経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2022年11月09日

オーストラリアが追加利上げ

#イタリア #フィレンツェ #洗礼堂 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-US想い出でアメリカを塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録してアメリカ地図を塗りつぶすアプリ『Fillmap-US』をリリースしています。

こんにちは、ほくほくです。

オーストラリアがさらに利上げしました。

豪中銀、必要に応じて利上げペースを調整へ=ロウ総裁

オーストラリア準備銀行(中央銀行)のロウ総裁は1日、インフレを抑制するため一段の利上げが必要とみられるが、中銀は必要に応じて利上げを加速させたり一時的に停止する用意があると述べた。中銀理事会は、短期間で金利が大幅に上昇し、高インフレと相まって家計を圧迫していることを認識しているとも述べた。タスマニアでの講演で述べた。

豪中銀は1日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを25ベーシスポイント(bp)引き上げ2.85%とした。5月以降の利上げは合計275bpとなった。ただ10月に上げ幅を50bpから25bpに縮小し、今回も25bpの引き上げにとどめた。

ロウ氏は講演で、ロシア・ウクライナ戦争、生活費の高騰、世界経済の一段の分断を踏まえると、世界的な見通しも利上げを慎重にさせる理由になると強調した。

世界経済の悪化と家計の厳しい状況を考慮し、豪中銀は来年の成長率見通しを引き下げた。

「(経済を縮小させずにインフレを抑制するという)狭い道筋にとどまるためには、行き過ぎと少なすぎの中間を取る必要がある」と述べた。

インフレ率は今年中に約8%でピークを打つ見込みで一段の利上げが必要になる公算だが、理事会には既定の道筋はないと説明。「インフレ率を目標値へ回帰させるために、再び大幅な利上げ必要なら踏み切るだろう。しばらくの間、一定水準を維持すべき状況なら、そうするだろう」と述べた。

市場は、豪中銀が12月に25bp追加利上げし、来年に4.0%付近で利上げが打ち止めになると想定している。
2022/11/01 18:49 ロイター

ということで、一旦の目途がでました。
4.0%付近だそうです。
経済過熱に対応して連続的に利上げしているので、一旦動きを止めて様子を見るのもアリだと思います。
それでも、景気が回復すれば、さらに利上げですね!
スワップが増えるので楽しみです。

20221109_fx.jpg

本日の収入は 416 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,485,699 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(12,674,843円)
+スワップ(165,856円)
+出金額合計(895,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(8,250,000円)

今日は少しの利益でした。

昨日の皆既月食&天王星食、見ましたか?
晴れて爽やかな夜空に、綺麗な姿を映していましたね。
素敵な天体ショーでした。

posted by o(^0^)o ほくほく at 21:14 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする