経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計12/25(金)1/8(金)1/21(木)
政策金利1/21(木)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年06月10日

イギリスは金融政策据え置きです。

header_28

こんにちは、ほくほくです。

また1週間が始まりましたね。
今週も頑張っていきましょう。

今日はまず、先週実施されたイギリスの金融政策決定会合の結果から。

英中銀、資産買い入れ枠を3750億ポンドに据え置き 政策金利も0.5%に据え置き

イングランド銀行(英中央銀行)は6日、資産買い入れプログラムの規模を3750億ポンドに据え置いた。政策金利も過去最低の0.5%に据え置いた。

現行政策の維持は市場の予想通り。声明の発表はなかった。英国ではこのところ、景気の拡大を示す指標が相次いでいる。
今回の金融政策委員会(MPC)は、退任するキング総裁の下で開いた最後の委員会となった。来月からはカーニー前カナダ中銀総裁が総裁を務める。
キング総裁は今年2月以降、他の2人の委員とともに、資産買い入れ枠の250億ポンド拡大を主張してきたが、MPC委員(9人で構成)の大半は、景気回復の兆しを理由に追加緩和は不要との立場をとっている。

キング総裁の退任は一時代の終わりを告げる。20年のキャリアを持つキング氏は、中銀の独立性が強化された1997年以降、すべてのMPCで投票を行ってきた。
今回のMPCの議事録は6月19日に発表となる。

エコノミストの間では、カーニー新総裁が就任する7月から年末までの間に英中銀が資産買い入れプログラムの規模拡大に踏み切る確率はまだ50%程度あるとの見方が出ている。
インベステックのエコノミスト、フィリップ・ショー氏は、「国内経済が上向いているとの兆候が本物かどうか、またカーニー次期総裁が金融政策委員会をどの方向に導いて行くのかが、今後の焦点となる」と述べた。
英中銀はこれまで政策委員の反対から、金利を低水準にとどめるとの確約は示していないが、多くのエコノミストの間では、カーニー氏がこうした確約をする方向に動くとの見方が出ている。

英中銀は2009年3月から主要政策金利を過去最低となる0.5%に維持。市場では少なくとも向こう数年は利上げはないとの見方が出ている。
2013/06/06 23:18 ロイター

向こう数年は利上げはないんだそうです・・・

そうですね、イギリス経済はまだまだ・・・な感じ。
いまいち、好調だったイギリス経済というのをイメージできないので、英ポンドへの投資には踏み切れずにいます。
資金もないですし。

イギリス経済は、EU経済圏に影響を与えるという意味で、注目しています。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、それでは本日のFX運用成績です。

20130610_fx.jpg

本日の収入は 5,151 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,557,115 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(4,987,661円)
+スワップ(3,454円)
+出金額合計(306,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(2,740,000円)

今日もまた、大幅利益が出ました!
週明けから幸先がいいです。

今週も相場のダイナミックな展開に期待しましょう。

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:59 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする