経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計5/28(金)6/4(金)
政策金利6/10(木)6/1(火)
GDP6/8(火)6/2(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2012年05月05日

【登山】 瑞牆山 @山梨県

20120505_Mt_Mizugaki.jpg

こんにちは、ほくほくです。

こどもの日の今日、以前から登りたいと思っていた山梨県の瑞牆山(みずがきやま)に登ってきました!

日本百名山にも数えられる瑞牆山は2,230m。
頂上付近にはまだ雪が少し残っていましたが、天気も非常に良く、頂上からは富士山も臨むことができました。

ルートは、みずがき山荘から山頂までの往復コース。
登り約3時間、下り約2時間の行程でした。


より大きな地図で 【登山】 瑞牆山 @山梨県 20120505 を表示

IMG_8769.JPG

各ポイントの写真と解説はこちらです。



1.登山口(7:45)

IMG_8404.JPG

東京の自宅を午前4時に出て、途中SAで朝食を摂って登山口であるみずがき山荘に着いたのは7時半ごろ。
みずがき山荘の前には大きな駐車場がありますが、その時点で既に満杯でした。
でも、近くの道路には駐車スペースがたくさんあるので、そこに車を停めることができました。

準備を整え、駐車場わきの登山口から早速登山開始です!



2.登山道(8:00)

IMG_8406.JPG

しばらくはなだらかな白樺の森が続き、そして徐々に山登りっぽい道になっていきます。

いつもそうなのですが、登り始めはやっぱり少しキツいですね。



3.山頂展望(8:10)

IMG_8407.JPG

尾根に出て視界が開け、目指す瑞牆山山頂が見えた瞬間!
「あんなところに登るのか」と、少し怖くなったりもします。



4.尾根伝いルート(8:20)

IMG_8408.JPG

この辺りは、富士見平小屋まで尾根伝いのルートが続きます。
新緑が萌えていて、とっても気持ち良いです!



5.富士見平小屋(8:25)

IMG_8409.JPG

金峰山ルートとの分かれ道、富士見平小屋に到着。
辺りにはたくさんテントが張られていて、泊りの登山者もかなり多そうです。

ちなみに、トイレは1回100円の料金がかかりました。



6.富士山(8:25)

IMG_8410-2.JPG

富士見平というくらいなので、富士さんが見えます!
この日は天気が非常に良く、登山中はいたるところから富士山が見えました。



7.道に迷いました(8:40)

前の人達に盲目について行った結果、いつの間にか登山道から外れていました。
ここで20分程度のロス。
登山道を示す印(テープなど)がなくなったのと、iPhoneのGPSで自分の現在地がルートから外れているのがわかって引き返しました。



8.沢へのルート(8:55)

IMG_8412.JPG

正しいルートはこちらの道。
天鳥川へ向かって下っていくルートです。

登山中の下りルートは、少しヘコみますね・・・



9.天鳥川(9:15)

IMG_8416.JPG

登り始めて1時間半、途中迷ったり休憩しながら来て、天鳥川に到着しました。
綺麗な水の沢で、またその付近に休憩できるスペースもあって、またゆっくりしてしまいました。



10.割れた岩(9:25)

IMG_8418.JPG

天鳥川を越えたら、いよいよ瑞牆山に取り付きます。
ここからは本格的な登りルート。
その最初のポイントにある、大きな割れた岩です。



11.鎖場(9:30)

IMG_8419.JPG

ところどころ、こういった鎖場(ロープですが)がありました。
瑞牆山は大きな岩が多く、1歩1歩が大股になることがあるので結構体力を使います。



12.急な山道(9:55)

IMG_8421.JPG

急な山道が意外と長く続くので、少しヘコみ気味・・・
でも空はすごくきれいで、早く山頂にたどり着きたい気持ちが勝ちます。



13.見上げる大やすり岩(10:20)

IMG_8425.JPG

瑞牆山のシンボル、大やすり岩。
その大やすり岩を下から見上げたところです。
メチャクチャ大きい!そして、倒れてきそうで怖いです・・・



14.山頂付近の残雪(10:48)

IMG_8428.JPG

5月5日の登山でしたが、山頂付近には雪がアイスバーン状でかなり残っていました。
注意して登れば大丈夫でしたが、アイゼンを履いてる人もいました。



15.瑞牆山山頂(10:56)

IMG_8429.JPG

ついに山頂到着!
登り始めて3時間10分ぐらいかかりました。

山頂は大きな岩となっていて、平らなところがあまりなく、山頂で食事しようとすると少し苦労します。
でも、この雄大な景色はずっと見ていたいと思いました!



