2008年07月30日

おそるべし!100億ドルを1ドルに!!

[ポートフォリオ] ブログ村キーワード
思い出すのは、経済学史で学んだ第二次世界大戦前。
ドイツでは、第一次世界大戦の敗戦にともなう賠償金支払いにより、超がつくほどのインフレが発生してました。
正確な数字は覚えていませんが、数年で物価が100万倍だか1000万倍にもなってしまうという、いわゆるハイパーインフレです。
このインフレにマクロ経済的な施策を打ち、さらに再度の戦争に向けたのがアドルフ・ヒトラーだそうです。
ちなみに、ヒトラーは、経済施策の面ではすぐれた政治家だったようですよ。

さて、そんな話は昔のこととばかり思っていましたが、驚くなかれ、現代でも起こっている国がありました。
RANKING
100億ドルを1ドルに=ジンバブエが大幅デノミ実施

 ジンバブエからの報道によると、同国中央銀行は30日、8月1日付で同国の通貨単位ジンバブエ・ドルを100億分の1にするデノミ(通貨呼称単位の変更)を実施する方針を明らかにした。同国では、物価上昇率が220万%にも達する超インフレが続いており、今月に入り1000億ドル紙幣の発行を発表したばかりだった。
2008/07/30 22:47 時事通信

なんとなんと、1年間で物価が2万2千倍!!
100円の缶ジュースが、1年後には220万円!!
1年前はワンコインだった缶ジュースに、今は札束持って買いに行く感じでしょうか。

想像がつきません・・・
世の中には、いろんな国があるんですね。

で、今回デノミを実施するようなのですが、実は日本にもデノミの議論がくすぶっているって知ってました?

最近は議論が下火なのでもう記憶も薄いのですが、ちょうど2,000円札を発行する頃、日本の通貨も100分の1にしようというデノミ論が政府で検討されていました。
100円を1新円(単位は、たしか“新円”だった気がします)にするというもの。
その理由は、先進各国の通貨単位と円がそろっていないから。
1ドル=1新円といったレベルにしようというのが、その論拠でした。

確かに、他の通貨と比べると、円って微妙な単位なんですよね。

結局この議論は、2,000円札発行によって下火になって行きました。

お札というのは、セキュリティの塊。
透かしを入れたり、だまし絵を入れたり。模様も超複雑。そして、紙質にも特徴が。
そんなお札を新しく作るというのは、本当にお金がかかる話なんですよね。
2,000円札を発行するくらいなら、デノミをした方がいいのではないか。
当時の議論は、そんな論調で語られていました。
結局、2,000円札派が勝った形。

ちなみに・・・
今日ほくほくは、郵便局で株の配当を受け取ったのですが、2,000円札で支払われました。
久しぶりだよ、この札見たの・・・

さて、今日の日経平均は反発しました。
208円高の13,367円。
あまり安心できない反発ぶりではありますが。

そして、ほくほくポートフォリオは続落右斜め下右斜め下右斜め下

  【株式】
20080730_stock.JPG
  【FX】
20080730_fx.JPG

◆o(^0^)o ほくほくポートフォリオ評価額【1274.78】千円

すごいよ、NZドルが、5月12日以来の79円到達。
ずいぶん下がってきました。
やっぱり、利下げの影響が出てきているようです。

ほくほくは、現在の下げ相場で仕込中。
ポジションがだんだん膨らんできています。

そして、明日はスワップ3倍デー。
どのくらいスワップがつくのか、楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ banner2.gif FXランキング 相場師ブログランキング



ほくほくと一緒にNFX-PROダービーに参加しませんか?

トレイダーズ証券のNFX-PROダービーは、1,000万円の仮想マネーを3ヶ月間運用して順位を競う外国為替為証拠金取引シミュレーションゲーム。
資金がなくても、ゲームを通じてFX取引が体験できます。


  【開催期間】 5/19(月)〜8/29(金)
  【参加費用】 無料
  【現在の登録者数】 1,197人
  【ほくほくの順位】 42位
  【ほくほくの純資産額】 13,477,400 円

なにげに、皆さん資産が減ってきています。

  ◆ほくほくの投資戦略はこちら


【アフィリエイト】ブログに貼り付けるだけでおこづかいゲット!MicroAd
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:59 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。