経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計9/1(火)9/4(金)
政策金利9/10(木)9/1(火)
GDP9/8(火)9/2(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2020年03月19日

日本のGDPが大幅マイナスへ

#白い恋人パーク #北海道 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御陵印】 桃山陵墓監区事務所

御陵印集めで訪れた、京都の桃山陵墓監区です。
1箇所でたくさんの御陵印を頂けます。

こんにちは、ほくほくです。

新型コロナ、なかなか収束しませんね。
それでも、ヨーロッパよりは抑え込めているようです。

そんな日本ですが、GDPは大きくマイナスに転じました。

19年10〜12月期GDP改定値、年率7.1%減に下方修正

内閣府が9日発表した2019年10〜12月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比1.8%減、年率換算では7.1%減だった。速報値(前期比1.6%減、年率6.3%減)から下方修正となった。法人企業統計など最新の統計を反映した。

QUICKがまとめた民間予測の中央値は前期比1.7%減、年率6.6%減となっており、速報値から下振れすると見込まれていた。

生活実感に近い名目GDPは前期比1.5%減(速報値は1.2%減)、年率は5.8%減(同4.9%減)だった。

実質GDPを需要項目別にみると、個人消費は前期比2.8%減(同2.9%減)、住宅投資は2.5%減(同2.7%減)、設備投資は4.6%減(同3.7%減)、公共投資は0.7%増(同1.1%増)。民間在庫の寄与度はプラス0.0%(同プラス0.1%)だった。

実質GDPの増減への寄与度をみると、内需がマイナス2.3%(同マイナス2.1%)、輸出から輸入を引いた外需はプラス0.5%分(同プラス0.5%)だった。

総合的な物価の動きを示すGDPデフレーターは、前年同期に比べてプラス1.2%(同プラス1.3%)だった。

10〜12月期は世界経済の減速が尾を引き、消費税率の引き上げもあった。財務省が2日発表した法人企業統計によると、全産業(金融・保険業を除く)の設備投資は前年同期比3.5%減で、16年7〜9月期以来13四半期ぶりのマイナス。これまで設備投資をけん引してきた非製造業も13四半期ぶりのマイナスに転じていた。
2020/03/09 8:58 日本経済新聞

大きなマイナスです。
1〜3月期も、コロナの影響がありそうで、GDPはマイナスになりそうな気がします。
今は仕方がないですね。

20200319_fx.jpg

本日の収入は 10,444 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 3,667,770 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(10,258,879円)
+スワップ(336,891円)
+出金額合計(722,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(6,650,000円)

今日もかなり利益が出ましたねぇ。
相場がかなり乱高下しています。

無理をせず、でもこのエネルギーを資産に変えていきましょう!

posted by o(^0^)o ほくほく at 23:35 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。