16.山頂からの富士山と金峰山

IMG_8434.JPG

山頂から隣の金峰山(左側)と富士山(右奥)を臨んだ写真。
金峰山の山頂にはかなり雪が残っていますね。



17.見下ろす大やすり岩

IMG_8431.JPG

先ほどの大やすり岩を山頂から見下ろした写真です。
改めて、面白い山の形ですね。



温泉

瑞牆山のすぐそばには増富温泉があります。

その中で今回立ち寄ったのは、日帰り入浴ができる増富の湯。
館内は広く、またお風呂の種類も多かったです。

ほくほくは、疲れていたので1種類しか入りませんでしたが。

◆増富の湯◆
 〒408-0102 山梨県北杜市須玉町比志6438
 Tel:0551-20-6500
 HP:増富の湯HP

冒頭の地図では、左側の画面外に位置をポイントしていますのでご参照ください。



感想

「どこか近場・登り3時間ぐらいでお薦めの山ない?」と友達にきいた時、薦められたのがこの瑞牆山。

登山道には岩場が多く傾斜も急なので、中級向けだと思いました。
装備がしっかりしている登山者も多かったですし。
足下の岩が歩幅より大きかったりするので、1歩1歩が大きくなって歩きづらいということもありました。
けっこうしんどかったです。

でもその分、登頂した時気分はもう最高でした!
周りは、隣の金峰山以外はさえぎるものがなく、はるかに富士山や八ヶ岳を臨むことができる眺望の良さ。
頑張って登って良かったと思える山でした。

ちなみにこの山に登ると、周りの登山客の装備がすごく気になりました。
頂上付近のアイスバーンではアイゼンを装備している人がいましたし、頂上ではストーブとコッヘルでお湯を沸かしている方多数。
そういうのを見ていると、また登山道具が欲しくなってしまいました。
あと、デジタル一眼も・・・

お財布と相談しながら、徐々に装備を整えたいと思います。

記事が良かったら、クリック投票をお願いします
ブログランキングならblogram

  ◆登山記録
  ◆日本百名山 一覧&Googleマップ



日本百名山 (新潮文庫)日本百名山 (新潮文庫)
深田 久弥

ひとり歩きの登山技術 [ヤマケイ山学選書] 日本百名山 山あるきガイド 下 (大人の遠足BOOK) 日本百名山地図帳 (2008年版) 新編 山と渓谷 (岩波文庫) 孤高の人〈上〉 (新潮文庫)

山と高原地図 金峰山・甲武信 2011年版山と高原地図 金峰山・甲武信 2011年版

別冊PEAKS 山岳縦走ギアガイド (エイムック 2214 別冊PEAKS) 山岳地形と読図 (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書) これで身につく山歩き100の基本―入門から中級まで (るるぶDo!) 山と高原地図 那須・塩原 2011年版 PEAKS (ピークス) 2011年 10月号 [雑誌]



山登りのログ記録には、iPhoneのGPS-Trkというアプリを使っています。

20101019_app.JPGこちらからダウンロードできます。
GPS-Trk 2 - hc-eng

電波が届かない所でもGPSでしっかりログを取ってくれますし、この記事で掲載したように写真とポイントを連動できたり、高度グラフを表示できたりもします。
また、GPSログをエクスポートしてGoogleマップに取り込むと、冒頭のようにGoogleマップでルートを表示できたりとかなり高機能!

さらにログを取り込んだGoogleマップをGoogle Earthに切り替えると・・・

20120505_MtMizugaki.jpg

こんなふうに、自分の登山ルートを3Dで見ることもできます!
自分の山行を記録し、あとから見て楽しむにはとてもお薦めのアプリです。

posted by o(^0^)o ほくほく at 22:31 | Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。