経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計10/2(金)10/2(金)10/15(木)
政策金利10/6(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2020年07月27日

EUはゼロ金利維持でした

#八ヶ岳 #行者小屋 #登山 #山梨県 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印帳】 東寺 @京都府

世界遺産『古都京都の文化財』のランドマーク、東寺の御朱印帳です。
視た瞬間、かっこよくて思わず購入してしまいました。

こんにちは、ほくほくです。

EUもずいぶん長い間、ゼロ金利維持ですね。

ECB、政策金利据え置き―緊急債券買い入れ規模1兆3500億ユーロを維持

 ECB(欧州中央銀行)は16日の定例理事会で、主要政策金利のうち、市場介入金利である定例買いオペの最低応札金利(リファイナンス金利)を0.00%に、下限の中銀預金金利をマイナス0.50%に、上限の限界貸出金利を0.25%に、いずれも据え置くことを全員一致で決めた。市場予想通りだった。
 
 ECBは会合後に発表した声明文で、金融政策運営について、前回6月会合時と同様に、「今後は経済予測の期間中、インフレ見通しが2%上昇をやや下回る水準(物価目標)に十分に収束するまで、ECBの政策金利は現在の水準か、または一段と低い水準となることが予想される」とし、将来の利下げに含みを残した。
 
 量的金融緩和(QE)についても、3月18日の緊急理事会で、コロナ危機対策として導入を決めた緊急債券買い入れプログラム「PEPP」の規模を現在の1兆3500億ユーロに据え置くことも決めた。ECBは6月会合で、PEPP規模を従来の7500億ユーロから市場予想(5000億ユーロ)を上回る6000億ユーロの増額を決めている。
 
 PEPPは既存の資産買い入れプログラム「APP」とは別に導入されたもので、債券買い入れを増額することにより、ユーロ圏域内の長期金利の低下を促し、企業や家計の借り入れコストを引き下げ、景気を支援するほか、ディスインフレ(物価上昇率の鈍化)を防ぐことを狙いとしている。ラガルドECB総裁は会合後の記者会見で、「PEPPは効果的かつ適切に機能しており、PEPPの変更について議論していない。再検討する必要はない」と述べた。
2020/07/17 10:15 モーニングスター

今の状況は、景気刺激のために金融緩和策が必要。
そんな中、そもそもゼロ金利だと、打つ手が少なくて大変ですね。

・・・日本もですが。

20200727_fx.jpg

本日の収入は -97 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 3,759,313 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(10,582,202円)
+スワップ(327,111円)
+出金額合計(750,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(6,900,000円)

今日は、ユーロのマイナススワップの影響で、損が出ました。
うーん、利上げしてほしいな。

7月最終週ですね。
頑張りましょう!

posted by o(^0^)o ほくほく at 20:38 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。