経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計10/29(金)11/5(金)11/3(水)
政策金利11/3(水)11/4(木)11/2(火)11/24(水)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2021年03月15日

EUは金利維持

#木曾駒ヶ岳 #登山 #長野県 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 乾坤山 日本寺 @千葉県

千葉の鋸山にある日本寺の御朱印です。
鋸山、また登ってみたいです。
早く緊急事態宣言が解除されないかな?

こんにちは、ほくほくです。

EUは今回も金利維持でした。

ECB、金利上昇抑制へ資産購入拡大 「かなり速いペース」で実施

欧州中央銀行(ECB)は11日の理事会でパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の買い入れを次の四半期に拡大すると決定した。ユーロ圏の国債利回りの上昇に歯止めをかけ、景気回復に向け確固たる土台を整える。

ユーロ圏では米金利に追随して国債利回りが上昇し、景気回復が頓挫するとの懸念が出ていた。こうした中、ECBは正当化できない借り入れコストの上昇を防ぐために、1兆8500億ユーロ規模のPEPPをこれまでより寛大に利用していくと表明。声明で「次の四半期にかけて、PEPPの下での買い入れを今年の初めの数カ月と比べてかなり速いペースで実施すると理事会は予測している」とした。

ただ事態の切迫性について理事会内のハト派とタカ派との間で見解の相違が存在する中、ECBは買い入れの柔軟な実施を表明すると同時に、市場の状況次第では、PEPP買い入れ枠を必ずしも完全に利用するわけではないと改めて確認した。
2021/03/12 12:26 ロイター

アメリカの長期金利上昇の影響を受けた格好です。

長期金利上昇ということは、景気が回復するとマーケットが見込んでいるためで、本来であれば金融引き締め策に動くはずですが・・・
この報道だと、さらに金融緩和策に走っているかのよう。

よくわからなくなってきました。

トランプ前大統領の影響もあってか、アメリカが異例の低金利にしているために、景気が過熱気味になってきているのが金利上昇の理由だと思っています。
とすると、アメリカの政策金利引き上げもあるかも・・・ですね。

20210315_fx.jpg

本日の収入は -75 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 3,851,782 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(11,067,692円)
+スワップ(268,090円)
+出金額合計(766,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(7,250,000円)

微減。

さあ、東京の桜が開花しましたね。
今週も頑張りましょう!

posted by o(^0^)o ほくほく at 19:41 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。