経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計6/30(火)7/2(木)
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2020年06月26日

イギリス中央銀行は量的緩和の巻き戻しを検討

#幕山 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印帳】 波上宮 @沖縄県

沖縄県の一宮、波上宮の御朱印帳です。
沖縄らしい、明るい色使いの御朱印帳。
この色の御朱印帳はなかなか無いので、見かけたら是非入手してください!
ちなみに、普天間宮の御朱印帳も、琉球紅型風できれいです。

こんにちは、ほくほくです。

新型コロナ対策で史上最低金利を続けている各国。
この方針はまだしばらく継続すると思いますが、イギリスは終わらせ方を考え始めたようです。

英中銀総裁、利上げ前に資産縮小と表明 長年の政策を撤回

イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は22日、持続的なベースで金利を引き上げるよりも前に量的緩和の巻き戻しを開始すべきとの考えを示した。英中銀の長年の政策を撤回するものだ。

英中銀は先週、債券買い入れ目標を7450億ポンド(9220億ドル)に引き上げた。3月には政策金利を過去最低の0.1%に引き下げている。しかし、ベイリー総裁は、ブルームバーグへの寄稿で、中銀によるこの水準の資産買い入れが「常に当たり前だと見なされるべきではない」と指摘した。

総裁は「金融刺激策から撤退する時期が来れば、私の考えでは持続的なベースでの金利の引き上げを待つのではなく、まずは準備水準の調節を検討するのがベターかもしれない」とした。

英中銀はカーニー前総裁の下では過去に買い入れた資産を売却し始める前に金利を大幅に引き上げると表明していた。

ただ、2008─09年の金融危機以降、英中銀が金利を大幅に引き上げる機会はなく、ベイリー総裁は中銀による高水準の国債保有が永続的なものになることを望まないと表明。「拡大したバランスシートは将来の緊急時の対応余地を制限する可能性がある」とした。
2020/06/22 16:05 ロイター

債権買入は、ある意味国の借金を国(の機関)が補填する自転車操業。
日本の場合はもう麻痺してしまっていますが、イギリス中央銀行は健全に戻る方向性を模索しているようです。

そうあるべきですよね。
「世界最大級117兆円の緊急経済対策」をする日本の今後はどうなるのでしょう・・・

20200626_fx.jpg

本日の収入は -423 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 3,750,243 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(10,527,071円)
+スワップ(330,172円)
+出金額合計(743,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(6,850,000円)

今日は若干減ってしまいました。
5万円の緊急経済対策(笑)、ではなく、余裕資金追加を行いました。
少しずつ、成長させていきます。

posted by o(^0^)o ほくほく at 10:20 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする