経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計6/30(火)
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2011年12月03日

【今週の利益】('11/12/03)12,798円

header_28

こんにちは、ほくほくです。

土曜日の今日は、今週のFX運用成績をご報告します。

今週のo(^0^)o ほくほくポートフォリオ12,798円の利益を獲得することができました。

  【先週末】
20111125_fx.jpg

down.JPG
  【今週末】
20111202_fx.jpg

その結果、現在の獲得利益の内訳はご覧の通りとなっています。

◆ 現在の獲得利益 = 1,020,242 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(3,481,903円)
+スワップ(37,339円)
+出金額合計(201,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(1,700,000円)

11月は相場にかなりの停滞感が漂っていましたが、最終週になって一気に動きがあり、その結果今週の利益がかなり大きくなっています。
よかったよかった。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、昨日は米雇用統計の発表がありましたので、その内容を見てみましょう。

米雇用統計:識者はこうみる

 米労働省が発表した11月の雇用統計は、失業率が8.6%と、前月の9%から改善し、ほぼ2年半ぶりの低水準となった。市場予想は9.0%だった。非農業部門雇用者数は12万増となり、エコノミスト予想とほぼ一致した。
 雇用統計に関する識者の見方は以下の通り。

●雇用の質さほど良くない、大半が臨時雇用の可能性

<ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのシニアエコノミスト、マーク・ビットナー氏>

 雇用者数は概ね予想と一致する内容だった。部門別では小売業の雇用が大きく増加したが、年末商戦に差しかかるなか、これは予想されていたはずだ。また、伸びが目立ったのは人材派遣だった。そのため、雇用の質という点では、望ましいとされるほど良好ではないと言える。多くの雇用が臨時雇用とみられる。時間当たり賃金が低下しているのもそのためだ。

●労働力人口減少で失業率低下

<野村証券(ニューヨーク)の首席エコノミスト、デービッド・レスラー氏>

 失業率が低下した背景には、労働力人口の大幅な減少が一因として挙げられる。労働力人口の減少は通常、失業中の人が職探しをあきらめることを示し、失業率の低下要因となる。
 今回の統計は全般的に心強い内容といえるが、過度の楽観は控えるべきと考える。来月には失業率がまた悪化する可能性もある。

●良い内容、失業率低下は最近の改善反映

<RBSの為替戦略部門グローバル責任者、ロバート・シンチェ氏>

 素晴らしくはないが、良い内容だ。
 コンファレンス・ボード(CB)の消費者信頼感統計では、「就職が困難」との見方が2009年半ば以来の低水準をつけるなど、失業率の低下は、われわれが目を向けていた雇用の改善傾向に沿っている。
 雇用者数が大幅に増加するとの一部予想に比べると、やや失望を誘う面もあったかもしれないが、失業率の大幅低下がこれを相殺した。
 しかしながら、リスク選好がさらに高まるとは考えていない。米経済指標の内容は最近改善しており、欧州に対する地合いも、包括的な危機対策への期待からここ数日で上向いている。市場は材料出尽くしの状況だ。
 雇用統計は、これまでの利益を確定するには十分に良い内容となった。ユーロ/ドルで約1.35ドルの水準は、週を締めくくるには悪くないとみている。
2011/12/03 00:59 ロイター

失業率がほぼ2年半ぶりの水準に下がったというのはすごいですね。
雇用統計は経済の遅行指標と呼ばれ、実体経済が遅れて数値に表れてくる指標です。
ということは、アメリカ経済は既に回復過程に入ったのかもしれませんね。

今後が楽しみな数値が出てきました。


◆このブログの資産はFXシステムトレードo(^0^)o ほくほくFXで運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 

posted by o(^0^)o ほくほく at 14:15 | Comment(0) | 資産運用◆週間運用成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。