2013年07月05日

5月のユーロ圏失業率は発表後に異例の修正。そして過去最悪を更新

header_05

こんにちは、ほくほくです。

今週初めにEUの雇用統計発表がありました。
そして、珍しいことに、発表後に値が訂正されました。

そんなこともあるんですね。

ユーロ圏5月失業率、12.2%と過去最悪更新 インフレ率も上昇

(発表者側の申し出により、本文第1段落のユーロ圏の5月の失業率を「12.1%」から「12.2%」に、4月の失業率を「12.0%」から「12.1%」に訂正します。第5段落のフランスの5月の失業率を「横ばい」から「10.9%に小幅上昇」に訂正します。本文末の表を訂正します)

 欧州連合(EU)統計局が1日発表した5月のユーロ圏の失業率は12.2%(訂正)で、4月の12.1%(訂正)(改定値)から上昇し、過去最悪の水準に達した。6月のユーロ圏のEU基準消費者物価指数(CPI)速報値は、前年同月比1.6%上昇し、市場予想と一致した。
 インフレ率は4月に3年ぶりの低水準である1.2%をつけたあと、2カ月連続で拡大しているが、依然として欧州中央銀行(ECB)の目標である2%弱の水準を下回っている。項目別で上昇をけん引したのは、食品・アルコール・たばこだった。
 エコノミストはインフレ率が今年いっぱいECBの目標を下回る水準にとどまり、ECBが主要政策金利を過去最低水準に据え置く余地を与える一方、欧州製造業の改善の兆しによってさらなる利下げも回避する可能性があるとみている。
 野村のエコノミスト、ニック・マシューズ氏は、「6月の上昇は主にベース効果で押し上げられた。ECBは短期的にインフレ率の振れ幅が大きくなる可能性については警告している。インフレ率は夏に再度急低下するだろう」と指摘した。

 失業率は国別で、ドイツは5.3%に低下し、ユーロ圏加盟国としてはオーストリアの4.7%に次ぐ低さだった。イタリアとスペインでは失業率が若干上昇し、フランスは10.9%に小幅上昇した(訂正)。
 キャピタル・エコノミクスのジョナサン・ロインズ氏は「失業率において加盟国間で莫大な隔たりがあるということに変わりはない。ユーロ圏景気がさらなる政策支援を必要としていないと示すものは何もないが、今週ECBはさらなる支援を行うことはないだろう」と述べた。
2013/07/03 00:33 ロイター

値が訂正された結果、ユーロ圏の失業率は過去最悪を更新してしまったようです。

まだまだ、回復する兆しが見えないEU。
その分、ユーロは波乱含みで、投資するには良いかもしれませんね。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、それでは本日のo(^0^)o ほくほくFXの運用成績です。

20130705_fx.jpg

本日の収入は 1,661 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,607,511 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(5,170,951円)
+スワップ(7,560円)
+出金額合計(319,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(2,890,000円)

今日も着実に利益を積み重ねました。

日々の積み重ねが大事。
頑張っていきます。

今週も終わりですね。
明日の関東は猛暑日になり、梅雨明けの可能性もあるそうです。
そうなると、登山にも行きやすくなるので楽しみです。

それでは、良い週末をお過ごしください。

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:59 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする