経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計5/28(金)6/4(金)
政策金利6/1(火)
GDP6/8(火)6/2(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年05月05日

【登山】 三頭山 (1,531m) @東京都

20130505_101.jpg

奥多摩にある三頭山は、日本三百名山にも選ばれている名峰の一つです。

気軽に周回ルートを歩けるこの山を、春の花咲き誇る時期にハイキングしてきました!

今回のルートはこちら。(iPhoneアプリのGPS-Trk2で記録しました)


より大きな地図で 【登山】三頭山(1,531m) @東京都 を表示

コースタイムは、ゆっくり、休憩も含めて歩いて、全部で約6時間ほど。
気持ちの良いハイキングでした。

【コースタイム】

  1. 数馬駐車場(9:25)●
  2. 都民の森入口(9:41)●
  3. さい口峠(10:30)
  4. 見晴小屋(10:54)
  5. 東峰山頂(11:38)
  6. 三頭山山頂(12:23)
  7. 西峰山頂(12:28)
  8. 沢沿いルート(13:25)
  9. 大滝休憩小屋(14:17)●
  10. 三頭大滝(14:24)
  11. 森林館(15:07)●
●はトイレがある箇所

ルートの標高差は500mほどでした。

20130505_102.jpg

ルートの詳細はこちらです。



1. 数馬駐車場(9:25)

20130505_201.JPG

三頭山の登山口である都民の森には、100台ぐらい入る駐車場があるのですが、この日9時過ぎに到着した時にはもう満車。
警備員さんの案内に従い、1kmぐらい先に行った数馬駐車場に停めさせてもらいました。

ちなみに、この駐車場も9:40ぐらいには満車になって、入れなくなっていました。

数馬駐車場からは、都民の森入口への送迎バスがピストン輸送してくれます。



2. 都民の森入口(9:41)

20130505_202.JPG

数馬駐車場から送迎バスで送ってもらって、三頭山の登山口に到着!

空はご覧の通りの快晴!
とても良い天気です。

足下は、少し登った森林館までは舗装されています。

20130505_203.JPG

森林館にはトイレもあり、また三頭山で見ることができる野鳥や花の写真入りリストなどが置いてあります。
立ち寄っておくと、この後の登山がすごく楽しくなります。

また、森林館の周りには、たくさんの花が咲いています。

20130505_504.JPG



3. さい口峠(10:30)

20130505_204.JPG

登り続けて、最初の大きな分岐です。
ここから右へ行くと、奥多摩湖の眺めが綺麗な場所に出るそうなのですが、今回は左の三頭山山頂の方へ。
奥多摩湖は、途中で林の奥にチラッと見えました。

20130505_302.JPG



4. 見晴小屋(10:54)

20130505_209.JPG

登山道の途中にある見晴小屋。
小腹がすいたので、ここでおにぎりタイム!

20130505_301.JPG

眺めは、確かにきれいでした。

ここに来る途中の道では、たくさんの野鳥の声を聴きました。
唯一フレームに収まったのが、こちらのゴジュウカラ。

20130505_401.JPG

20130505_402.JPG

野鳥を撮るのは難しいんですね。



5. 東峰山頂(11:38)

20130505_211.JPG

しばらく登り続けると、標高1,527mの三頭山東峰に到着します。

東峰、中央峰、西峰の、3つの頭があるから三頭山。
東峰には展望スペースもあります。
ここは狭いので、立ち止まらず先に進みます。



6. 三頭山山頂(12:23)

20130505_212.JPG

東峰からすぐの場所に、中央峰山頂、つまり三頭山山頂があります。
見晴はほとんどありません。

標識の奥には、テーブルのある休憩スペース。
ここがお昼スペースですね。
いつものカレーヌードルを食べました。

中央峰から西峰には、少し下ってまた登ります。

20130505_214.JPG



7. 西峰山頂(12:28)

20130505_215.JPG

標高1,524mの西峰山頂。
ここは広いスペースになっていて、中央峰よりもこちらの方が昼食を食べるにはいいかもしれません。
カメラには映らないほどでしたが、うっすらと富士山も見えていました。



