経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計9/1(火)9/4(金)
政策金利9/1(火)
GDP9/8(火)9/2(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2016年04月21日

イギリスは金利据え置きです

header_27

【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印帳】 東寺 @京都府

世界遺産『古都京都の文化財』の代表格、東寺の御朱印帳です。
見かけた瞬間、カッコよくて思わず購入してしまいました。

こんにちは、ほくほくです。

先週からずっと忙しいので、ブログが休みがちですみません。
でもこんな中でも、資産運用は続いています。

20160421_fx.jpg

本日の収入は 6,722 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 2,594,286 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(7,052,957円)
+スワップ(76,329円)
+出金額合計(515,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(4,050,000円)

3日分なので、利益多めです。
忙しい中でも成長してくれるポートフォリオ、ありがたいです。

英中銀が政策金利を0.5%に据え置く
 イギリスの中央銀行であるBOEが、日本時間の14日午後8時に政策金利を発表。市場の予想通り、0.5%のまま据え置かれた。また資産購入プログラムも、3750億ポンドのまま変更なしだった。

 同時に公表された議事録では、政策金利据え置きが9対0の全会一致で決められたことが述べられていた。また今回はイギリスのEU離脱の可能性と影響について言及しており、「EU離脱となれば不透明感に包まれた期間が長引くことも」「(EU離脱)は短期的に需要を押し下げる可能性」「(EU離脱)はポンドなど資産価格に大きな影響を与える可能性」などの表現で、主にEU離脱がイギリスに与えるネガティブな影響について述べていた。

 政策金利が予想通りだったため、今回の発表にはポンドはあまり反応しなかった。発表前には154円30銭付近にあったポンド/円は、発表後数十銭だけポンド高になったが、約2時間後には発表前の水準まで戻ってきた。
2016/04/15 00:20 iFOREX

先週発表されたイギリスの政策金利。
変更なしでしたが、EU離脱の可能性について言及されている点が気になりました。

イギリス、頑張ってほしい。
でも、EUも頑張ってほしい。

両方現状で頑張って、両方利上げしてくれないかな〜

  ◆ほくほくの資産運用方法

◆FX運用は1,000通貨取引無料でiPhoneアプリも充実のヒロセ通商LionFXが便利◆
 

◆Googleカレンダーに経済指標発表予定を表示するみんなのFX⇒詳細はこちらの記事
 
posted by o(^0^)o ほくほく at 21:02 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。