経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計9/1(火)9/4(金)
政策金利9/1(火)
GDP9/8(火)9/2(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年05月07日

オーストラリアが利下げです!

header_04

こんにちは、ほくほくです。

今日は驚きのニュースが飛び込んできました。

豪中銀、政策金利を過去最低の2.75%に 一段の緩和余地があると示唆

オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は7日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の2.75%とすることを決定した。8日から適用する。利下げは昨年12月以来。
 インフレ率は低水準で、自国通貨は歴史的高水準にあることから、中銀は景気下支えのために一段の緩和余地があることを示唆した。

 アナリストの多数は金利据え置きを予想していたが、市場では利下げの可能性は五分五分とみられていた。数カ月以内に再度の利下げも織り込んでいる。
 一部アナリストの予想に反したことを受けて、豪ドル相場は0.005米ドル安の1豪ドル=1.0180米ドルをつけた。

 豪中銀のスティーブンス総裁は「金融政策委員会はこれまで、需要を喚起するために必要ならば、インフレ見通しが一段の緩和余地を与えるだろうと指摘していた」と述べた上で、「本日の会合で金融政策委はその余地の一部を利用することを決めた」と説明した。
 総裁は、最近のインフレ率が予想よりも低く、RBAの長期目標である2─3%に一致していると指摘。また、同国の主要な輸出コモディティー価格の多くが低下しているにもかかわらず、豪ドルが歴史的な高水準にあると述べ、豪ドル相場が利下げの要因の1つになったとの認識を示した。

 市場では、長期間に及んでいる鉱山投資ブームが年内にピークをつける可能性があり、鉱山以外のセクターでその穴を埋めることができるか不確実なことなどから、一段の利下げが見込まれている。
 4月の政策決定会合以降、欧州のほか、最大の輸出相手国である中国の経済指標がさえず、世界経済の見通しは一段と不透明感を増している。
2013/05/07 15:31 ロイター

おっと、そうですか。。。
オーストラリアは過去最低金利だったので、これ以上下げないかと思っていたんですけどね。

最近の中国経済の減速に伴い、石炭などの輸出が減っているのも影響しているのでしょうか。

今後、豪ドルのスワップが安くなってしまうのでかなり残念なニュースです。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

そんな本日のFX運用成績はというと・・・

20130507_fx.jpg

本日の収入は 36 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,502,809 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(4,800,130円)
+スワップ(2,679円)
+出金額合計(300,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(2,600,000円)

ほんの少しの利益となりました。
これもスワップによるものです。

今日は、昨日実施した14,000円の出金が成立しているので、その分預託証拠金が減りました。
出金したお金は・・・ほくほくのお小遣いです!
何を買おうかな。

それではまた明日。

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:16 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。