経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計4/26(木)5/4(水)
政策金利5/5(木)5/5(木)5/3(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2021年10月08日

アメリカの失業率が改善しました

#不忍池弁天堂 #上野公園 #東京都 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印】 雲松山 慈祥院 鶴満寺 @大阪府

お堂の形が不思議な、新西国三十三観音の札所です。

こんにちは、ほくほくです。

先ほど発表された米雇用統計、失業率が下がったようです。

米失業率4.8%、就業者は19万人増 9月雇用統計

 米労働省が8日発表した9月の雇用統計は、失業率が4・8%と前月(5・2%)より下がり、市場予想(5・1%)を上回る雇用環境の改善を示した。一方、景気動向を反映しやすい非農業部門の就業者数(季節調整済み)は前月比19万4千人増と、市場予想(同50万人増)を下回った。

 米国では9月に入ってコロナの新規感染者数も減少傾向に入り、経済の回復基調が続く。米連邦準備制度理事会(FRB)は9月の雇用情勢も踏まえ、次回11月2〜3日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、コロナ危機後に進めた「量的緩和」について規模の縮小を決め、金融政策を引き締め方向へと切り替える一歩を踏み出す公算が大きい。

 ただ、コロナ下の供給の混乱が響いて自動車販売などにも悪影響が出ており、消費の伸び悩みが今後の景気回復を鈍化させる懸念も根強い。このため、FRBは政策を引き締め方向に戻す「正常化」を慎重に進めていく意向だ。同時に、供給面の制約が続けば、FRBの予想を超えて物価上昇が長引く可能性もあり、この場合は引き締めを急ぐ必要が出てくる。FRBにとっては、経済指標や金融市場の反応を注意深く見極めなければならない時期だ。
2021/10/08 21:40 朝日新聞

先ほどNHKで和久田アナが眉をひそめながら「就業者数が市場予想を大幅に下回ったようです・・・」と言ってましたが、正直な話、無駄に情報にマイナスバイアスかけるのやめてほしいNHK。そんなに世の中暗くしたいのか・・・。放送局の解釈より、事実を淡々と伝えてもらった方が情報としてはありがたいと思いますね。
ロイターみたいな通信社は淡々とした情報提供をしてくれますが、上記のように朝日新聞等の報道になると、後半に絶対「ただ」とつけて話をマイナス方向に引き戻しますよね。なんででしょう?すみません、少し酔ったのでちょっと本音が出ました。

20211008_fx.jpg

本日の収入は 1,172 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 3,925,029 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(11,494,438円)
+スワップ(246,591円)
+出金額合計(784,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(7,600,000円)

おかげで今日は利益が出ました。

今週も1週間、お疲れさまでした。
どうぞ良い週末をお過ごしください。

posted by o(^0^)o ほくほく at 23:08 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。