経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2010年06月25日

ヒロセ通商LionFXのレバレッジ規制対応

header_39

おはようございます、ほくほくです。

只今、W杯を見ながら記事を書いています。

いいですね〜、2−0。
決勝トーナメント出場が見えてきました。


さて、昨日24日、ヒロセ通商から証拠金規制(レバレッジ規制)対応の発表がありました。
(レバレッジ規制については、こちらの記事もご覧下さい)

ヒロセ通商の発表内容は以下の通りです。

■LION FXをご利用のお客様(個人のお客様)

現在、必要証拠金額は、メジャー通貨のペアでは500円または1,000円、それ以外の通貨ペアでは3,000円または6,000円の固定証拠金となっておりますが、平成22年8月1日以降は以下のルールに従い必要証拠金を算出いたします。

メジャー通貨のペアにつきましては、毎週金曜日から翌木曜日までのLION FX終値の最高値の想定元本に2%を乗じた金額を翌々週の必要証拠金額とします。
上記以外の通貨ペアにつきましては、現時点でレバレッジが約10倍から15倍程度であるため、平成22年8月1日時点での必要証拠金額の変更予定はございません。(但し、レートが大きく変動しレバレッジが50倍を上回る可能性が高くなった場合は、上記通貨ペアと同様の方法において必要証拠金額を算出いたします。)

ロスカットにつきましては、現在と同様に有効証拠金が必要証拠金を下回った(証拠金維持率が100%になった)時点で執行することとします。

少し分かりにくい内容ですので、以下で確認していきたいと思います。

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)
資産運用の参考にどうぞexclamation にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪
ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)


金融先物取引業協会の解説によると、基本的にはポジション建て時に2%の証拠金を必要とするということであり、毎日1回の値洗いでそれを下回らない限りにおいて、各FX業者の裁量による対応が許容されます。

ヒロセ通商LionFXは、後者に該当しますね。

LionFXの場合は、毎週金曜日から翌木曜日までの1週間のポジションの値段を基に、翌々週1週間の必要証拠金を算定する方法だそうです。


例えば、米ドルが月曜日に99円、水曜日に103円になった場合で考えてみましょう。
(それ以外の曜日は、99円〜103円の間とします)

この時、この翌週に必要となる証拠金は、“最高値の想定元本に2%を乗じた金額”、すなわち103円×1,000単位=103,000円に2%を乗じた2,060円が必要証拠金となります。

現在のLionFXの必要証拠金が1,000円ですから、実質それが値上げされます。


さて、もし先ほどのケースで、火曜日に米ドル101円で1,000単位を購入した場合、どうなるでしょうか。
購入時の必要証拠金は、99円ベースの1,980円(=99円×1,000単位×2%)としましょう。

翌週の必要証拠金は、先ほどの103円がベースとなるので、2,060円となります。

米ドルが103円の時、101円で購入したポジションは2,000円の含み益を抱えていますので、有効証拠金額は1,980円+2,000円で3,980円となります。
よって、問題ありません。

もしここから相場が101円に戻った時、ポジションは含み損益がなくなり、有効証拠金はもとの1,980円に戻ります。
しかし、これは必要証拠金である2,060円を下回りますので、強制ロスカットの対象となるわけです。

レバレッジ規制の指針は、各ポジションの建て時の2%を下回らないようにということですが、ヒロセ通商の場合は前週最高値の2%を下回らないようにということであり、より厳しい規制となっています。

ヒロセ通商、しっかりしていますね。


含み益重視のFX運用をされる方は、毎週更新される必要証拠金に注意しましょう。
ポジションを構築する時は問題なくても、一度相場が上昇した後に下落してくると、証拠金が足りなくなる可能性があります。


確定利益重視のほくほくの場合は、非常に簡単です。
常に決済注文を入れていますので、決済注文の値段(の想定元本)に2%を乗じた証拠金を用意しておけば大丈夫だからです。

米ドル101円で購入して102.5円で決済注文を出していた時、102.5円×1,000単位×2%=2,050円の証拠金を用意しておけば大丈夫。
相場が102.5円を下回る限りこれ以上の証拠金にはなりませんし、102.5円を上回った場合はポジションが決済されるので、この証拠金は必要なくなります。
従って、リスク管理で証拠金を考慮する時、ポジションの決済注文の値段をベースに考えればいいわけです。


ようやくLionFXのレバレッジ規制対応が発表されました。
8月1日以降は、これをベースに運用していこうと思います。


あ、今デンマーク戦が終わりました。


おめでとう、ニッポン!


▼▼ このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています ▼▼
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

▼▼ FXトレードは、1,000通貨単位で取引手数料無料のヒロセ通商LionFXが便利! ▼▼
 

▼▼ 投資資金稼ぎには、口座開設で1万円稼げることもあるポイントサイトが最適です ▼▼

posted by o(^0^)o ほくほく at 05:24 | Comment(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。