経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計10/1(金)10/8(金)10/14(木)
政策金利10/5(火)10/6(水)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2010年10月09日

【今週の利益】('10/10/09)10,664円

header_09

こんにちは、ほくほくです。

土曜日の今日は、今週の運用成績をご報告します。


今週、ほくほくポートフォリオは10,664円の利益を上げることができました!

15年半ぶりの円高となった今週、1週間で1万円以上の利益が出たのはありがたいです。

  【先週末】
20101001_fx.JPG

down.JPG
  【今週末】
20101008_fx.JPG

現在の獲得利益はこのようになりました。

蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座

  ぴかぴか(新しい)現在の獲得利益 = 592,449ぴかぴか(新しい)

      獲得利益 = 預託証拠金額(2,941,912円) + スワップ (35,537円)
               + 出金額合計(115,000円)− 元本(1,000,000円)
               − 追加入金額(1,500,000円)

蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座蟹座

獲得利益が60万円を突破するまであと8千円。
早ければ、来週中にも達成できそうな状況になってきました。

楽しみです!

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)
資産運用の参考にどうぞexclamation にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪
ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)


さて、それにしても昨日発表された米雇用統計と、その後の15年半ぶり81円台には驚きました。
少し識者のコメントを見てみましょう。

米雇用統計:識者はこうみる

 米労働省が8日発表した9月の雇用統計は、非農業部門部門の雇用者数が9万5000人減と4カ月連続で減少した。政府部門が引き続き落ち込んだほか、民間部門の伸びが鈍化した。
 市場関係者のコメントは以下の通り。

●政府部門が足かせ、追加緩和予想変わらず

 <ウエルズ・ファーゴ・アドバイザーズの首席マクロストラテジスト、ゲーリー・セイヤー氏>

 民間部門の雇用者数は小幅ながら引き続き増加している半面、政府部門は落ち込みが続いており、雇用全体の足を引っ張っている。政府関連の減少の約半分は州・地方政府が占めているが、これらは国勢調査に絡む一時的な動きではなく、一部州が財政悪化を理由に雇用削減を強いられているためとみられる。

 金融市場は米連邦準備理事会(FRB)による一定の量的緩和を織り込み済みだが、今回の雇用統計でそうした見通しは変わっていない。

●追加量的緩和の公算高まる

 <ダンカン・ウィリアムスのシニアバイスプレジデント、ジェイ・サスキンド氏>

 非農業部門雇用者数は良くない数字だったが、注目すべきは民間部門の雇用者数で、予想に届かなかったものの増加した。
 雇用統計が市場に大きく影響することはないと思う。市場関係者の経済に対する見方は変わっていない。引き続き追加量的緩和は実施されるとみられており、雇用統計の影響があるとすれば、追加緩和の可能性が高まったことだといえるだろう。雇用統計の内容は、成長のスピードが遅く、したがって取り組むべき課題が山積してことをあらためて裏付けた。

 民間部門の雇用者数が、堅調とはいえないものの増加したことは明るい兆候だ。

●FRBは11月前には行動しない見込み

 <LPLフィナンシャルの債券市場ストラテジスト、アンソニー・バレリ氏>

 米連邦準備理事会(FRB)が11月の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加量的緩和に踏み切るとの市場の見方が、雇用統計を受けて確固たるものとなった。(次回FOMCでの追加緩和は)すでに広く予想されていたが、観測が強まった。

 しかし、FRBが11月前に行動に出るほど統計の内容は弱いものではなかったと考える。統計は二番底の様相は示しておらず、景気が低迷し、トレンドを下回る成長になっていることを反映している。
2010/10/09 01:50 ロイター

ご覧のように今回の雇用者減を受け、11月のFOMCでの追加緩和策がかなり予想されているようです。

今月、日銀が既に異例の緩和策に出ていますが、アメリカもまた、大きな緩和策に出る可能性があります。

問題は、それをマーケットがどう評価するかです。
既に織り込み済みなのであれば、それによる為替変動はないことになりますが・・・

ドル円相場はまだまだ波乱含み。
今は積極的な投資をしにくい状況です。

カナダやオーストラリアといった資源国通貨が狙い目ですね。


今週は良い結果で週末を迎えることができました。
来週も頑張りたいと思います。


▼▼ このブログの資産はFXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』で運用しています ▼▼
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

▼▼ FXトレードは、1,000通貨単位で取引手数料無料のヒロセ通商LionFXが便利! ▼▼
 

▼▼ 投資資金稼ぎには、口座開設で1万円稼げることもあるポイントサイトが最適です ▼▼

posted by o(^0^)o ほくほく at 23:56 | Comment(0) | 資産運用◆週間運用成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。