経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計10/1(金)10/8(金)10/14(木)
政策金利10/5(火)10/6(水)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2021年08月20日

アメリカの雇用情勢はさらに回復

#八坂の塔 #京都府 #東山花灯路 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 諸宗山 無縁寺 回向院 @東京都

東京の回向院の御朱印です。
江戸三十三観音巡りで訪れました。

こんにちは、ほくほくです。

アメリカ経済の回復が鮮明ですね。

米雇用統計:識者はこうみる

米労働省が6日発表した7月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比94万3000人増加した。前月の93万8000人に続く伸びとなり、サービス業の労働需要が高まる中、米経済が力強い勢いを保ったまま下半期に入ったことが確認された。

市場関係者のコメントは以下の通り。

●テーパリング発表は次回の雇用統計後

<OANDA(ニューヨーク)のシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏>

予想を上回り、ドル相場が大きく上昇した。米連邦準備理事会(FRB)がテーパリング(量的緩和の縮小)について近く何らかの発表を行うとの市場の見方をおおむね裏付けるものだった。

米経済が正しい軌道に乗っていることが示され、あともう1カ月分の雇用統計の発表後に、FRBはテーパリングについて何らかの発表を行うだろう。

●デルタ変異株の動向注視

<TDアメリトレードのチーフ市場ストラテジスト、JJ・キナハン氏>

間違いなく良い内容だった。あえて批判するとすれば、建設がほぼ横ばいだったことが多少残念だ。小売りはわずかながら減少したが、これは夏に向けて多くの人が雇用されたためで、季節要因も影響した可能性がある。その他の分野は全体的にかなり健全。政府部門の伸びは教員の採用に伴うもので驚きはない。

医療やサービス業も好調。運輸・倉庫が5万人増加したことは人々が仕事に復帰していることを示すものでとても良い兆候と言える。

こうした中、感染力の強い新型コロナ変異ウイルス「デルタ株」の動向には注意を要する。アマゾン・ドット・コムAMZN.Oは新型コロナの感染拡大に伴い社員の在宅勤務期間を来年1月まで延長するなど、デルタ株の影響が企業にも広がっており、来月発表される次回の雇用統計でその辺りがより明確になるかもしれない。
2021/08/06 23:42 ロイター

堅調で何より。
早く利上げしてくれると嬉しいです。

20210820_fx.jpg

本日の収入は -322 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 3,899,718 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(11,369,612円)
+スワップ(251,106円)
+出金額合計(779,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(7,500,000円)

今日もマイナススワップ分、若干減りました。
早く利上げしてほしいものです。

今週も1週間、お疲れさまでした。

posted by o(^0^)o ほくほく at 19:30 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする