経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計9/1(火)9/4(金)
政策金利9/10(木)9/1(火)
GDP9/8(火)9/2(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2013年12月10日

EU圏はかろうじてプラス成長です

header_36

【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【登山】 登山記録一覧

2日連続でこの記事のアクセス数がNo.1です。

こんにちは、ほくほくです。

EU圏ですが、引き続き弱いみたいです。

第3四半期ユーロ圏GDP改定値は前期比0.1%増、景気回復の弱さ示す

欧州連合(EU)統計局が発表した第3・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)伸び率改定値は、前期比0.1%となり、弱いながらも2期連続でプラス成長を維持した。在庫と投資の増加が寄与した。

前年同期比は0.4%減。前期比、前年比ともに速報値と変わらなかった。

一方、この日発表された10月のユーロ圏小売売上高は予想外の減少となった。

ユーロ圏GDPは第2・四半期に前期比0.3%のプラス成長となり、リセッション(景気後退)を脱却。ただ、過去最高水準の失業率や各国の財政緊縮策、構造改革の遅れやユーロ高を背景に、景気回復の足取りはおぼつかない。

GDP統計の内訳を見ると、純輸出がGDPを0.3%ポイント押し下げた。一方、在庫の増加が0.3ポイントのプラス寄与となり、投資による押し上げは0.1ポイントとなった。政府支出と個人消費は横ばいだった。

EU統計局はまた、10月のユーロ圏小売売上高(数量ベース)が前月比0.2%減と、予想外の減少になったと発表した。第4・四半期に入っても民間消費が依然軟調であることを示した。ロイターのエコノミスト調査では横ばい予想だった。9月は0.6%減だった。

前年同月比は0.1%減と、こちらも市場予想の0.9%増を下回った。9月は0.3%増だった。
2013/12/05 00:36 ロイター

うーん、残念ながら、まだまだEU圏は回復には程遠いみたいです。

でも、そうはいっても、ユーロは現在5年ぶりの高値を更新しています。
相場ってわからないものですね。
逆に言うと、こういうタイミングでも利益を獲得したいものです。

資産運用の参考にどうぞ にほんブログ村 トラコミュ 投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪へ投資家さん大集合!お金儲けのヒミツ♪

さて、それでは本日のFX運用成績です。

20131210_fx.jpg

本日の収入は 3,027 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 1,762,207 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(5,740,967円)
+スワップ(22,240円)
+出金額合計(349,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(3,350,000円)

はい、今日もしっかり利益を獲得することができました。
ユーロ高のおかげです。

今日は忘年会で、そうとう酔っぱらって帰ってきました〜 \(^o^)/

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:00 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。