経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計3/29(金)4/5(金)4/18(木)
政策金利4/11(木)4/10(水)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2023年02月17日

アメリカの失業率は53年ぶりの低水準

#白い恋人パーク #北海道 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-JP季節を感じる日本のこよみ
旧暦や二十四節気、七十二候などを表示するアプリ『旧暦パネル』をリリースしました。
ウィジェットでいつでも今日の旧暦が見られます。

こんにちは、ほくほくです。

アメリカの雇用統計は以下の通りでした。

1月雇用者数51.7万人増、失業率は53年ぶり低水準 賃金の伸び鈍化

米労働省が3日発表した1月の雇用統計で、非農業部門雇用者数は51万7000人増加し、市場予想を上回る伸びとなった。失業率は3.4%と53年半超ぶりの低水準。賃金の上昇率は一段と緩やかになったものの、労働市場の引き締まり継続を示唆し、米連邦準備理事会(FRB)のインフレ対応を複雑にする可能性がある。

ロイターまとめた非農業部門雇用者数のエコノミスト予想は18万5000人増。12万5000人増から30万5000人増まで幅があった。1月の雇用の伸びは、22年の月間平均である40万1000人増も上回った。

22年12月分の雇用者数は22万3000人増から26万人増に上方修正された。

ウニクレディト銀行のチーフインターナショナルエコノミスト、ダニエル・ベルナッザ氏は「労働市場はなお過熱状態にあり、FRBが好むには熱すぎる」と指摘。「FRBが早ければ3月の会合で利上げを停止するかもしれないと見込んでいた向きは失望することになりそうだ」と述べた。

1月の時間当たり平均賃金は前月比0.3%上昇。12月は0.4%上がっていた。1月の賃金上昇率は前年同月比4.4%と、12月の4.8%から低下し、21年8月以降で最小の伸びとなった。エコノミスト予想は前年比4.3%上昇だった。
2023/02/04 0:01 ロイター

アメリカ経済、好調ですね。

ちなみに、日本の失業率はアメリカより1%近く低い2.5%。
アメリカほど景気の高揚感がないのはなぜ?

20230217_fx.jpg

本日の収入は 4,853 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,670,478 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(12,941,578円)
+スワップ(201,900円)
+出金額合計(927,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(8,400,000円)

今日も結構利益が出てくれました。
米ドルが上がっていますね。

来週も、米ドルの動きには注目です。

posted by o(^0^)o ほくほく at 21:10 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする