経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計9/1(火)9/4(金)
政策金利9/1(火)
GDP9/8(火)9/2(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年01月09日

【本】 国芳一門浮世絵草紙(2) あだ惚れ

国芳一門浮世絵草紙〈2〉あだ惚れ (小学館文庫)国芳一門浮世絵草紙〈2〉あだ惚れ (小学館文庫)
河治 和香

小学館 2007-12-04

 <あだ惚れ>とは、むなしい恋のこと。ねずみ色が粋なのは、あきらめの色だから。むなしい片恋でも思いきれないのは、惚れてしまったから。
 花魁の匂いは「裾風(すそかぜ)」。馬鹿の馬と不埒の埒で「馬埒(ばらち)」。北斎との邂逅を描いた「畸人(きじん)」。人の心も花のように褪めやすい「桜褪(さくらざめ)」。高野長英の脱獄をめぐる遠山の金さんの「侠気(おとこぎ)」。
 天保の改革の嵐の中、相変わらずの即席頓智で、ひとり気を吐く江戸っ子浮世絵師国芳と娘の侠風(きゃんふう)美少女登鯉を巡る人々の織りなす浮世模様、そして様々な、むなしい片想い。
 シリーズ第一作『侠風むすめ』が絶賛された、注目の第二弾!

歌川国芳一門の生活を描いた前作『侠風むすめ』の続きです。

時は天保14年(1843)。この頃は贅沢禁止の名のもとに様々な規制が行われ、落語や花火は禁止、寿司の値段や豆腐の大きさにまで決まりができるなど、かなり生活が苦しかった時代。浮世絵も色数が制限されたり、役者絵が禁止されたりと、絵師の生活にも陰りが出ています。
そんな中、国芳は規制に頓智を働かせ、役者絵の代わりに役者の顔の魚の絵を書いたり、猫にしてみたりと工夫を凝らし、江戸庶民の人気を博していきます。

相変わらず、国芳の軽快洒脱な江戸っ子気質としゃべり口が、読んでいて愉快にさせてくれます。

この巻では、あの有名な葛飾北斎やその家族が出てきます。
また、様々な登場人物が、話が進むにしたがって絡んできたりと、話の展開に深みが出ていて読み応えもありますね。大塚同庵や高野長英なんかも出てきます。

歴史などで学んだことと、歴史では学ばなかった江戸庶民の生活、その上に織りなされる軽妙な話の展開がこの小説の大きな特徴。話を楽しむ中で、国芳の有名な絵の背景を知ることもできます。また、国芳の弟子たちの人物模様も、知らず知らずにわかってきたりします。

歌川国芳の絵に興味を持った方にお薦めの小説です。

【目次・メモ】
  1. 裾風(すそかぜ)
    • 見出しは、国芳の浮世絵『江戸錦 吾妻文庫』。(P.4)
    • 将軍の日光東照宮参拝の際、絵師たちは東照宮の剥落した色彩の補彩修理などをしていた。(P.25)
      登場人物お弁の昔話に、不忍池の中島弁才天の話あり。(P.38)
  2. 馬埒(ばらち)
    • 見出しは、国芳の女弟子である歌川芳玉の『見立松竹梅の内 たなばたの竹』。(P.56)
    • 椙森神社の側の天狗の話。(P.77)
  3. 畸人(きじん)
    • 見出しは、国芳の西洋風の浮世絵『二十四孝童子鑑 薫永』。(P.102)
    • 護国寺で葛飾北斎が藁箒を用いて大達磨の絵を書いたことがある。(P.114)
  4. 桜褪(さくらざめ)
    • 見出しは、国芳の浮世絵『竹沢藤治 両国廣小路にて一流曲独楽』。(P.152)
    • 玉露はこの頃、当時18歳で日本橋山本屋の当主になった山本嘉兵衛が発明した。(P.201)
  5. 侠気(おとこぎ)
    • 見出しは、国芳の『東都名所 佃嶋』。(P.212)
      当時はあまり人気がなかったらしい。
    • この時小伝馬町の火事で切放(きりはなし)になった囚人たちは、回向院に戻るように指示されていた。(P.223)
  6. 解説 内藤正人


【関連記事】
  ◆【本】 国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ
  ◆【本】 国芳一門浮世絵草紙(3) 鬼振袖
  ◆【本】 国芳一門浮世絵草紙(4) 浮世袋
  ◆【本】 国芳一門浮世絵草紙(5) 命毛
  ◆【御朱印】 日光東照宮 @栃木県
  ◆【御朱印】 東叡山 寛永寺 弁天堂 (不忍池弁天堂) @東京都
  ◆【御朱印】 神齢山 悉地院 護国寺 @東京都
  ◆【御朱印】 諸宗山 無縁寺 回向院 @東京都

記事が良かったら、クリック投票をお願いします
ブログランキングならblogram

  ◆書籍一覧
タグ:o(^0^)o
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:26 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。