経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計12/25(金)1/8(金)1/21(木)
政策金利1/21(木)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年06月12日

いよいよ日本の景気回復傾向が鮮明に

header_30

こんにちは、ほくほくです。

アベノミクス。
日本の景気に明るい兆しを見せ続けてくれています。

GDP1─3月期年率+4.1%に上方改定、設備投資と自動車在庫品が寄与=2次速報

内閣府が10日に発表した2013年1─3月期実質国内総生産(GDP)2次速報値は、1次速報値から上方改定となった。前期比(季節調整値)はプラス1.0%(1次速報値プラス0.9%)、年率換算ではプラス4.1%(1次速報値プラス3.5%)となった。上方改定の主因は民間設備投資と自動車の在庫増加。一方で、公共事業を中心とする公的需要は補正予算の成立の遅れが影響し、下方改定となった。

ロイターの事前予測調査では、中央値が前期比プラス0.9%、年率プラス3.5%で1次速報と変わらない見通しだったが、結果はこれを上回る上方改定となった。   2次速報では1─3月期法人企業統計の発表により、これまで推計値で代用していた民間企業設備と民間在庫品が補足された。設備投資は1次速報値のマイナス0.7%からマイナス0.3%に上方改定され、減少幅が縮小。昨年7─9月期のマイナス3.3%を底に落ち込みに歯止めがかかりつつある姿が鮮明となっている。  民間在庫品増加の寄与度も1次速報のマイナス0.2%からマイナス0.0%に上方改定となった。主に、自動車生産の増加に伴い、仕掛品在庫が増加したことが要因で、前向きの在庫増加と言えそうだ。

他方で下方改定されたのが公的需要。政府最終消費支出、公的資本形成のいずれも、プラス寄与ながらも伸び率は縮小した。12年度大型補正予算の成立が遅れたことによる影響が出た。その分、4─6月に大きく増加することが予想される。
外需は変わりなかった。

デフレータは、国内需要デフレータが前期比で0.0%からプラス0.1%と上方改定された。全体のデフレータは前期比マイナス0.5%で変わりなかった。
2013/06/10 09:53 ロイター

GDPの2次速報値は上方修正。
最近の日本のGDPの中ではかなり高い水準です。

こういった一連の経済指標発表の影響もあり、日本の景気は一気に回復してきているかのような気分にさせてくれます。
相場もダイナミックに動いてくれていますし。

本当に、アベノミクス様々です。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、そんな本日のFX運用成績です。

20130612_fx.jpg

本日の収入は 5,107 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,564,240 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(5,144,505円)
+スワップ(3,735円)
+出金額合計(306,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(2,890,000円)

今日も大幅利益!

きてます。
今月は月初から、一気に利益が出ています。
まだ2週目半ばなのに。

これは、今月の運用成績が非常に楽しみになってきました。

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:59 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする