 891,220 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,206,599円)
+スワップ(12,621円)
+出金額合計(172,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,500,000円)

今日もまた、大きな利益が出ました。
8月始めの7営業日で、もう先月1ヵ月間並みの利益です。

相場が動く時はチャンスが眠っているもの。
うまくその波に乗りたいものですね。

明日はどんな相場になるでしょうか。
今から楽しみです。


◆このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆運用口座は1,000通貨取引無料のLionFX◆
 

◆最近気になる巷で噂のFX自動売買ソフト◆

posted by o(^0^)o ほくほく at 23:13 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする