経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2016年01月26日

錦織圭、ジョコビッチに負けて8強どまりでしたね

header_06

【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆沖縄で観測史上初のみぞれだそうですよ

非常に珍しい現象でした。
そして今朝は、長崎で110年ぶりの大雪だったようです。
すごい寒波が来ていますね。

こんにちは、ほくほくです。

全豪オープンで、世界ランク1位のジョコビッチに挑んだ錦織圭。
結果は、ランキング通りということになってしまったようです。

錦織4強ならず、ジョコビッチに完敗/全豪OP詳細

 世界7位の錦織圭(26=日清食品)が同1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れ、4強入りを逃した。
2016/01/26 19:56 日刊スポーツ

負けてしまいましたが、よく頑張った、錦織!
8強入りの試合では、夜中にかなりワクワクさせてもらいました。

次、是非頑張ってほしいですね。

今晩は、サッカーオリンピック予選。
今日イラクに勝てばオリンピック出場決定!
頑張れニッポン!!

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて話は変わって、先週発表されたEUの政策金利を見てみましょう。

ECB総裁が追加緩和示唆、下振れ懸念で3月に政策見直しへ

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は、金融市場の混乱や原油安、中国など新興国の経済減速を背景にユーロ圏経済への逆風が強まっているとして、3月に金融政策スタンスを見直す考えを示した。

総裁が向こう数カ月の追加緩和を示唆したことで、ユーロは対ドルで売られ、2週間ぶりに1.08ドルの水準を割り込んだ。短期金融市場は3月利下げの可能性を織り込み、従来の予想から3カ月前倒しした。

ドラギ総裁は理事会後の会見で「金利は当面、現在の水準か、一段と低い水準にとどまる」と述べた。ECBはこの日、主要政策金利をすべて据え置いた。

総裁はまた、年明け以降、新興国の成長見通しや金融、商品(コモディティ)市場の混乱、地政学リスクなどをめぐる不透明感が強まる中で「下振れリスクが再び高まった」と指摘。

「そのため次回3月初旬の理事会で、金融政策スタンスを見直すとともに、おそらく再検討する必要がある」と言明した。

また「われわれには行動する力と意欲、そして決意がある」とし、金融政策手段をどこまで活用する用意があるのかに「制限はない」と明言。政策に手詰まり感が出ているとの懸念を一蹴した。

12月理事会の追加緩和決定については、当時入手していた情報を踏まえると「全く適切かつ効果的」として、正当性を主張した。12月の決定をめぐっては、より大胆な追加緩和を期待していた市場の失望を招いた経緯がある。

12月時点のECB見通しは、今年の原油価格を平均1バレル=52.2ドルと想定。だが北海ブレント先物LCOc1は現在、27ドル前後で推移しているほか、2022年物の原油先物LCOZ2も50ドルを下回るなど、市場が早期回復を見込んでいないことを反映している。

<景気見通しへのリスクは下向き>

ドラギ総裁は、ユーロ圏の景気回復は進行していると強調したが、世界経済の脆弱性や地政学リスクを背景に、見通しへのリスクは「引き続き下向き」とした。

さらにECBの頭痛の種となっているのが、エネルギー安の影響だ。他のモノやサービスの価格まで下押し圧力がかかり、コアインフレ率も2%弱とするECBのインフレ目標から遠ざかっている。

総裁は「インフレ率は今後数カ月、極めて低い水準かマイナスにとどまり、年内のより後の段階でしか上向かないと見込む」としている。

人民元の下落で、中国のデフレリスクが海外にも波及、ECBのユーロ押し下げ能力が制限され、利下げ効果の低減を招く構図となっている。

ただ、金融市場が混乱する中でも、総裁はユーロ圏の銀行システムはこれまでのところ良く持ちこたえているとし、「危機前のような不安定化の兆候は見られない」と述べた。

<利下げかQE拡大か>

JPモルガンのアナリスト、グレッグ・フゼシ氏は「預金金利引き下げを3月に前倒しするのは難しくないだろう」と指摘。考えられる追加緩和手段として、預金金利の10bpを超える引き下げ、資産買い入れ枠を月額600億ユーロから700億ユーロに拡大、段階的な預金金利の導入、追加の長期リファイナスオペなどを挙げた。

ノルディアは、インフレ率は長期間低迷する一方、インフレ期待が追加緩和措置に反応するには時間を要する見込みとして、「6月の理事会で新たな追加緩和策が必要となる公算が大きい」と分析する。
2016/01/22 04:26 ロイター

EUは追加緩和をするようです。

この報道により、荒れていた為替相場が少し落ち着きました。

ただ・・・

日経平均は今日も再び下落し、昨年来の安値更新。
原油安によりオイルマネーが逃げ出しているという話もあり、底値が見えません。
株価を支えにしていたアベノミクスも、ちょっと勢いが鈍るかもしれませんね。

こういう状況で、どうやって利益を稼げるか、ですね。

にほんブログ村 為替ブログへ ランキングクリック&応援、よろしくお願いします にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

それでは最後に、本日のFX運用成績です。

20160126_fx.jpg

本日の収入は 1,129 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 2,495,756 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(6,824,322円)
+スワップ(68,434円)
+出金額合計(493,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(3,890,000円)

今日もしっかり利益が出てくれました。

今週どのくらい相場が動くか。
2月の相場動向がそれで見えそうな気もします。

おっと、サッカー、1−1になっちゃったよ!!
応援に戻ります。

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:15 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする