経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計5/28(金)6/4(金)
政策金利6/10(木)6/1(火)
GDP6/8(火)6/2(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年08月05日

EUの失業者数は改善したようです!

header_27

こんにちは、ほくほくです。

EUの雇用情勢が、もしかしたら回復に向かうかもしれません。

6月ユーロ圏失業者数は11年4月以来の減少、失業率過去最悪

欧州連合(EU)統計局が31日発表した6月のユーロ圏の失業者数は前月比2万4000人減となった。2011年4月以来初めて減少に転じたことで、ユーロ圏経済が年内にリセッション(景気後退)から脱却するとの観測が新たに裏付けられる結果となった。

ただ失業者数の減少は失業率を押し下げるには至らず、失業率は4カ月連続で過去最悪の水準となる12.1%に高止まりした。6月の失業者数は1900万人を超えている。

欧州委員会のアボット報道官は記者会見で、「失業に関する数値はまだ恐ろしく高い」と述べ、加盟各国政府は雇用促進に向け改革を断行する必要があるとの認識を示した。

6月の小売売上高は、経済規模が欧州最大のドイツで1.5%減。フランスでは増加するとの予想に反して減少、スペインでは36カ月連続で減少した。スペインでは失業率が26.3%と、ギリシャに次ぐ水準となっている。

ドイツ銀行のエコノミスト、ギル・モエック氏は、「失業と財政緊縮策により消費が大幅に抑制されているため、内需が非常に弱い状態となっている」としている。

EU統計局が発表した7月のユーロ圏のEU基準消費者物価指数(CPI)速報値は、前年同月比1.6%上昇となり、上昇率は前月から横ばいとなった。物価上昇が抑制されていることは、景気回復の足取りが重くなった場合、欧州中央銀行(ECB)に対応する余地があることを示している。
2013/07/31 23:38 ロイター

今回の雇用統計では、失業率は過去最悪タイとなったものの、失業者数は減少しており、もしかしたら、もしかしたら、EU圏経済が回復に向かいつつあるのかもしれません。

これは、かなり楽しみになってきました。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

それでは、本日のo(^0^)o ほくほくFXの運用成績です。

20130805_fx.jpg

本日の収入は 191 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,632,667 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(5,341,949円)
+スワップ(11,718円)
+出金額合計(319,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(3,040,000円)

今日は、ほんの少しの利益でした。

そういえば・・・
昨日、7月の運用成績をまとめるのを忘れていました(汗)

ちょっと今、Moleskineのノートにいろんなまとめメモを楽しんでいるので、月間運用成績は今週末にさせてください。

それでは、今週も頑張っていきましょう!

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 22:25 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。