経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計10/29(金)11/5(金)11/3(水)
政策金利11/3(水)11/4(木)11/2(火)11/24(水)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2012年08月16日

オーストラリアは利下げ観測が後退

header_12

こんにちは、ほくほくです。

少し遅くなりましたが、先週発表されたオーストラリアの雇用統計、注目です。

7月豪就業者数は予想以上に増加、失業率5.2% 追加利下げ観測が後退

 オーストラリア連邦統計局が9日発表した7月の雇用統計によると、就業者数は季節調整済みで前月比1万4000人増加し、失業率は5.2%となった。

 ロイターがまとめた市場予想は、就業者数が1万人増、失業率は5.3%だった。
 フルタイム雇用者は9200人増加、パートタイム雇用者は4800人増加した。

就業者数、失業率ともに予想よりも強い内容となり、追加利下げ観測が一段と後退した。
 コモンウェルス銀行のチーフエコノミスト、マイケル・ブライス氏は雇用統計について、楽観的な内容になったと指摘。「一部で減少が見られたものの、失業率を抑制するのに十分な雇用が明らかに創出されている」とし、少なくとも国内に関してはおそらく今のところ、追加の刺激策はそれほど必要ないだろうと語った。
 統計発表後、豪ドルは1.0582米ドルに小幅上昇した。

 アナリストは、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が2012年の豪経済成長率見通しを従来の3.0%から3.5%程度に引き上げると予想しており、大幅な追加利下げが実施されるとの見方を最近後退させている。
 インターバンク先物市場は11月まで25ベーシスポイント(bp)の利下げの確率を完全に織り込んでいない。オーバーナイトのスワップ指標が織り込む12カ月後の金利は3.12%で、6月の2.5%から上昇している。

 セクター別では小売り、製造業などの雇用が豪ドル高や競争激化で打撃を受けた。建設も住宅建設の低迷に圧迫された。
 一方、活況を呈する鉱業セクターでは雇用の拡大が続いている。
2012/08/09 11:48 ロイター

きましたね、良い知らせ。
オーストラリアの雇用情勢は改善傾向のようですよ。

これは先々が楽しみになってきました。

ちなみに、このオーストラリアの失業率よりも、日本の失業率の方がよい数値なんですよね。
もっと元気出そう、ニッポン!

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、ほくほくは明日から泊りがけで日光の方に旅行なので、今日は簡単にまとめたいと思います。

20120816_fx.jpg

本日の収入は 700 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,182,870 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(4,066,351円)
+スワップ(31,519円)
+出金額合計(235,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(2,150,000円)

徐々に相場全体が上がってきているようですね。
明日はどうなるでしょうか。

明日のブログ更新はお休みします。


◆このブログの資産はFXシステムトレードo(^0^)o ほくほくFXで運用しています◆
1日わずか15分!半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 

posted by o(^0^)o ほくほく at 20:28 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。