経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計5/31(金)6/7(金)
政策金利6/6(木)
GDP6/5(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2024年05月20日

オーストラリアは金利維持

#幕山 #南郷山 #真鶴半島 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-JP季節を感じる日本のこよみ
旧暦や二十四節気、七十二候などを表示するアプリ『旧暦パネル』をリリースしています。
ウィジェットでいつでも今日の旧暦が見られます。

こんにちは、ほくほくです。

オーストラリアは、今回も金利維持でした。

豪中銀、4会合連続で金利据え置き 総裁はハト派発言も物価高警戒

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は7日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを市場の予想通り12年ぶり高水準の4.35%に据え置いた。据え置きは4会合連続。
インフレ鈍化ぺースは想定より緩やかとし、物価上昇圧力に対する警戒感を示した。
ただ、一部で予想された引き締めバイアスの復活はなかった。
ブロック総裁は、経済が金利上昇を「消化」する必要がないことを望むと率直に発言。ただ、サービス部門のインフレ率が高止まりするようなら理事会は行動を起こす用意があるとくぎを刺した。
このハト派コメントは追加利上げの可能性を見込んでいた金融市場を動揺させた。
豪ドルは0.5%安の0.6587米ドル。3年物国債先物は8ティック上昇し96.06。年内の再利上げ見通しは後退し、9月の利上げ確率は43%から13%に低下した。
総裁によると、理事会で利上げを討議したが、金融政策はすでに十分に制約的だと判断。「現在のところ、目標を達成するのに金利が適切な水準にあると信じているが、リスクもあり、現段階で理事会は何も決定していないし、何も排除していない」という。

ANZのオーストラリア経済担当責任者、アダム・ボイトン氏は「再利上げのハードルは市場の予想より高くなる可能性がある」と指摘。11月の緩和サイクル開始予想を引き続き維持するとしつつ、リスクはそれが2025年にずれ込み、予想よりも緩和幅が浅くなる方向に傾いているとした。
豪インフレ率は第1・四半期に鈍化が想定より小幅にとどまり、3月の失業率は3.8%と労働市場の過熱が緩やかにしか改善していないことが確認された。
海外でもインフレ率の中銀目標への低下は実現していない例が多く、利下げの見通しが難しくなっている。
2024/05/07 17:30 ロイター

今回も金利を維持して政策効果を見極めようという動きでしたが、インフレ率や雇用統計などがまだ落ち着いてきておらず、利下げ時期が後ろ倒しになりそうとの見方も広がってきました。
もうしばらく、この金利水準は続きそうです。

20240520_fx.jpg

本日の収入は 204 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 5,420,392 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(14,412,281円)
+スワップ(81,111円)
+出金額合計(1,077,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(9,150,000円)

今日はスワップのみの利益でした。

先週木曜日に一時154円を切る水準まで上げた円ですが、再び156円近くまで落ちてきています。
政府・日銀の介入を警戒しつつ、円売りの機会をうかがっているかのようにも見えます。
嵐の前の静けさでしょうか。

今週も頑張りましょう。

posted by o(^0^)o ほくほく at 18:14 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする