経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計6/29(火)7/2(金)7/15(木)
政策金利7/6(火)7/14(水)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2021年06月23日

EUは金利0.00%維持でした

#湯河原梅林 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 東山 建仁禅寺 (建仁寺) @京都府

京都の禅寺建仁寺の御朱印と御朱印帳です。
すごく素敵です!

こんにちは、ほくほくです。

予想通り、EUの金利は動きませんね。

欧州中央銀行(ECB)政策金利に関する記者発表

昨日、6月開催のECB金融政策会合要旨が記者発表されました。事前の予想通り全て据え置きになりました。以下の記者向け発表内容も前回とほとんど変わりませんでした。

(記者発表要旨)

今日の会合で、運営審議会は高度な金融緩和策スタンスの確認を決定した。

主要政策金利、限界貸付金利、中銀への預金金利に関する金利率はそれぞれ0.00%、0.25%、▼0.50%と据え置いた。運営審議会は主要ECB金利が現行かそれ以下で推移すると予想している。その期間として、インフレ見通しが十分に2%に近づくしかし2%以下だが、その方向に強く収斂していく迄である。そのような収斂は基調としてインフレのダイナミックさを反映する。

運営審議会はPEPP(パンデミック緊急債券購入プログラム)による純資産購入を継続していく。これは少なくとも2022年3月末まで、いかなるケースでも、コロナウィルス危機の局面が終了したと判断される迄で、総額は1兆8500億ユーロとなる。金融情勢やインフレ見通しに関し共通の査定に基づき、運営審議会はPEPP下で行われる純購入額が次の四半期にかけて、年初の最初の数ヶ月よりは非常に速いペースで継続されると予想している。
2021/06/11 1:00 FX羅針盤

日本とEUは、今後しばらく動きがなさそうですね。
そんな中、アメリカは早期に利上げしそうな予想が出始めていますし、オーストラリアも下げ止まっている模様。
これらの国に投資した方が良さそうな気配です。

20210623_fx.jpg

本日の収入は 2,840 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 3,884,055 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(11,251,876円)
+スワップ(256,179円)
+出金額合計(776,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(7,400,000円)

久しぶりに大きく利益が出ました。

今、豪ドル相場が上がってきています。
やはり下げた後には上昇が待っていますね。
無理のないポジションで、ゆったり構えていればそのうち利益が出るということで。

今週も残り半分、頑張りましょう。

posted by o(^0^)o ほくほく at 18:58 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。