経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計1/30(火)2/2(金)2/15(木)2/7(水)
政策金利2/1(木)2/6(火)
GDP2/15(木)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2023年08月21日

アメリカの失業率は低下しました

#木曾駒ヶ岳 #登山 #長野県 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-US想い出でアメリカを塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録してアメリカ地図を塗りつぶすアプリ『Fillmap-US』をリリースしています。

こんにちは、ほくほくです。

アメリカの雇用統計、引き続き好調ですね。

米雇用、7月は18.7万人増で予想下回る 失業率3.5%に低下

米労働省が4日発表した7月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数の伸びは予想を下回ったものの、賃金は底堅い伸びを維持、失業率も低下し、労働市場の引き締まり継続を示唆した。

非農業部門雇用者数は18万7000人増と、ロイター調査によるエコノミスト予想の20万人増を下回った。

失業率は3.5%で前月の3.6%から低下、50年強ぶりの低水準となった。米連邦準備理事会(FRB)は最新の経済見通しで、失業率が第4・四半期時点で4.1%と予想していた。

平均時給は0.4%上昇し6月と同水準。前年比では依然高く4.4%上昇となった。

ただ、5・6月分の雇用者数の伸びは下方改定され、米連邦準備理事会(FRB)の一連の利上げを受け、労働需要が減速しつつある兆候も示された。

6月分は前回発表の20万9000人増から18万5000人増に改定され、5・6月の伸びは当初発表から計4万9000人下方改定された。

これにより、過去3カ月間の雇用者数の伸びは月平均21万8000人と、前年同期の平均である43万4000人から大きく減速した。

強弱入り混じる統計となったものの、米経済の「ソフトランディング」観測を後退させるには至っていない。

インディード・ハイヤリング・ラボの経済調査責任者ニック・バンカー氏は「ソフトランディングに向けた軌道に乗っている多くの兆候が示されたが、持続可能かつ力強い労働市場への出口を逃せば、持続的な景気低迷につながる可能性もある」と指摘。「まだその分岐点には近づいていないが、リセッションを招くことなく労働市場の均衡を取り戻せる可能性もまだ高い」と述べた。

FHNファイナンシャルチーフエコノミスト、クリス・ロー氏も「労働供給の逼迫と労働需要の減速によって、雇用の伸びは新型コロナのパンデミック(世界的大流行)以前の数年間に見られた緩やかな景気拡大と整合する水準まで鈍化した」と述べた。
2023/08/04 23:32 ロイター

とはいえ、「ソフトランディング」に至るかどうかは未だ不明の状況。
まあ「ソフトランディング」か否かはさておき、景気が過熱したら冷やすために金融引き締め策を実施しているアメリカ。
景気か低迷したら、また金融緩和をするでしょう。
健全です。

日本の場合は、景気を加速させるために金融緩和を実施し、そのまま13年動けずにいる状況。
景気が悪いとは言いませんが、「良い」とも言いにくいこの状況。
インフレ目標を2%に設定しつつ、11か月連続で消費者物価指数がそれを上回ってもまだ動けていないことがそれを表しています。

長期金利の目標を引き上げることはあっても、政策金利を上げるとは考えにくいこの状況。
変動金利のローンが有利に働きます。

20230821_fx.jpg

本日の収入は 2,088 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,997,938 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(13,473,403円)
+スワップ(230,535円)
+出金額合計(994,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(8,700,000円)

週明けの今日は好調な滑り出し。
今週に期待しましょう。

関東地方は、まだまだ暑い日が続くそうです。
暑くてもいいですが、夕方にはザっと短時間の夕立があると、夏の風情が感じられるのですが・・・
線状降水帯ではない夕立、期待します。

posted by o(^0^)o ほくほく at 19:46 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする