経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計12/25(金)1/8(金)1/21(木)
政策金利1/21(木)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2020年12月30日

イギリスは過去最低金利維持

#佐渡 #大佐渡スカイライン #新潟県 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 瑞応山 大報恩寺 (千本釈迦堂) @京都府

新西国三十三観音巡りで訪れた、京都の千本釈迦堂です。
いくつかの霊場の札所を兼ねているので、御朱印も数種類ありました。

こんにちは、ほくほくです。

新型コロナ感染者が拡大し続けているようで、今年は例年になくおとなしい年末を過ごしています。
例年は、京都や奈良の寺社巡りが恒例なのですが・・・
今年は実家にも行かないことにしました。
意図せずウィルスを持ち込んでしまうと申し訳ないですしね。

そんなわけで、なんだか時間がたくさんある年末年始。
アプリ開発にいそしんでいます。

さて今日は、イギリスの政策金利発表を見てみましょう。

英中銀、政策据え置き 「合意なき離脱」なら物価上昇容認も

英イングランド銀行(中央銀行)は17日、政策金利を過去最低の0.1%に、資産買い取り枠を8950億ポンド(1兆2000億ドル)に据え置いた。同時に、欧州連合(EU)との貿易交渉がまとまらずポンドが急落した場合、2%を超える物価上昇を容認する用意があると表明した。

声明では「非交渉のEU離脱の結果が可能であった過去の期間と比較して、経済は余剰生産能力の拡大に伴う弱い立場からスタートしており、一時的なインフレ率のオーバーシュートに対する委員会の許容度が高まっている」と指摘。「中期的なインフレ期待が十分に固定されていることを確実にするのが重要だ」とした。

パンテオン・マクロエコノミクスのエコノミスト、サミュエル・トゥームズ氏は「万が一、合意がない場合、中銀は金融緩和に踏み切るという極めて明確なシグナルを示した」と述べた。

EUとの貿易協定が成立しない場合、経済生産は短期的に2%余分に失われ、インフレ率や失業率は上昇、公的債務は今年4000億ポンド増加するとみられている。また仮に貿易協定が成立しても、企業は事務処理や港湾の遅延などへの対応に追われることから、経済への悪影響は避けられない見通しだ。

焦点のマイナス金利導入に関する言及はなかった。

国債の買い取りについては、来年初めも現行ペースをほぼ据え置く予定だが、「市場機能が再び大幅に悪化した場合」はペースが速まる可能性もあると強調した。
2020/12/18 12:34 ロイター

ということで、今回も過去最低金利を維持。
そして、注目のブレグジットですが、こうなりました。

英・EUが通商協定で合意 ブレグジット実現と英政府

イギリスと欧州連合(EU)は24日午後、新しい自由貿易協定(FTA)などを巡る通商交渉で合意した。当初は同日朝に合意に至ると言われていたものの、イギリス海域での漁業権について詳細の詰めが続き、同日午後になってEUとイギリス政府の双方が合意成立と発表した。

通商交渉では漁業権や競争のルールなどで両者の立場に大きな溝があり、数カ月にわたり協議が難航していた。

合意文書はまだ公表されていないが、ボリス・ジョンソン英首相は、「私たちは自分たちの法律と運命を取り戻した」、「欧州全体にとってよい合意だ」と述べた。

イギリスは今月31日、EUの貿易ルールの枠組みから離脱する。
2020/12/24 BBC

良かったですね。

イタリアに行ったときに感じましたが、乗り継ぎのオランダで入国処理を済ませると、あとは域内移動自由で驚きました。
すごい便利。

確かに、人やモノが国境を超えるハードルが低くなると、様々なものが活性化されると思います。
ただ、イギリスはそれより離脱した方がメリットが大きいと思ったのでしょうね。
それはさておき、円満に分かれられて良かったですね。

今年は新型コロナの影響で、様々な制約の下、新しいライフスタイルを強いられる年でした。
出かけられなかったり、会社や学校が休みになったり。
その影響で時間ができ、副業が取りざたされたりもしました。
「スパイス男子」が一瞬はやったりもしましたね。
私は今、出汁にはまっています(笑)

医療現場も、そしてワクチン開発も頑張ってくださったようで、光明が見え始めていますね。
来年は良い年になってくれればと思います。

本日が、本年最後のブログ更新となります。1年間ありがとうございました。

来年もまた、どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

posted by o(^0^)o ほくほく at 15:02 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。