8. 沢沿いルート(13:25)

20130505_216.JPG

西峰からは、徐々に下っていくルート。
登山道はすぐに、沢沿いの道に変わります。

20130505_511.JPG

この沢沿いルートになると、登山道の周りにたくさんの花を見つけることができます。
写真は、今回の登山で是非見たかったヤマエンゴサク。

こちらは、ハシリドコロナスです。
濃い紫の花が面白いですね。

20130505_501.JPG

またこの道沿いでは、アカゲラも見かけました。

20130505_403.JPG

20130505_404.JPG

相変わらず、野鳥をフレームに納めるのは難しいです。

沢沿いの道になると、あとは苦しい道はないので、周りの風景を楽しみながら歩くと良いと思います。



9. 大滝休憩小屋(14:17)

20130505_219.JPG

三頭大滝と滝見橋のそばにある山小屋。
トイレが借りられるので貴重です。



10. 三頭大滝(14:24)

20130505_218.JPG

三頭山の象徴ともいえるこの滝。
三頭山の登山ガイドには、よくこの滝と、滝を見るためのつり橋が写真に出ていますね。

20130505_303.JPG

このつり橋、渡ってもそこで行き止まりになっているというオチもあり。

ルートは、このあたりから、足下に木材のチップを敷き詰めた、歩きやすい道に変わります。



11. 森林館(15:07)

20130505_220.JPG

しばらく下って、行きと同じ森林館に到着。
ここから先は、舗装された道を数分で登山口に下れます。

三頭大滝から森林館までの道沿いには、様々な花や樹木の名前が記載されています。
すごく参考になりました。

都民の森入口から送迎バスに乗って、数馬駐車場まで戻り、今回の山行は終了しました。
20130505_221.JPG



【感想】

20130505_304.JPG

今回は足慣らしということで、ある程度ハイキング気分で登れる山として三頭山に行きました。
確かにここは素晴らしい山で、楽しく歩いて回ることができます。

特に、このシーズンはたくさんの花が咲いていてきれいです。
今までの登山で一番花を見かけ、名前を知ることができました。

夏になると、また違う種類の花々が咲き誇るようなので、また来ようと思います。
登山に慣れ、山のいろんなことを知るためにはとても良い山だと思いました。



【花】

三頭山で見かけた花です。

20130505_501.JPG

ハシリドコロナス


20130505_502.JPG

コガネネコノメソウ


20130505_503.JPG

スミレ


20130505_504.JPG

ニリンソウ


20130505_505.JPG

ミツバツチグリ


20130505_506.JPG

小さい白スミレ


20130505_507.JPG

オオカメノキ(ムシカリ)


20130505_508.JPG

ミヤマエンレイソウ


20130505_509.JPG

ナガバノスミレサイシン


20130505_510.JPG

ヤマネコノメソウ


20130505_512.JPG

モミジイチゴ


20130505_513.JPG

ヤマブキ


20130505_514.JPG

ミヤマキケマン


20130505_515.JPG

ツクバネウツギ


20130505_516.JPG

シラネアオイ


20130505_517.JPG

ムラサキケマン


【関連記事】
  ◆【登山】 日本三百名山 Googleマップ&一覧

記事が良かったら、クリック投票をお願いします
ブログランキングならblogram

  ◆【登山】 登山記録一覧
  ◆登山記事一覧

奥多摩・奥武蔵―雲取山・三頭山・大岳山・武甲山 (ヤマケイYAMAPシリーズ)奥多摩・奥武蔵―雲取山・三頭山・大岳山・武甲山 (ヤマケイYAMAPシリーズ)
磯貝 猛

山の自然学 (岩波新書) 2万5000分の1 地図の読み方 実践上達講座 (BE‐PAL BOOKS) ヤマケイ アルペンガイド4 奥多摩・奥秩父 (ヤマケイアルペンガイド) 道迷い遭難を防ぐ最新読図術―道迷いの心理とナヴィゲーション技術
posted by o(^0^)o ほくほく at 16:51 | Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。